トランスメディア提供アイコン01 <   2018年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(24)308_1 〜 再び棚田をぬって 〜

 
3月8日の朝は昨夜の雨が残っていて
この旅行初めての雨中の行動となるかと思いましたが
朝食を食べに行く頃にはやんでいた。
<ホテル前の朝の道>
a0158226_00002804.jpg
<朝食はフォー>
a0158226_00004525.jpg
 
この日は悪路が多い130kmの行程ということで
気合いを入れて車に乗り込んだ。
 
霧とも雨雲ともつかぬ霞んだ中を
車は美しい棚田を縫うように山道を快調に進んでいく。
この日最初に訪れたのはターパン・ザオ族のナムティ村で
一軒のお宅を訪問した。
<棚田1>
a0158226_00010965.jpg

<棚田2>
a0158226_00013377.jpg
 
奥さんは幾重にもターバンを巻き正装姿に、
ご主人も遅ればせながら着替え角笛持ってツ−ショット。
軒下のカゴの中には食用にするネズミが捕らわれていた。
とても美味しいとのことです。
<夫婦そろって>
a0158226_00020747.jpg

<袋のじゃなくてカゴのネズミ>
a0158226_00022831.jpg
 
タンファンという町で昼食を摂る。
レストランは「国際婦人デー」と言うことで、
アルコールも入って女子会が大層盛り上がっていた。
(某国のレストランでは遊休マダムのランチで連日賑わっていると聞きますが・・・)
<話しに熱がこもる>
 40度を超える焼酎も入って話しに熱が入っていました
a0158226_00025410.jpg
<美味しい昼食>
 皆さん私が最年少と言うことでどうぞどうぞと勧めるので連日食べ過ぎでした
a0158226_00031223.jpg
<デザートにバンガイ>
 添乗のHさんが仕入れてくれたものでよもぎ餅のようなお味でした
a0158226_00052852.jpg
 
     *     *     *
 
昼食を摂ったらまた棚田が続く山道を東に進む。
時折撮影タイムをとり、
花ラチ族のタンローイ村に入ったのは12時半でした。
<棚田3>
a0158226_00055695.jpg

<棚田4>
a0158226_00061003.jpg

<タンローイ村>
a0158226_00075896.jpg
 
タンローイ村でも1軒お宅に伺ったのですが
ここでは子供達もどこからともなく集まり
とても賑やかなひとときとなりました。
<タンローイ村のひととき>
a0158226_00064937.jpg
 
【行程マップ】 
a0158226_09290503.jpg
 
       つづく
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-31 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 春の空 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
今日は172回目の参加です。
 
   *   *   *
    
蔵出し写真になります。

4月15日串本の橋杭岩に星の光跡写真を撮りに行ったのだが
飛行機の光跡に阻まれました。
道理でここの星の光跡写真は広角で撮った写真はなく
寄った写真しかないのかが分かりました。
更に午後10時以降撮影するのが常識ということを
個展を開いて居られた風景写真協会の方に教えて貰った。

通常デジタルカメラでは星の色は出にくいということでしたが
D810では感度を1,000近くまで下げれば結構色が出ること
また南の空を撮るときはあまり露光時間を長くしない方がいいことも悟った。
やっぱり撮って見なければ分かりませんね。
(↓どの写真もクリックすると大きな写真が現れます。)

<やさしい夕空>
a0158226_21385999.jpg
 
<夜空の光跡>
a0158226_21392236.jpg
 
           
 
<春の海>
a0158226_21400490.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-29 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 夜の和気藤公園 with Web8na28

 
4月29日
岡山県の和気町にある藤公園に伺いました。
GWの混雑を避けるため夕方に移動しましたが
新名神のお陰で目立った混雑もなく到着したのは午後8時前でした。

花としては満開一歩手前といったかんじでしょうか?
午後6時頃からライトアップが始まっており午後9時頃消灯ということでした。
(この日は休日ということもあり完全に消灯したのは午後10時を少しまわっていました。)
 
アップした写真は順番に時間が経過していきます。
消灯間際には誰もいない公園に藤の花の妖艶な姿が浮かび上がり
別世界に包まれました。

夫婦の時間
a0158226_08190027.jpg

一人の時間
a0158226_08211806.jpg

二人の時間
a0158226_08213804.jpg

そして だれも居なくなった・・・
a0158226_08215268.jpg
 
 






by Mr_Futchan | 2018-05-28 00:00 | | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 2018 桜巡り⑧END 行者還林道の山桜

 
4月16日
串本から国道169号線を北上し
上北山村で行者還林道に入りクネクネした山道を上る。
今年の天候不順で期待した境界桜は終盤に入っていましたが
芽吹く山肌に咲く桜を堪能しました。
訪れた時間も遅かったので
ここでコンビニにぎりをほおばり昼食としました。

<1>
a0158226_09001423.jpg

<2>
a0158226_09002917.jpg

<3>
a0158226_09004116.jpg

<4>
a0158226_09005625.jpg

 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-26 00:00 | | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 2018 桜巡り⑦ 千年家の花筏

 
4月10日(火) 北広島からの帰り、
関西では花筏の撮影ポイントとしては多くのカメラマンを集める
朝来市の千年家を訪れた。
午後3時頃であったが多くのカメラマンでにぎわっていた。
ここの桜は丁度散り始めた状態で最も絵になる時期であった。

取り敢えずこの日はロケハンと言うことで
明くる朝の早朝再びここを訪れ暗いうちから撮影態勢に入る。
(↓どの写真もクリックすると大きな写真が現れます。)

<花筏のブルーモーメント>
a0158226_22200287.jpg

明け方他の2人の方が加わり
「おはようございます。」の挨拶で気持ちよく撮影が始まり
お互い邪魔にならないように風に吹き寄せられた花筏に沿って
阿吽の呼吸で気持ちよく撮影が続いた。
 
<花筏の流れ1>
a0158226_22202228.jpg
 
<花筏の流れ2>
a0158226_22203646.jpg

 
 
 







by Mr_Futchan | 2018-05-25 00:00 | | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(23)307_2 〜 人慣れぬ一族/笑顔の女性達 〜

 
昼食後、山の奥の奥にあるラチ族の村フォン村を訪れる。
ここの住人はあまりフレンドリーではなく
かつては観光客に石を投げてきたこともあるという。
<棚田に貼り付く家々>
a0158226_22180346.jpg
車を降りて400、500mは歩いたでしょうか?
対岸の棚田では崩れた畦を直している黒い服を着る女性達、
竹材を用意するジャージ服の男性
ジッとこちらを見ている女性と
分かるでしょうか6人は写真に写っています。
<働く人達>
a0158226_22183405.jpg
 
自分達の生活のリズムを頑なに守っている人達である。
ロンさんが前もって連絡を入れていたお宅では
糸車で生糸を紡むぐ作業を実演してくれた。
<糸車を操る婦人>
a0158226_22185679.jpg
 
基本的には女性は地味な黒い衣服で身を包んでいる。
この家の若奥さんも無表情で一応は紡むぐ横に寄り添っていた。
子供達だけは時折笑顔を見せてくれていた。
<若奥さん>
a0158226_22192299.jpg
<子供の笑顔>
 結局女の子は我々の近くには姿を見せなかった
a0158226_22194343.jpg
<フォン村寸景>
a0158226_22202901.jpg
 
フォン村を後にして1時間ほど揺られ
もう直ぐホテルのあるビンクアンと言うところで
苗代で田植えの為の苗作りをしている
カラフルな衣装を着た文字通り「早乙女」達に遭遇した。
もちろん撮影タイム!
写真の神様のご褒美に感謝です。
<苗代作業>
a0158226_22074596.jpg
<可愛い早乙女達>
a0158226_22210535.jpg
 
     *   *   *
 
夕食時あらためてハジャン省のエスコート役として加わった
キンさんの挨拶があった。
自慢の奥さんとお子さんも紹介してくれた。
<キンさんよろしく!>
a0158226_22215324.jpg
 
夕食も終わりレストランから帰ろうかと思ったら
お店の女将が垂れ幕を指さして写真を撮ってくれという。(私は読めないよ〜)
花束も持って嬉しそう。
すると別の女性家族も撮ってくれと・・・。

ロンさんに後で聞いてみると明日3月8日は「国際婦人デー」で
その前祝いの席なのだそうです。
特に旧北ベトナムでは特別な日なのだそうです。
道理で女性ばかりが集まっているな〜と思ってました。
<お母さんおめでとう!>
a0158226_22221400.jpg
<ハイ!チーズ!>
a0158226_22223772.jpg
 
それにしても撮った写真を渡せないしお見せするだけなのですが。
基本的にベトナムの人は写真を撮られるのが好きですね。
かといってその場で直ぐ出来た写真を渡せるポラロイドカメラのような
ものを持って歩くと収拾がつかなくなるだろうとも思います。
 
     つづく
 
【行程マップ】
a0158226_09255641.jpg

 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-23 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(22) 〜 にゃ〜にゃ〜の日 〜

 
今回は3月3日のシンホーの土曜市であったニャンコです。
(シンホー土曜市はオッパイ・フルーツを購入した市場です。)
そんなに大きくない市でしたが、
衣料売り場で孫を子守していたオジサンを撮って振り返ると
可愛い瞳のニャンコと眼が合いました。
とても警戒しているようでしたが紐で繋がれているので逃げ出せなくて
しかたなくジッとしているという感じでした。
 
<衣料売り場?>
a0158226_11290445.jpg
 
<孫を愛しむオジサン> 赤ちゃんが動いてブレブレですが・・・
a0158226_07500538.jpg
 
<やぁ〜! こんにちは>
a0158226_11294961.jpg
 
 
       つづく

【参考マップ】色のところがシンホーです
a0158226_11403861.jpg
 


by Mr_Futchan | 2018-05-22 00:00 | にゃーにやーの日 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(21)307_1 〜 水曜市/村の祭礼 〜

 
3月7日 ホテルを8時に出発。
1時間ほど車に揺られ花モン族が集まるシンチェンの水曜市に行く。
ここの市は大きな牛市が行われていて大勢の人が集まっていた。
牛市は男の出番、ここには多くの男が集まっていた。
もう1ヶ所男達が集まる所がありました。
(↓コラージュはクリックすると大きくなります。)
<男達が集まる牛市>
a0158226_00242761.jpg
<女性達も品定め?>
a0158226_00245051.jpg
<ここも男が集まる小鳥市>
a0158226_00250863.jpg
<市に集まる女性達>
 色鮮やかな衣装を身につけているのは花モン族の女達
 藍染めシンプルなモンペ風な衣装はヌン族の女性
a0158226_00253654.jpg
<ファッション・アイテム>
a0158226_00270272.jpg
市に集まる女性達2>
a0158226_00271833.jpg
 
           
 
シンチャンの水曜市を後にして畑が広がる山麓をビンクアンに向かう。
途中、多くの人が集まるテントがあった。
ロンさんが「ちょっと国際交流して行きますか?」と。
<畑が広がる山麓>
a0158226_00274614.jpg
<何の儀式?>
a0158226_00280575.jpg
これは五穀豊穣を祈る村の儀式で、
龍神を祀っている祭礼で聖水の湧く洞窟があった。
こういう祭礼にはお酒がつきもので男達が集まり
女性は給仕役となっていました。
また、この日の為に特別に飼育された子豚が調理されるそうで
レストランでは味わえないお料理を賞味しました。
<ホルモンそのものの神聖なるお料理>
a0158226_00301403.jpg
<給仕役の女性と>
 アルコール度数40以上のトウモロコシ焼酎をすすめると
 平気で空ける給仕役の女性はアルコールも強そうでした
a0158226_00343468.jpg
【行程マップ】 
a0158226_09255641.jpg
 
      つづく
 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-21 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 2018 桜巡り⑥ 枝垂れ桜と空 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
今日は171回目の参加です。
 
   *   *   *
  
もう1ヶ月以上も前のこととなりました。

4月9日午後4時 枝垂れ桜のある中原に着いた。
中原の枝垂れ桜は高さ約11mの一本桜である。
個人の広い敷地の中にあるのだが
その方のご厚意で敷地は開放されており
360度すべての角度から鑑賞できるようになっている。

<枝垂れ桜と空>
a0158226_22240130.jpg
 
長沢の桜は蕾かたしだったので
ここもどうかなと心配していましたが丁度満開でホットしました。
<満開の枝垂れ>
a0158226_22354275.jpg
 
 
桜の根本の周りはスイセンが植えられており彩りを添えている。
夕方の斜光の中、色々な角度から楽しく撮影できました。
a0158226_22242263.jpg
a0158226_22244180.jpg
a0158226_22250302.jpg
 







by Mr_Futchan | 2018-05-19 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(20) 306_2〜 バックハーへの村々 〜

 
ルートは東北東の奥へ奥へバックハーへと詰めていく。
<進路は東北東>
a0158226_23323911.jpg
 
フーラ族はベトナム全土で1,000人。
ここナムモン村の人口30人ほどだそうで、
ベトナム戦争が終結した後1979年にこの地に移ってきたそうです。
あまりフレンドリーな人達ではないようでした。
<牛達のお帰り>
a0158226_23325943.jpg

<お食事中>
a0158226_23331416.jpg
 
次に寄ったのは花モン族のフォー村でした。
ここも人影はなく皆さん出払っていました。
トオモロコシから焼酎を作る作業場は綺麗に整理整頓されており、
多分焼酎の搾り粕だと思われる残渣団子が干されていた。
<フォー村>
a0158226_23383760.jpg
 
バックハー近くの小学校でY婦人が文房具を渡すということで
イマイチ乗らないロンさんを説得して先生と交渉してもらいある学級へ。
私にとってはこの旅行2校目の小学校でしたが、
どちらの小学校も綺麗に整理整頓されていました。
教科書もカラー刷りで絵本のようでした。
<バックハー近くの小学校で> 
a0158226_08485512.jpg
 
バックハーには午後4時過ぎに到着。
夕食には添乗Hさんのサプライズ、おうどんまで添えてありました。
この日も満腹でおやすみなさい。
<ホテルSao Mai>
a0158226_23430667.jpg
<お味はアッサリ味>
a0158226_23432221.jpg

 
       *     *     *
 
【 M A P 】
a0158226_09210302.jpg


 
       つづく
 
 


by Mr_Futchan | 2018-05-17 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(1)