トランスメディア提供アイコン01 <   2018年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(3) 302_1 〜民俗学博物館〜

 
3月2日
ディエンビエンフーへのフライトは15:10のため、
まず民俗学博物館に行きました。
<博物館へ続く道>
a0158226_10212605.jpg
 
民俗学博物館はベトナムに住む54の民族の暮らしが展示されている。
ベトナム全土から15,000点もの道具・衣服等が集められていて
屋外に10棟の民家を展示している。
<博物館に入って>
a0158226_10214489.jpg

<民族分布図>
a0158226_10215830.jpg

<古民家>
a0158226_10222201.jpg
 
身についた/つかなかったかは別として
博物館で1時間あまり勉強して旧市街へ移動。
途中、川を渡るとき昔どこかで見たような橋が遠くに望めた。
 
調べてみると、その橋の名はロンビエン橋といい
1902年フランスが建設したホン川(紅河)に架かる1700メートルの鉄橋。
ベトナム戦争時には、アメリカ軍から何度も爆撃を受け破壊されたが、
その都度修復され粘り強く戦い抜き、
超大国アメリカを駆逐したシンボルとされているとのことである。
<ロンビエン橋を望む>
a0158226_10223957.jpg
 
喧噪とした旧市街を散策した後昼食を摂る。
<旧市街1>
a0158226_10232127.jpg

<旧市街2>
a0158226_10234101.jpg

<牛肉フォー>
a0158226_10240480.jpg
[昼食のメニュー] 牛肉フォー、生春巻き、海老フライ、空心菜のニンニク炒め、
         肉スープ、カラメル・プリン等
 
             つづく
 


by Mr_Futchan | 2018-03-31 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑮END 〜 月夜の空 〜 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は勝手に参加したものも含め166回目の参加です。
 
   *   *   *
 
北海道美瑛・富良野「白い丘のある風景」シリーズもこれで最終です。
長い間お付き合いありがとうございました。

暗くなった道路を十勝岳から青い池に引き返す。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
 
<青い池へ>
a0158226_20305440.jpg
 
青い池の駐車場で「日没後の空」を撮った後は雪はちらつかなくなりフラッシュは不要となった。
(D810にはフラッシュが内蔵されていますが、ガイドナンバーの高い外付けフラッシュを持って行きました。)
前日に引き続きお月さんが顔を出した。
今回は比較明合成してお月さんの兎さんの姿も出しました。
 
<蒼い世界>
a0158226_19151654.jpg

 
 
<月夜の空>
a0158226_19153398.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-29 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(14)

トランスメディア提供アイコン01 お近くの春の花々 with Web8na28

 
3月24日土曜日
そうくんはお友達と外に遊びに出た。
その様子見も兼ねご近所の植木畑を散歩した。
 
<乙女椿>
a0158226_11451754.jpg
<彼岸桜>
a0158226_11453335.jpg
 
宅地開発が進んだとは言え
まだいくらかは花をつける木は残っている。
早春の花を楽しんだ後
原っぱで友達と遊んでいるそうくんに一声をかけ
帰ってきた。
 
<木蓮>
a0158226_11455272.jpg
<サンシュユ>
a0158226_11474814.jpg
 
 
 

by Mr_Futchan | 2018-03-28 00:00 | | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(2) 〜ベトナム旅行はハノイのCafeから始まって〜

 
 
3月1日
 
関空を午前10時半に発ちハノイには現地時間の13時半ごろ着いた。
関空発組では大阪に住む私以外は
皆さん九州や北陸から来られたので空港に隣接するホテルに宿泊されていて
爆弾低気圧の影響はなかったようです。
 
同じ日成田発の飛行機は爆弾低気圧の影響を受け
結局2時間半の遅れとなった。
関空発組は先にホテルに入り、
成田発組とはタンロン水上人形劇場前で待ち合わすことになった。

時間まで待ち合わせ場所近くのCaféでゆっくりとした。
2階にあるCaféだったので行き交うバイク、人力車を漠然と眺め
まったりとした時間が過ぎていった。
 
<ベトナムコーヒーをいただきながら>
a0158226_22412212.jpg

<人の流れを眺めて>
a0158226_22414456.jpg

<ゆっくりCafeで>
a0158226_22420409.jpg
  
夕食は洗練されたベトナム料理でした。
この日から毎日1度は同じようなメニューのベトナム料理をいただきましたが、
食材が新鮮、添乗のHさんが市場で買った野菜などを1品追加等々
毎回満腹の日々でした。(太ってしまいました。)
よく言われることですがベトナム料理は日本人の舌によく合います。
 
<3月1日夕食>
a0158226_22423376.jpg
 

行程予定表(前半) 

3/1

大阪・東京→

ハノイ(泊)

VN331

1030

1340

空路、東京・大阪よりそれぞれベトナムの首都ハノイへ。着後、ホテルへ。

3/2

ハノイ→

ディエンビエンフー

ムオンライ(泊)

午後発

3時間半

VN8204

朝、ハノイ市内観光(旧市街散策等)。その後、航空機にてフランス軍との激戦地となったディエンビエンフーへ。着後、専用車にてムオンライへ向う。途中、赤モン族の村を訪問する。

 

3/3

ムオンライ

シンホー

ライチョウ(泊)

0800

1700

専用車にてライチョウへ。途中、刺繍を施した黒い衣装を纏ったザオカウ族、白モン族の暮らす標高1,800mの山里シンホーに立ち寄り、ザオカウ族の村を訪問する。

 

3/4

ライチョウ周辺

ライチョウ(泊)

専用車にて、棚田が広がる美しい山上にあるダオサンへ往復観光。着後、ハニ族や白モン族、ザオカウ族、紅い帽子をかぶるダオコド族などが集うダオサンの日曜市を見学する。その後、ランテン・ザオ族の村などを訪問する。

 

3/5

ライチョウ

サパ(泊)

0800
12
00

朝、赤モン族の村を訪問。その後、専用車にてサパへ。途中、ランテン・ザオ族の人々の姿を見る。サパ着後、街の散策をする。

 

3/6

サパ

バックハー(泊)

08:00
18
00

午前中、専用車にて、サパ周辺の少数民族の村を訪問(サフォー族の村、赤ザオ族の村等)。その後、専用車にてバックハーへ。

 (↓Mapはクリックするとおおきくなります。)




 
 
a0158226_09253723.jpg
 
 
   *   *   *    *   *   *
 

一昨日大阪城ホールであった Little Glee Monster のコンサートに行って来ました。
開演は16:00からでアンコールが終わったのは18:35でした。
とても18才〜20才の女の子とは思えない歌唱力に酔いしれました。
***** 
アンコールのかけ声が続く中、舞台のスクリーンに「ライトでむかえましょう!」
の呼びかけが・・・・???
はじめ分からなかったですが
多くの若者がスマホを懐中電灯にして掲げたのでやっと意味が分かりました。
また、最後の最後、バンドの方々も退場した後「記念写真タイム」が設けられた。
こんなの初めて!   (この記念写真の方は不発でした。)
iPhoneの撮影術も磨いとかないとダメですね〜。
 
<ライトのお出迎え> iPhoneで撮影(演奏中以外はOK)
a0158226_20191687.jpg
 
 
  

 

by Mr_Futchan | 2018-03-27 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑭ 〜 モンスターとキタキツネ 〜

 
1月30日の午後は
モンスターと化した木々を撮りに十勝岳中腹にある
十勝岳温泉に行った。
<ちょっと細めのモンスター>
a0158226_10112053.jpg
 
ヘアピンカーブをとろとろと上がっていくと
道路際に寝ているキタキツネを発見。
車を停めると待ってましたとばかりに道路に飛び出してきた。
相当人慣れしているようで
逃げ回るキタキツネしか知らない者にとってはだまされているような???
撮りやすかったです。
<待ってました>
a0158226_10115866.jpg
<あゎわわわ〜、また寝ようかな>
a0158226_10123689.jpg
<何にもくれそうにないな>
a0158226_10121644.jpg


 
ガスがかかってきて雪がまじってきました。
そろそろ下山しなくては・・・
<かすみ行く山麓>
a0158226_10152288.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-25 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑬ 〜 岸辺の冬模様 〜

 
富良野市の東富良野岳山麓にある鳥沼公園には
その名の如く冬は渡り鳥たちが羽根を休めている。
夏はこの池はエメラルドグリーンに色づくという。
凍った岸辺の模様、映り込みが面白く
晴れ上がった陽を浴びて、暖かい午前の一時を過ごした。

<けあらしの沼>
a0158226_08520579.jpg
 
<岸辺の雪模様>
a0158226_08525089.jpg
 
<クネクネ>
a0158226_08530693.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-23 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑫ 〜 春よこいの木 〜

 
NHK連続テレビ小説「春よ、来い」(1994/4〜1995/3)のオープニングで登場した木です。
この木は北海道富良野市の街から少し離れた八幡丘にある。
→Link「春よ、来い - 松任谷由実 - YouTube」・・・小湊鐵道Videoも見ものです
 
 
<八幡丘に伸びる農道>
a0158226_13092259.jpg

神がかり的によく晴れた空の下
クリスマス・ツリーの木よりは少し太めのこの木が
胸を張って立っていました。

<春よこいの木>
a0158226_13094195.jpg

 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 仙台 → 大阪 ゴールデン・パノラマ by 空倶楽部

 
仙台空港←→大阪空港を何度も往復していると
特に冬の午前の便に乗る時は期待に胸が躍る。

2月中旬、仙台空港から大阪空港への午前の便に乗った際
出張の神さまがご褒美をくれました。
 
蔵王、裏磐梯、尾瀬ヶ原が見えました。
特に尾瀬ヶ原は初めて見ました。(気がつきました。)
a0158226_19523470.jpg
 
更に北アルプスの全景が迫ってきました。
諏訪湖も見えましたが、
まだ氷が張っているかどうかまでは分かりませんでした。
全てiPhoneで撮影しています。
a0158226_19525935.jpg

* * * * * * 
 
 
ダイヤモンド・ダストが撮れた後、富良野の「春よ来いの木」を撮りに行く途中
菊地氏が彩雲に気がついた。
私自身は目を懲らさないと分からなかった。
その時撮った何段にも色づいた彩雲です。(仕上げで彩度を少し上げています。)

< 彩 雲 >
a0158226_21530650.jpg


by Mr_Futchan | 2018-03-19 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑪ 〜 ダイヤモンドダスト キラキラ 〜

 
クリスマス・ツリーの撮影を終わってから
出る確率は少ないですが、運が良ければダストが撮れるかも?
ということで撮影ポイントに急いだ。
 
朝から曇っていたこともあり
天気予報からしても全くダイヤモンド・ダストなど出る可能性はなし。
なので現場に着いたときには先着は2台のみ。
 
低空に雲がかかっていたので
陽が射すまで三脚だけを立てて車内で日の出を待った。
 
陽が出た。 車から飛び出した。 ダイヤモンド・ダストが逆光の中で輝きました!
これも「神がかり的」でした。
 
< キラキラ > (↓写真はクリックすると大きくなります)
 風が強くて光の当たる位置に滞空時間が短く陽の角度も高めだったので
 光の帯は小さく白一色のダイヤモンド・ダストとなりました
a0158226_00080383.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-17 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(1) 〜プロローグ〜

 
3月13日朝ベトナムから帰りました。

今回参加したツァーは「西遊旅行」により企画・催行されたツァーで、
ベトナム最北山岳部ディエンビエンフーからハジャンの小民族の町村を巡り
ここに住む人達の生活や民族衣装をはじめとする文化に触れる13日間のツァーです。
 
途中、小学校や保育園そして結婚披露宴、祭礼にも
飛び入りで参加して充実した内容となりました。
 
メンバーの方は成田発仲良し組5人、関空発組5人と
添乗のHさんという構成、
お天気は最終日の12日に小雨にあった程度で恵まれた条件でした。
 
<チャムド峠(標高1,900m)にて> 現地ガイドのロンさんと関空出発組
a0158226_22093302.jpg
 
3月下旬からしばらく
ヒョッとすると3ヶ月近くかかるシリーズとなります。
お付き合いよろしくお願いいたします。
  
         *      
 
13日の夕食後、
そうくんはクッキーつくりに励んだ。
娘に聞くと
「バレンタインデー」のお礼にクッキーを贈るのだそうだ。
我々の時代とは違うネ。
お風呂に入っている間においしく
出来上がりました。
<精神を集中して>
a0158226_22372474.jpg
<私もお手伝い>
a0158226_22373692.jpg
<美味しくできたねー>
a0158226_20210681.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-15 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(7)