トランスメディア提供アイコン01 <   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 生野銀山と播州高原を巡って 1

 

“スイス・アルプス 珠玉の村々をまわって“ を中休みして、
9月2日に行った生野銀山や播州高原の様子を紹介します。


生野銀山の開山は大同二年(807年)という。
時は流れ永禄元年(1558年)には、彼の「天空の城」竹田城の城主が管轄するに至った。
その後、天正六年(1578)織田信長が生野奉行を置く。
このころ、石見の技術が伝えられ、鉱山は益々栄えたという。
豊臣、徳川の時代には、各々の台所を支え、最盛期は吉宗の頃という。

明治元年(1868年)には日本初の官営鉱山(政府直轄)となり、
その後、三菱合資会社に払い下げられ、以後、三菱の経営で国内有数の大鉱山として稼働してきたが、
昭和48年(1973年)に閉山した。
<銀山入口>
a0158226_21304860.jpg

<坑道入口・出口>
 大谷川を挟んで正面は観光坑道入口、右の赤い橋を渡って観光坑道出口
a0158226_21295972.jpg

<鉱脈>
 白い石英の中に金・銀が含まれており、黄色く光っているのが金らしい
a0158226_21311326.jpg


この坑道の歴史を物語っているのが、坑道の”土留め”の色々。
どの土留めもシッカリしていて、恐怖感はなかった。

観光坑道は全長約1km、
年間を通して約13℃という涼しい40分の地中散歩でした。
<坑道コラージュ>
a0158226_21312418.jpg

<太閤の水>
 豊臣秀吉がお茶を点てた名水(今は飲用不適の注意書きが)
a0158226_21315349.jpg

<坑道出口> ああ涼しかった!
a0158226_21314347.jpg


                                                つづく

by Mr_Futchan | 2013-09-05 21:32 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 スイス・アルプス 珠玉の村々をまわって 16 〜 鳥のように、蝶のように 〜

 
エッギスホルンでのんびりした時間を楽しんだ後は
ロープウェイでUターン。
途中駅フィッシャーアルプの乗継ぎ時間では
"空倶楽部"でもご紹介した(「たかく高く舞い上がれ by 空倶楽部」
たくさんのパラグライダー、ハングライダーに目を奪われる。

長く続いた低温で雨の日々に嫌気がさしていた若者達が
一気に飛立った感じです。
<スタンバイ>
a0158226_17531145.jpg

<あちらにも> おっと!振り子のように揺らしてる
a0158226_1754812.jpg

<こちらにも> 鳥のように飛回って
a0158226_17544999.jpg

<ローヌ谷を眺めて> 鳥瞰風景を楽しんでるんだろうな
a0158226_18282449.jpg


中間駅は展望のいい別荘、コンドミニアム街で、
夏の日差しをいっぱい浴びて輝いて見えました。
<マッターホルンが見えるリゾート地>
a0158226_18522067.jpg

<僕もお散歩>
a0158226_1853124.jpg


ふもとの町フィーシュでランチ。
テリーヌ カレーソース、デザートは黒い森風ケーキでした。
< Hotel Kristal のレストランで >
a0158226_19552539.jpg

<ランチ>
 スイスのノンアルコール・ビールはとてもまったりとして美味しかった
 銘柄は" feldschlösschen alkoholfrei " 日本では取扱ってないのが残念
a0158226_2001112.jpg


                                                  つづく

by Mr_Futchan | 2013-09-04 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(9)

トランスメディア提供アイコン01 スイス・アルプス 珠玉の村々をまわって 15 〜 エッギスホルン展望台にて 〜

シンプロントンネルのあるブリークの町を通って、フィーシュに到着。
すぐさまロープウェイでエッギスホルン展望台へ。
ここのロープウェイはさすがに大きい。
フッと足下を見ると、ワンちゃんがお利口にしてるではないか。
(この子の記事は"ワンコの日"に詳しく掲載します。)
<ロープウェイは満員御礼>
a0158226_212976.jpg

<ここにもお利口さんが>
a0158226_20393446.jpg


わ〜、これはスゴイ。
アレッチ氷河、その後ろにオーバーラント三山(ユングフラウ、メンヒ、アイガー)、
ユングフラウ右の鞍部の岩の上にスフィンクス展望台も見える。
<アレッチ氷河に見とれて> 中央 左メンヒ、右アイガー
a0158226_2152024.jpg

<アレッチ氷河とオーバーラント三山> スフィンクス展望台を拡大しました
a0158226_20403631.jpg

<展望地の山小屋前にたたずむ>
a0158226_20405267.jpg


ここの山小屋名物ホットチョコレートで温まりながら、
えっちゃん、けいこさん、スーさんと私の4人で、
写真撮ったり、わいわい話しをしたり、至福の時間を過ごしました。
西に目をやるとガスが晴れてマッタ−ホルンまで見えました。
<4人で記念写真>
 えっちゃんのサングラスに左からけいこさん、私、スーさん
a0158226_20573872.jpg

<展望コラージュ>
a0158226_20501798.jpg

                                                   つづく

by Mr_Futchan | 2013-09-01 22:29 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 スイス・アルプス 珠玉の村々をまわって 14 〜 ローヌ谷に沿って 〜

 
7月5日
陽光が降り注ぐサースフェーを後に次の村リーダーアルプに向かう。
バスは来た道をたどりフェー谷を下りローヌ谷に出会う。
<グッバイ・サースフェー>
a0158226_9222027.jpg

<フェー谷の村> 観光地と違って簡素な建物である
a0158226_9223369.jpg


スイスは永世中立の国であり、国民皆平の国でもある。
かつて、スイスの主要産業の一つが傭兵であった時代もあった。
自衛意識は高く、各村毎に射的場があると聞くが、
時折その射的場を目にする。
<射的場>
 写真をクリックすると拡大されます
 1,2,3,4,5,6と描かれた的がおわかりでしょうか?
a0158226_109305.jpg


ローヌ川が流れるU字谷を東に進むとこのU字の底や縁に、
あの氷河急行の走る鉄道路線や、
シンプロントンネルを抜けてイタリアとつながる鉄道路線が
平行に走っている。
<二つの路線>
 手前はマッターホルン・ゴッタルド鉄道、奥の断崖を走るのはスイス連邦鉄道
a0158226_9383855.jpg

<シンプロントンネルへつながる路線> スイス連邦鉄道
a0158226_9534333.jpg

<シンプロントンネル入口>
 スイス連邦鉄道
 1921の文字が見えるので2本目のトンネル
a0158226_9484418.jpg

【解説】
シンプロントンネルはアルプス山脈を貫いてスイスとイタリア結ぶ鉄道トンネルで、
建設時期がほぼ20年違う2本の単線トンネル(1903年,1921年)で構成されている。
1906年に開通したシンプロントンネルは全長 19,803m、
1982年に上越新幹線大清水トンネル(22,221m)が出来るまで世界最長のトンネルでした。


<氷河急行> マッターホルン・ゴッタルド鉄道
a0158226_9402852.jpg


【 お ま け 】****************************

baraさん情報により箕面の滝のライトアップを撮影に行きました。
夏休みの終わる9月1日まで行われており、
最終日の今日は「音と光の映像ショー」が予定されますが・・・
a0158226_10171267.jpg

by Mr_Futchan | 2013-09-01 10:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)