人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 ヒーリングアート

先日、咲くやこの花館を訪れた折り、
シクラメンを一生懸命スケッチされているご婦人とお話しすることができた。

このスケッチを持ち帰り水彩画にされるという。
誰にも師事せず独学だそうである。
表現の世界で、人にどうのこうの言われるのがイヤであるとのこと。
そのお気持ちよく分かります。

ボランティアで、四季毎に4、5枚の作品を
病院のギャラリーに展示されるそうである。
「花は人のこころを癒すからね。」

写真のピントじゃないですが、
この人の描く線はとても活きていました。
a0158226_22523077.jpg

(ご本人のお許しを得て撮影しております。)

この日撮った写真から・・・
<絶滅危惧種ヒビスクス・インスラリス> 原産地オーストラリアのノーフォーク島
a0158226_236140.jpg

<シベの容姿が愛らしい> ハイビスカスの仲間
a0158226_2362746.jpg

# by Mr_Futchan | 2012-02-06 23:08 | 日常 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 キュランダ 熱帯雨林の一日

水陸両用車アーミーダックの乗ってネイチャーパークを廻る。
軍事用の乗り物なので決して乗りごこちの良いものではないが。
水上ではボートと遜色ない。
<アーミーダック>
a0158226_04158100.jpg

<またまたトカゲちゃんとご対面>
a0158226_0421555.jpg

<水上では中々ええやン>
a0158226_0425999.jpg


アーミーダックの発着駅には小さな動物園が併設されている。
カンガルーが放し飼いされていて、実際に触れることもできる。
また、コアラちゃんも数匹飼われており、
丁度赤ちゃんを抱えた母コアラをカメラに収めることができた。
<人慣れしてる>
a0158226_0431792.jpg

<お腹空いてる?>
a0158226_043521.jpg


復路は、スカイレール(要するにロープウェイ)で世界遺産バロンゴーン国立公園の
熱帯雨林を上から俯瞰した。
映画「アバター」のモデルともなったと言われるこの森の上を、スカイレールは延々と続く。
総距離7.5km世界一の距離を誇っているとのことだ。
<スカイレールは延々と続く>
a0158226_0441428.jpg

<熱帯雨林を眼下に>
a0158226_0451423.jpg


******************************************************************
これで6泊7日のオーストラリラ旅行記は最終回となりました。
長いことお付き合いありがとうございました。
<12月29日日本時間午後6時太平洋上空でのゴールデンタイム>
a0158226_1009.jpg

# by Mr_Futchan | 2012-02-06 01:01 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 ウェット・トロピックス・ツァー キュランダ

オーストラリア最終日は
世界自然遺産ウェット・トロピックス(湿潤熱帯地域)にあるキュランダを訪れた。

往路はキュランダ・シーニック・レールウェイを利用。
この観光鉄道は、もともとは金鉱への物資輸送のために敷設されたもの。
<ケアンズ駅に列車入構>
a0158226_2043642.jpg

9:15ケアンズ駅発。列車は砂糖キビ畑の村をぬって山間部に入る。
「世界の車窓から」でも有名な大きなヘアピンカーブ辺りから
渓谷にへばりついて進む。
<ホースシューベンド>大きくヘアピンしているが先頭車両は遠い
a0158226_20565161.jpg

15本のトンネルをくぐり、
キュランダ駅手前でハロンフォールズ展望駅に15分ほど停車する。
<ストーニークリークにかかる橋>
a0158226_205955.jpg

<ハロンフォールズ展望駅>
a0158226_2102044.jpg

<アブナイよ!>
a0158226_2111416.jpg

<バロンフォールズ>
a0158226_2115684.jpg


バロンフォールズ展望駅を出ると10分でクランダ駅に到着した。
正に熱帯雨林の中の駅という感じの駅でした。
<クランダ駅にて>
a0158226_2123240.jpg


「世界の車窓から」
このコースは「世界の車窓から」の栄えある第一回放送とは逆コースです。
http://www.youtube.com/watch?v=FW_jVKCjqc8

# by Mr_Futchan | 2012-02-04 21:32 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 書の歩みと写真の二人展

こんにちは
以前よりお知らせしておりました
「書の歩みと写真の二人展」
を来月催します。
        ー 記 ー
 場 所:阪急宝塚線「池田駅」駅舎2F
     ギャルリVEGA
 月 日:3月21日(水)〜3月26日(月)
 時 間:11:00〜18:00(最終日は16:00)

a0158226_23311062.jpg

DMを昨日2月1日に発送しました。
もしお時間が許せばご来場いただき、お話しできれば幸いです。
毎日会場に控える予定でいます。

書・絵は、私の母とおない年ぐらいの書道の先生が展示されます。
書の歩みとして、これまでの集大成と位置づけ区切りをつける気持ちでおられます。
DMに載せた大和絵もこの方が描かれており、
DMを作るためこの絵を初めて見たとき、あまりの素晴らしさに絶句いたしました。

一方、私は花の写真を15点展示いたします。
DMにある花の写真は、昨年このサイトにも掲示していますので、ご存じ方もおられると思います。
紫式部の絵には、この写真の「ぼけ」が盛り上げてくれると思い持ってきました。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。
a0158226_6595830.jpg

(クリックすると大きくなります。)

# by Mr_Futchan | 2012-02-02 02:02 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 ケアンズ 朝の散歩

ファンダイビングをすました28日の朝は、
日の出前に起きてホテルの周りをウロウロしてました。

実は前日の朝も午前6時頃、同じようにウロウロしていた。
散歩してる男性に気安く
「Good morning!」
と声をかけてみたら、快く挨拶を返してくれた。
そして、今日泊まるか?
「Yes !」
明日も来れるなら朝5時30分頃ここに来いと、
「Then you can see many birds . And they go back mountain .」

そして、旅行者はミタ! のがこの光景。
< Many many birds ! >
a0158226_21574556.jpg

< They go back mountain . >
a0158226_215836.jpg


どこでも挨拶はコミニケーションの基本ですね。
心が開かれる。

白いオウム達を見送った後も、
朝早くから空いてるお店や花を撮りながらウロウロしてました。

< Drive through coffee >
a0158226_2213563.jpg

< Flower 1 >
a0158226_22142347.jpg

< Flower 2 >
a0158226_22144824.jpg

< Flower 3 >
a0158226_2215139.jpg

# by Mr_Futchan | 2012-01-30 22:28 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 あこがれのGBR Fun Diving

12月27日 
ミコマスケイへのクルージングを選んだ一つが
ファン・ダイビングができることでした。

そのダイビングも遠浅の小島の周りで楽しむので、水深は深くても15m。
ロタ島以来2年ぶり、しかもファン・ダイビング2回目の私にとっては
ベスト・チョイスだったと思っています。
(初めてのダイビングは本ブログの最初のページ「南海の風に吹かれて」です。)

午前と午後、2回ダイビングを楽しみましたが、
午前は、私と若いカップルの3人、
午後は、ナントと私1人、しかも青い目の女性インストラクターとのカップル・ダイブ!
文字通りのファン・ダイビングとなりました。(るン、るン)
(もちろん体験ダイビングやアドベンチュアー・シュノーケリングとは別行動)

しかしながら言い訳となりますが、
海中での写真というのは、とても難しいです。

光量が低下するのでシャッター速度が長くなる。ISO感度は抑えたい。
にもかかわらず、
カメラの固定はできないし、自分自身を水中で静止状態に保つのにも心もとない。
ブレブレ写真がいかに多く量産されたかご想像いただけるかと思います。

これが、100回も200回も潜ってくると
中性浮力を保持するのも上手くなり、ものになってくるのでしょうが・・・

ということで、厳選するまでもなく、
午前/午後2回の中からまあまあ見れるものを選びました。
(クリックすると写真は大きくなります)

<クルージング船後部> 午前はここから潜りました。
a0158226_16461595.jpg

<黄色いのはキンギョウハナダイ?>
a0158226_16464524.jpg

<カンムリブダイ>
a0158226_16474720.jpg

<黒・白い尾インディアンハーフアンドハーフ・クロミス?>
a0158226_16483032.jpg

<クロハギ?>
a0158226_1649061.jpg

<クマノミ(スパインチーク・アネモネフィシュ)> ニモちゃん
a0158226_16492970.jpg

<ツノダシ>真ん中のエンゼルフィッシュのような魚
a0158226_16554961.jpg

<赤い珊瑚?>
a0158226_1657824.jpg

<珊瑚?黒いうちわ>
a0158226_1658452.jpg


午後のダイビングを終え、ダイビング用の小船にあがっても
インストラクター嬢もご満悦で、「 Great! 」 と興奮していました。
彼女の興奮は尚もつづき、
指さす方向をみると、これがまた素晴らしいランドスケープ!

<素晴らしいランドスケープ> 
我々がダイビングを終えるのを待っててくれた様です。
この後、シャワーのような雨が降ってきた。
(写真はモノクロ化しています。)
a0158226_9295581.jpg

# by Mr_Futchan | 2012-01-29 18:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 霜の花*花  ざらめばな  --- with 8na8na-club ---

かおを ちかづけて みてごらん
とっても きれいな ざらめばな

いきを かけると とけちゃうよ
とっても きれいな ざらめばな

ことしも そろそろ あえるかな
しもの はな*はな ざらめばな
a0158226_18253327.jpg

写真は、戦国大名 高山右近 の郷里 豊能町高山にて3年前に撮ったものです。

*** with 8na8na-club *****************************
8na8na-clubとは、Dear to youのawaさんが「8」のつく日に「お花」をアップしてブログを飾ろう!
と呼びかけているものです。
詳細はhttp://dear--to--you.blogspot.com/ のawaさんのサイトへ
また、趣旨などは↓↓↓↓↓↓↓↓に・・・

ようこそ!8na8na-club(はなはな-くらぶ)へヽ(^o^)丿
********************************************

# by Mr_Futchan | 2012-01-28 18:36 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 ちょっと 一息

3月の写真展をめざしパネル作りに根をつめております。
ここで、箕面の顔? お猿さんにお出まし頂いてコーヒーブレイク。

今週の日曜日、
神経を逆なでしないようにそれなりに声をかけて撮りました。
こちとら何も食べ物を持ってなかったので、
猿たちも知らん顔して「蚤とり」を続けていました。
今度はもう少し近づいてみようかな。
a0158226_2383747.jpg


週末、東京出張でまたお返事が遅れます。

# by Mr_Futchan | 2012-01-26 23:07 | 日常 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 GBRクルーズへ

一度は行きたかったグレート・バリア・リーフ(G.B.R.)。
その夢が叶いました。
と言っても、我々が選んだのはケアンズから1日ミコマスケイという小島で遊ぶクルーズです。

ケアンズ港を出港するときは曇っていたので、
晴れ男の運もここで尽きるかな?と思っていましたが、
イヤイヤ、甲羅干しする人達の願いが叶ったのか、
天気は見事に回復しました。(オーストラリアは雨期に入いったばかり。)
<太陽を欲するアチャラの人達> 体温が東洋人とは違うからでしょうね。
a0158226_23124976.jpg

<おい、足で運転して!> 座礁せんといてや〜
a0158226_2313768.jpg

<体験ダイビングの講習> 日本の体験ダイビングよりレベル高そう。
a0158226_23132236.jpg


船は向かい風の中、2時間以上かかって
珊瑚でできたほんの小さな島ミコマスケイに着いた。
素晴らしい青空の中、海鳥達もはしゃいでいるように見えました。
(私の気持ちもはじけておりました)
<海鳥の楽園ミコマスケイ> 卵が分かるかな?
a0158226_23143793.jpg

<Blue Sky and Blue Sea> このアングル気に入ってます。
a0158226_23145324.jpg

<Free Flying> 楽しそうに飛んでる〜!
a0158226_23161632.jpg

ここでゆっくり写真を撮るだけでは、G.B.R.を楽しんだことにはならない!
さてさて・・・

# by Mr_Futchan | 2012-01-23 23:28 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 熱帯の街ケアンズへ

12月26日コネラン空港15:26>>>>>18:30ケアンズ空港
午前中十分に休養したのち空路ケアンズに戻る。

<Goog by>
 砂漠ではゆっくりお目にかからなかったトカゲ君が空港で・・・
a0158226_2221253.jpg

<塩湖>
 コネラン空港を飛び立ってすぐ往路よりも鮮明に見れた。
 これらの塩湖がかつて多くの探検家達を悩ませたという。
a0158226_22212029.jpg

<マングローブの森>
 ケアンズが熱帯雨林に囲まれていることがよく見て取れる。
a0158226_22213660.jpg

<ケアンズの町並み>
 ゆったりとアレンジされた町並み。道路が広い。
a0158226_2222128.jpg

ケアンズは人口15万人。
「グレートバリアリーフ」と「ウェットトロピックス」という
二つの世界自然遺産へのアクセス拠点となる街です。

<夜のケアンズ>
 毎晩女性ストリート・シンガーの美声を聞いた。
a0158226_22223828.jpg

# by Mr_Futchan | 2012-01-21 22:50 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)