トランスメディア提供アイコン01 蔵出し写真からー クライストチャーチ ー

昨年末に New Zealand ツァーに参加した。
今年の2月22日のNZ震災の3ヶ月前、
12月26日にも小規模ながらクライストチャーチでは
地震被害が起こっている。

古い建物はレンガ造りで、方々で縄張りがされ立ち入り禁止となっていました。
屋上の手摺りが崩落している建物は、
2月22日の大地震で崩壊した大聖堂の向かい建物です。
<手摺りが崩落したビル:12月27日撮影>
a0158226_00052.jpg

クライストチャーチは蛇行するワイマカリリ川の河口の砂地の上に
開発された都市で、大きな地震が起こると液状化でガタガタになるのが
避けられない。
市街を流れるエイボン川はその子供ような支流です。
<蛇行するワイマカリリ川>
a0158226_003219.jpg

<ワイマカリリ川河口>
a0158226_005097.jpg

<エイボン川>
a0158226_011538.jpg

震災でお亡くなりになった方々のご冥福と、一日も早い復興をお祈りいたします。

【後日談】
この旅行の後、
10年ぐらい前にNZのオークランドで行われた国際講演会で
会社の技術者Y君が発表した英文論文が必要となった。
そこで、Y君に見せてくれと依頼したところ
本人は何処にあるか分からないとのこと。(全ての資料を失ったようである)
なんという技術者か!
私も明らかに憤りと落胆の色を敢えて顔に出した。

ところがである、
Y君の向いの席にいる、私と東日本大震災後、仙台〜釜石を調査して廻ったO君が、
その講演会の論文集を持っているという。
彼はその講演会が開催された時はまだK大学の大学院生であった。
自分が入社する会社の発表でもあったので、英文でも内容をよく覚えてたという。
学生時代に、しかも国際的な講演会に、よくも自費で参加したものだと感心した。
爪のあかでも煎じて飲ませたいとはよく言ったものである。
(かく言う私も飲まないと!)

依頼した次の日、欲しかった論文は私の上にあった。
技術者の質の差というものを思い知った。
<在りし日の大聖堂:12月27日撮影>
a0158226_015470.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-18 00:02 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 橋で始まり橋で終わる

松山城下の大街道を通ると、絵になる校門が目に入る。
登り切ったところに、大手門をモデルにしたような玄関がある。
何かマドンナと重なってしとやかで明るい娘さん達をイメージする。
<松山東雲中学校・高等学校>

a0158226_2151150.jpg


そして、伊予電の松山市駅に足を伸ばすと、その先に「子規堂」にでます。
<子規堂にて>
a0158226_21521333.jpg


いよいよ松山ともお別れ、帰路もあのボンバルディアです。
そして帰路では鳴門大橋がラストを飾ってくれました。
<頼むで!ボンバルディア>
a0158226_21545833.jpg

<鳴門大橋>
a0158226_21552057.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-15 21:55 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 マドンナの笑顔

9日は午前中で工事現場の見学を終え、
再び予讃線で松山へ。
そのまま、東京へ出張の者、大学へ戻り泊まる者と
松山駅で解散する。
私はというと、帰りの飛行機まで3時間以上あるため、松山城を訪問する。
<太鼓門をくぐると本丸に>
a0158226_2333184.jpg


観光案内人の若者がアチコチに沢山。
笑顔が可愛い娘さんは「マドンナ」
イケメン兄ちゃんは「坊ちゃん」
に扮して親切に接してくれる。
<気持ちよくツーショットに応じてくれたマドンナ:撮影「坊ちゃん」>
a0158226_234415.jpg


正岡子規を誇りとしている松山は俳句が盛んで、
俳句投稿ポストがこれもアチコチに置かれている。
今回のお題は?
<松山城の石碑ポスト>
a0158226_2372080.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-12 23:04 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 あれから半年

出張の目的は、後輩の学会発表応援と、
ある工事現場の見学にある。
午前中は、大学の教室で発表を聞き、
午後は松山市市民会館でシンポジウム、
パネル・ディスカッションと
あっという間に夕方に。

パネル・ディスカッションは、司会の腕にかかっているが
今までで聞いた中ではピカイチのディスカッションだった。

発災から半年が経たんとする東日本大震災。
私の頭に残ったキーワードは「減災」と「人口減少下における復興計画」
正念場はこれからです。

その後、道後温泉を見に行く。
と言っても宿泊先はこの地ではないので入浴は控えた。
<街の足伊予電と観光の目玉「坊ちゃん列車」>

a0158226_884816.jpg

<一汗流したかったが>
a0158226_89913.jpg

<夕陽に照らされて>
a0158226_892718.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-11 08:10 | その他 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 やった〜航空写真

8日は大阪空港から松山空港へ。
運良く窓側の席に、
しかもプロペラが邪魔にならない海側のええ席やン!

隣のおっちゃんは、席に着くなりオヤスミなさ〜い。
迷惑やけど、写真撮影、感激かんげき。
と今日は軽いタッチで話が始まります。

何と!
ちょっと逆光ぎみですが、
この1時間足らずの時間に、
本四架橋ルートを3本ともカメラに納めることが
できました。
暫く今回の出張の合間に撮った写真にお付き合い下さい。

<明石海峡大橋> 対岸は淡路島
a0158226_23234683.jpg

<瀬戸大橋> 四国が朝靄に包まれて
a0158226_23353776.jpg

<しまなみ海道> 新尾道大橋、因島大橋
a0158226_23355333.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-09 23:24 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 心地良き今朝

台風が気持ちいい朝をもたらしてくれました。

朝起きて
雨戸を開けると
抜けるような青い空が目に飛び込んできた。
毎日こんな気持ちで仕事につけたらいいのにな〜
と思う。
(ええかっこ言うて、ホントはどこかに遊びに行きたい。)

帰宅後、同級生のK池医院に診察を兼ね、
医院の待合室に飾らしていただく写真を持って行った。
前々回の診察の折、看護婦さんに写真のことで話しかけられ、
その勢いで厚かましく写真を飾っていただく事になった。
もちろんK池君も快諾してくれた。

< 心地良き今朝の秋なり半世紀 生きてこそ知るしらみゆく空 >  再出ですspan>   http://futchan.exblog.jp/page/5/
a0158226_22314962.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-07 22:31 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 屋上緑化

先日会社の入ってるビルの屋上に行ってみた。
5,6年前から屋上緑化をしているのは知ってはいましたが、
ゆっくり見るのは初めてでした。

驚いたのは、2つの実験もしてた事です。
(1)稲作の実験 K大学農学研究科水環境研究室「黒米」の水耕栽培
(2)ヒートアイランド対策 ビル屋上からの大規模ミスト散布実証実験

さすがに夏はと思いましたが、じっくり読書にふけるオッチャンもいました。
暑いけど、ここは蚊がいないのがいいのかな?

眺望もいいですが、
御堂筋沿道の建物は1995年まで高さ百尺(約30.3m)までに
制限されていたため、古参のこのビルは低くなってしましました。
<緑地入り口> 使用制限12:00〜13:00
a0158226_22473838.jpg

<稲作の実験> 黒米は古代のお米
a0158226_22475849.jpg

<水散布実験> 今日は休止
a0158226_22481377.jpg

<御堂筋1> 今度ライトアップしたときに撮りにこよう
a0158226_22482974.jpg

<御堂筋2> 屋上緑化ビルがアチコチに
a0158226_22484530.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-04 22:48 | その他 | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 蔵出し写真からー 蓮池(つづき) ー

前回、本当はこの2枚もアップするつもりでしたが、
画像転送の調子が悪く、割愛した写真です。

万博日本庭園の蓮池の観蓮会では、カメラマンだけでなく
絵画同好の方々も熱心に写生されてました。
落ち着きのない写真族(私だけ?)とちがって、
蚊やブヨに対して完全防備です。
それにしても、この人の線は、延びていて素晴らしいですね。
きっと素敵な作品となるでしょう。
<観蓮スケッチ>
a0158226_10411430.jpg

<セカンドライフ・・・> http://www.fotoblur.com/images/261335
a0158226_10414572.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-03 10:41 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 蔵出し写真からー 蓮池 ー

9月に入っても残暑はなかなかなもんですね。
今。陰干ししとかないと、一年後になってしまいます。
という事で、蔵出し写真シリーズは蓮池です。

万博日本庭園の蓮池です。
7月の観蓮会の日でしたので6時には入園できました。
すると、普段は撮れないミツバチとのツーショットがとることができました。

<訪問者> http://www.fotoblur.com/images/258910
a0158226_22165495.jpg

<木漏れ日の中で> http://www.fotoblur.com/images/262770
a0158226_22172224.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-09-01 22:18 | 自然・四季 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 阪急電車

今春映画にもなった有川浩氏の「阪急電車」は、
阪急今津線 
宝塚駅〜宝塚南口駅〜逆瀬川駅〜小林駅〜仁川駅〜甲東園駅〜門戸厄神〜西宮北口
を舞台にした小説である。
昔は、
西宮北口駅〜阪神国道駅〜今津駅間も繋がっていて、
阪急神戸線と今津線がダイヤモンドクロスしていた。
今も繋がっていたら小説はもっと長くなって、
ストーリーも変わっていたかも知れない。

さて、今日は午前中滋賀県長浜に墓参り、
午後は宝塚南口駅のサンビオラでやっている
先日紹介した「宝塚市国際交流協会写真展」を見に行った。
<阪急宝塚南口駅にて>
a0158226_2124297.jpg


旧友S君をはじめ国際交流協会の役員の方達、
S君の写真表現大学の学友N君等多くの方と楽しくお話しできた。
<S君、N君と>
a0158226_2125872.jpg


行きの電車でのこと、
宝塚南口駅に宝塚から向かうと手前で電車は武庫川に架かる鉄橋を渡る。
そう言えば、「阪急電車」の物語はじまりは、
この鉄橋を渡るときの「あ?」が印象的だったな〜。
それで、
僕もこの鉄橋を渡るとき、宝塚南口駅に向かって右側を見ると
「あ?」
マナで見てしまった!
今この言葉は東日本大震災復興へのエールに!
<あ?>
a0158226_2131026.jpg

# by Mr_Futchan | 2011-08-28 21:03 | 日常 | Trackback | Comments(12)