トランスメディア提供アイコン01 <   2018年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑦ 〜 美瑛川 川原の石 〜

 
前述したように今年の美瑛は積雪だけをみれば例年の2倍だという。
そこで美瑛川川原の石が雪を被って面白いというので案内していただきました。

<ハート形のような>
a0158226_23303273.jpg

 
<氷の造形>
a0158226_23305235.jpg
 
 
 

by Mr_Futchan | 2018-02-27 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑥ 〜 白ひげの滝 〜

 
白金温泉にある白ひげの滝は多くの外国人客がいつも訪れている。
どこの国に来たのかとしばし思ってしまいます。
昨年に比べても凍っている範囲が広いように思う。
水そのものが青いこともあってここの滝は青く写ります。

<白ひげの滝>
a0158226_23185038.jpg
a0158226_23190978.jpg
a0158226_23192477.jpg
 
 
 
 





by Mr_Futchan | 2018-02-25 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景⑤ 〜 2本の木/3本の木 〜

 
ここも秋に訪れた木である。
この木を撮るときに注意することは水平にカメラを固定すると
どうしても木が傾いているように撮れることです。
ここでの注意は木に垂直度を合わすことです。

<2本の木>
a0158226_22524634.jpg

 
<3本の木>
a0158226_22530594.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-02-23 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景④ 〜 マイルドセブンの木のある丘 〜

 
今回の撮影ツァーは雪と樹と空の写真撮影のようなものです。
何しろ例年の2倍の積雪を記録する美瑛の雪ですから
撮影ポイントは除雪されている道路に集中する。

ここも有名なマイルドセブンの木のある丘です。
天気も申し分なく青空がとても綺麗でした。

<マイルドセブンの木のある丘>
a0158226_22215837.jpg

 
 
 



by Mr_Futchan | 2018-02-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景③ 〜 白い丘の家と空 〜 by 空倶楽部

 
空倶楽部 8周年
 
おめでとうございます。
  
ただ8周年と一言で言っても
皆さん色々な人生の節目があったことと思います。
これからも空倶楽部に喜んで参加していきたいと思います。 
どうぞ宜しくお願いいたします。
 
   *   *   *
 
クリスマスツリーを撮った後は新栄の丘に建つ家を撮る。
この家の屋根は赤い色なのですが今年は雪の量が多く
白い屋根の家となっています。

<白い屋根の家>
 長い影が面白いです
a0158226_19134089.jpg
 
空は晴れ模様。
雲も面白い表情になったので同じ家に近づいて順光で撮る。

<白い丘の家と空>
a0158226_19250958.jpg
 
広い美瑛の丘ですが
外国人カメラマンを乗せた「わ」ナンバーの車にときどき遭遇する。
構図を決めたいのは分かるが
入ってはいけない民家の敷地や畑に足を踏み入れている姿をよく見る。
これらの人達と一緒にされるのが腹立たしい。
国内でも海外でもエチケットを示したいものです。

この一年のお気に入りの空の写真は星ぞらの写真です。
「コマ収差」に対して満足な性能を示してくれるレンズは皆無なので
どの辺で手を打つかが問題です。
この写真は満足するものではないですが、
満足する星空写真を撮るのも今年の目標です。
 
<空と星> 
a0158226_19310903.jpg




by Mr_Futchan | 2018-02-19 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景② 〜 Christmas tree 〜

 
1月29日の朝は午前6時前にホテルにお迎えにきていただいて
暗いロードを美瑛方面に走る。
新栄の丘に上がった頃は横風が吹きまくり
菊地氏曰く「これがいわゆるホワイトアウトです。」
丘の上から朝陽を待つ撮影はあきらめ、クリスマスツリーの木の前に立った。

この頃には先程までの白いベールに包まれた視界は晴れてきて
西の空は少しあかねに色づいた。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<あかねにそまった空に>
a0158226_13341422.jpg
 
雲が消えて空はどんどんと晴れ上がっていき
全身で朝陽を浴びて輝くクリスマスツリーの木が青空に映えて美しい。
また菊地氏曰く「神がかり的に陽が射してきましたね。」

<朝陽をうけて>
a0158226_13343027.jpg
 
 
 



by Mr_Futchan | 2018-02-17 10:30 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 孫達の近況 2018年2月

 
今月の5日私にとっては5人目の孫が誕生した。
3,180gの女の子でした。
息子夫婦にとっては第三子はじめての女の子です。

ちなみに息子の住む家の周りは3人の子持ちの家が多く
普通に家族構成のようです。
12日に広島にゆりちゃんに会いに行きました。

久し振りに産まれたての赤ちゃんを抱くのは
緊張しますね。
お嫁さん曰わく「男の子とちがって大人しい!」
 
<恐々ゆりちゃんを抱く>
a0158226_23035306.jpg
  
上ふたりの孫2号りゅうくん(7)、
4号さくちゃん(3)は中々赤ちゃんと一緒に写真に納まってくれません。
<広島の孫達>
a0158226_23242990.jpg
 
   *   *   *
 
大阪では私が広島に移動した時間
孫1号そうくん(7)と孫3号みゆちゃん(5)は庭に張った氷で遊んだそうです。
ふたり共寝間着で遊んでしまってます。
みゆちゃんは氷に閉じ込められた気泡が面白かったようです。
娘の激写です。
<氷遊び>
a0158226_23393795.jpg
a0158226_23402219.jpg
a0158226_23342929.jpg




 
 
 




by Mr_Futchan | 2018-02-15 00:00 | | Trackback | Comments(9)

トランスメディア提供アイコン01 白い丘のある風景① 〜プロローグ〜

 
1月28日(日)から3泊4日で北海道美瑛に撮影に行った。
今回も美瑛で活躍されているプロカメラマン
菊地晴夫氏にご案内いただきました。 Blogにリンク
 
天気予報では連日雪が降り晴れることはないようでしたが
菊地氏の言葉を借りれば「神がかり的に陽が射しましたね。」
と言うようなお天気でした。
光の状態などから同じ対象を
違った時間、日に撮っているものもあることをお含み置き下さい。
 
<豪雪盆地> 1月28日 
 羽田を経由して旭川空港に着陸
a0158226_22581945.jpg

 
<除雪作業> 1月29日 4:22
 ホテル従業員駐車場の確保も夜中から始まっていた
a0158226_22584887.jpg
a0158226_22590740.jpg


 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-02-13 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行より(鉄写同好会2018年2月)

 
蔵出し写真です。

今回は2014年7月10日〜22日に写友H氏と行った
スイス撮鉄旅行の蔵出し写真です。
 
チューリッヒから列車に揺られること45分のところにある
ルツェルン駅での様子です。
 
<始発駅>
 夏休みに入ってどこかにサマーキャンプにいくのでしょうか?
 子供達もハリキッテいるようでした (お父さんはお仕事かな・・・)
a0158226_19442590.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-02-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 クヌギ林から見る空 by 空倶楽部

 
 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
今日2月9日のお題は「樹と空」です。
私は勝手に参加したものも含め162回目の参加です。
 
   *   *   *   *   *
 
1月7日
ここも例年訪れている猪名川町のクヌギ林に行った。
池田炭または菊炭の産地であった北摂の里山に
入っていくとよくクヌギ林に行きあたる。
運が良ければ炭焼き窯の跡も発見することができる。
 
<クヌギ林から見た空>
a0158226_13595890.jpg
 
カメラザックに熊よけの鈴を結びつけたのだが
イノシシにも効果があるのかな?
三脚を担いでくればイノシシとやり合う武器になったかな
なんて思って登っていましたが、
イノシシらしい足跡はなくあるのは鹿の足跡だけでした。
 
<クヌギ林を見上げてみた空>
a0158226_14010378.jpg
 
 
以前は台場クヌギが林立していたエリア( → 一昨年の記事にリンク )は伐採が進み
下草の笹は鹿が食していた。
 
<北摂 里山の空>
a0158226_20465378.jpg
 
もうクヌギ林の役目はとうの昔に終わっているようであるが
麓ではカブトムシ、オオクワガタ等の
養殖、販売に活路を見いだしている。
 
11日まで出張に行ってます。
カメラは一応持って行きますが撮れるか分かりません。
皆さまのところへは遅れてお邪魔します。
 
 

by Mr_Futchan | 2018-02-09 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)