人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 うへの棚田に映る雲

 
水が引かれたうへの棚田には
5月に2回訪れている。
1回目の5月16日は「田毎(たごと)の月」を狙ったのだが
十三夜の月の位置が高すぎ敢えなく撃沈となった。
 
<棚田に写る雲>
a0158226_00183630.jpg

 
<十三夜の夕暮れ>
a0158226_00191417.jpg
 
2回目は敷居を下げて「田毎の星」を撮りました。後日アップします。

# by Mr_Futchan | 2019-06-07 00:00 | その他 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 松江 ホーランエンヤ(下)

 
櫂伝馬船は女人禁制となっている。
櫂伝馬踊りは
舳先(へさき)で勇壮に舞いながら天を指す剣櫂(けんがい)踊り。
艫(とも)で男性が扮する采振(ざいふり)が踊る。
剣櫂、采振り、二人の呼吸があった踊り、
漕ぎ手が一体となって漕ぐ姿もこの祭の見どころでもある。
a0158226_23580435.jpg
 
<大海崎の漕ぎ手>
a0158226_23454103.jpg

<福富の剣櫂踊り>
a0158226_23455689.jpg

<大井の漕ぎ手>
a0158226_09495789.jpg

<矢田の剣櫂踊り
a0158226_09520727.jpg

<馬潟の采振り
a0158226_23481843.jpg
 
 



# by Mr_Futchan | 2019-06-05 00:00 | その他 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 松江 ホーランエンヤ(上)

 
5月26日
出雲は松江宍道湖畔で10年毎(以前は12年毎)に行われるホーランエンヤ
(正式名:松江城山稲荷神社式年神幸祭)「還御祭」に行って来ました。
<神興船>
a0158226_12555424.jpg

  
この祭は、江戸時代の慶安元年(1648年)
出雲の国は天候不順で大凶作が予想され、
時の松江藩主松平直政が松江城内稲荷神社に祀られた護神霊を
約10km離れた東出雲の阿多加夜神社に船でお運びし
7日間にわたって五穀豊穣や民の幸福を祈願したことから
始まっている船渡御祭です。
 
ホーランエンヤは稲荷山神社から阿多加夜神社に渡る「渡御祭」
祭の中日に阿多加夜神社で行われる「中日祭」
7日間の大祈祷を終え稲荷神社にお帰りになる「還御祭」
からなっている。
<大海崎>
a0158226_12561356.jpg

<福 富>
a0158226_12563162.jpg
 
この折り神興船を曳舟の役を務めるのが櫂伝馬船で、
馬潟、矢田、大井、福富、大海崎の五つの地区が
櫂伝馬船を繰り出し絢爛豪華な船行列でお供をし
大橋川で櫂伝馬踊りを奉納・披露する。
お供の船は、約100隻、約1kmの大船団となります。
<大 井>
a0158226_12565586.jpg

<矢 田>
a0158226_12571605.jpg

<馬 潟>
a0158226_12573311.jpg
  
「還御祭に行って来ました。」と書きましたが
正確に言えば「還御祭の櫂伝馬踊りを撮りに行きました。」です。
 
 
 


# by Mr_Futchan | 2019-06-03 06:00 | その他 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり⑨End モルゲンロート 駒ヶ岳・千畳敷カール 

 
5月3日 帰阪の日、
駒ヶ根のホテルから素晴らしい朝が望めた。
 
a0158226_08210185.jpg


# by Mr_Futchan | 2019-05-31 00:00 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり⑧ 大峰高原の桜と空 by 空倶楽部

 
空倶楽部はかず某さんchacha○さんが中心となって
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は207回目の参加です。
 
   *   *   *
 
5月2日
10連休GWの後半天気は好天に転じました。
中綱湖、桜仙峡と寄って、大峰高原に上がってみた。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<大峰高原の桜と空>
a0158226_22211746.jpg

<カラマツの向こうには北アルプス>
a0158226_22213526.jpg

大峰高原は長野県でも一番遅い時期まで桜を見ることが出来るという。
期待に違わず満開近いソメイヨシノ?が独占状態で楽しむことが出来た。
残念なことにここでは北アルプスをバックに桜の写真を撮ることは難しい。
<タンポポ咲く草原>
a0158226_22214999.jpg

 
新たに苗植えが進んでいるラベンダー畑、
お花畑のお目見えももう直ぐです。
作業する人達の休憩場所は絶景のお花見ポイントでした。
<開花を待つラベンダー畑>
a0158226_22221722.jpg

<忙中閑あり>
a0158226_22223363.jpg

 
 



# by Mr_Futchan | 2019-05-29 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり⑦ 落合自然園

 
5月1日

白馬村で水芭蕉といえば栂池自然園が有名ですが,

ここ落倉自然園も水芭蕉の群生地です。

<1>

a0158226_09435535.jpg

<2>

a0158226_09441054.jpg

<3>

a0158226_09443416.jpg

 

 

 



# by Mr_Futchan | 2019-05-27 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり⑥ 小川村

5月1日

予定にはなかった「日本で最も美しい村」連合に加盟する小川村を訪れた。

前日、中綱湖を訪れたときお隣で三脚を立てていたお父さんに

「まだ桜は見頃やった。」と教えていただいたので行ってきました。

この村には「立屋の桜」、「番所の桜」と名のある

樹齢300年を越える桜の木があるということも訪れる直前に知りました。

<北アルプス展望>

a0158226_23551581.jpg

<北アルプスを後景にして>

a0158226_00054722.jpg

あまりにも素晴らしい景色に感動して

掃除をしていたお父さんに思わず「いいところですね〜!」と

声を掛けていました。

立屋の桜 白い桜

a0158226_23570343.jpg

<番屋の桜> 紅色の桜

a0158226_23571961.jpg

<風に散る花びら>

a0158226_23573578.jpg

<コラージュ 〜 小川村立屋 〜>

a0158226_23574710.jpg

 

秋の残り柿の頃もいいようです。 星空撮影にも適地です。


# by Mr_Futchan | 2019-05-25 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり⑤ 青鬼集落

 
4月30日
「青鬼(あおに)」集落は
北アルプス白馬岳の麓、姫川流域に位置する白馬村の
11戸という小さな集落です。
<青鬼集落> (写真はクリックするとおおきくなります。)
a0158226_20054365.jpg
 
昔から越後と信州を結ぶ塩の道千国街道(糸魚川街道)の
中継地としての位置にありました。
ここには江戸時代から明治時代にかけて建てられた
大型の古民家が建ち並び、
100年以上の時を遡ったような気持ちになる集落です。
その為、集落、棚田、用水路、山林など
を含む約60ヘクタールが重要伝統的建造物群保存地区として
選定されています。
<再現されたカッタリ(シシオトシ)>
a0158226_20071360.jpg
 
また、ここの棚田は「日本の棚田百選」にも選ばれていています。
ここも晴れた日には白馬三山を望むことができますが、
野平と同じく山々は霧に覆われていました。
<コブシ咲く棚田> 
a0158226_20073810.jpg

<棚田の石仏>
a0158226_20075553.jpg


 
 


# by Mr_Futchan | 2019-05-23 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 信州春めぐり④ 野平の桜

 
4月30日
 
「野平の桜」は山村の畑の中にある一本桜です。
背後には残雪の白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)が控え
晴れた日には素晴らしい舞台に立っているのですが・・・
 
私が訪れたときには小雨がパラついていて三山は霧の中でした。
桜は濃いピンク色で大きくはありませんがいい形をしています。
 
a0158226_23074677.jpg
 
 

 


# by Mr_Futchan | 2019-05-21 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 ゴールデンタイム・フライト by 空倶楽部

 
5月10日 仙台 → 大阪の最終便
 
機内に入ったときには陽はとっくに落ち
ゴールデンタイムとなっていた。
<仙台空港>
a0158226_20411386.jpg
 
飛行機E190は時間通り仙台空港を飛び立ち
田植えを終えた水鏡の仙台平野
闇につつまれた猪苗代湖を下に見て
前橋上空に達したときにには
空も最後の深紅と紺の世界となっていました。
<仙台上空>
a0158226_20413325.jpg

<猪苗代湖上空>
a0158226_20424564.jpg

<前橋上空>
a0158226_20430591.jpg

 
 


 



# by Mr_Futchan | 2019-05-19 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(14)