トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:自然・四季( 231 )

トランスメディア提供アイコン01 橋杭岩とスーパームーン

 
2月20日のスーパームーン
ハイキーに仕上げた写真を3枚アップしましす。
 
 
a0158226_07585250.jpg
 

  
a0158226_07591475.jpg
 
 
 
a0158226_08495855.jpg




 
 
 


by Mr_Futchan | 2019-03-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 ウミネコの島 日御碕宮前経島

 
時間は遡ります。
27日はウミネコの繁殖地、
日御碕の宮前にある経島(ふみしま)を訪れた。
(写真は全てモノクロに仕上げています。)
 
この日は、従兄弟の娘さんも私も防寒着に身を固め撮影に臨んだのだが
暖かい日和でした。
<宮前の漁港>
a0158226_23192372.jpg

<宮前集落>
a0158226_23193894.jpg

 
宮前漁港の横には経島がある。
経島は、国の天然記念物「経島ウミネコ繁殖地」に指定されていて、
毎年11月下旬から冬にかけて約5000羽ものウミネコが飛来し、
4月から5月にかけて産卵・孵化、7月頃に島を離れるのだそうだ。
<ウミネコの島 経島>
a0158226_23091831.jpg
 
急にウミネコが飛び立つことが数回あった。
これは何度もやってくるトンビを警戒してのことで、
我々にとってはトンビがシャッターチャンスを作ってくれるようなものだった。
<トンビ襲来>
a0158226_23323957.jpg

<ウミネコの乱舞>
a0158226_23094926.jpg
  
  
 



 


by Mr_Futchan | 2019-02-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 日御碕は風強し

 
1月26日は法事を終え日御碕を訪れた。
 
伯父には「26日は家に泊まって写真を撮っていけ!」と言われていた。
26日、27日は従兄弟に足になって貰って、
保育士の娘さんとのプチ撮影会となった。
 
<日御碕の灯台>
a0158226_21331576.jpg
 
<柱状節理>
 石英各班岩〈せきえいかくはんがん〉?
a0158226_21333394.jpg
 
この日は風が強くお気軽服装ではきつかった。
もう少し冬の海を堪能したかったのだが・・・
思いのほか海の色は蒼かった。
<1>
 
a0158226_21335702.jpg

<2>
a0158226_21341084.jpg

<3>
a0158226_21342626.jpg
 
 

このブログを書いている横ではそう君とみゆちゃんが
ビーズ・アートに興じていた。
この遊びケッコウ集中力が必要で、子供の精神修行にもなるネ。
a0158226_22083338.jpg
 
 
 



 


by Mr_Futchan | 2019-02-17 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 粟津稲生神社の鳥居

 
粟津稲生神社(あわずいなりじんじゃ)の鳥居の特徴は何と言っても
20基ある朱塗りの鳥居のある参道と神社の間を一畑電鉄が横切り
踏切がある。
<20基が並ぶ鳥居>
a0158226_23273181.jpg
 
この社には伏見稲荷の分霊を祀っているということで、
鳥居が並んでいるのはその関係でしょうか。
1時間に下りと上りの電車がそれぞれ1本は通過する。
運良くピンクの車両に「しまねっこ」(島根県のキャラクター)
が顔を出してくれた。
<しまねっこ>
a0158226_23275106.jpg
 
車両の上まで入れようとすると鳥居と鳥居の間が
間延びしちゃいました。
平日は一往復程度の「しまねっこ」電車が、日曜日・休日は
多いようです。
<あら?再びしまねっこ>
a0158226_23280979.jpg
 
 




by Mr_Futchan | 2019-02-15 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 古座田原の海霧

 
南紀串本シリーズの最後です。
 
串本の東古座田原海岸で海霧の発生を待った。
ここは橋杭岩の小型のような岩礁と朝陽
そこに海霧が発生するシーンがカメラマンの写欲をそそる人気の場です。
 
<朝陽を待つ>
a0158226_22453423.jpg

 
< 出 港 >
a0158226_22590869.jpg

 
<田原海岸の朝陽、朝霧
a0158226_22460659.jpg

 
 
 


by Mr_Futchan | 2019-02-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 灯台とダルマ夕陽にリベンジ誓う

去年の年末は姫路飾磨港にあしげく通い
3日前の大晦日にも行きました。
船の停泊位置、太陽が沈む位置も私の意図した通りだったのですが
日の入り直前雲に阻まれ綺麗なダルマにはなりませんでした。
 
またリベンジしますぞ !
 
<1>
a0158226_19451752.jpg

 
<2>
a0158226_19453626.jpg

 
<3>
a0158226_19460476.jpg

 
<4>
a0158226_19475063.jpg
 



by Mr_Futchan | 2019-01-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 晩秋のメタセコイア

 
11月30日もう二週間も前になります。
前日のNHKの朝の番組で琵琶湖西岸マキノのメタセコイアの並木が見頃だと
紹介された。
これは行かなくっちゃと思っていると、
ある風景写真家からテレビに紹介されると人出は2倍はなると忠告を受けた。
 
どうしようかと思っていたら
姫路の写友が播磨科学公園都市(Spring-8があるところです)のメタセコイア
も綺麗だと情報をくれた。
場所は行ったら分かる!
と言うことで、日の出前に公園都市のテクノ中央センターサークルに到着。
<夜明け前> とっくに葉の落ちたセイヨウハコヤナギ
a0158226_09435719.jpg

 
日が昇るとそこら中にメタセコイアが植えられていて柿色の葉が光っていた。
平日の朝こんな所に写真を撮りに来る「もの好き」は私ぐらいなもので、
芝生広場の駐車場に1台だけ停め、広場を右往左往して撮ったのが次の写真です。
<陽を浴びるメタセコイア1>
a0158226_12585037.jpg
 
<陽を浴びるメタセコイア2>
a0158226_12590542.jpg
 
 





by Mr_Futchan | 2018-12-15 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 教林坊の紅葉狩り(下)

 
書院西面の名勝庭園は小堀遠州作と伝えられ
桃山時代を象徴する庭園だそうです。
 
<窓から庭園を眺む>
a0158226_22093254.jpg
<書院蹲踞(つくばい)にある水琴窟>
a0158226_22100397.jpg
 
教林坊は、春と秋に2回公開され
秋の紅葉の頃にはライトアップもされる。
私が訪れたときもその案内もされていました。
今年は見事な紅葉はあきらめていたのですが
ここに来て救われました。
レンズを各々変えて2周しました。
a0158226_22110917.jpg
a0158226_22113295.jpg
a0158226_22115326.jpg
 
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-12-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 教林坊の紅葉狩り(上)

 
11月28日 滋賀県竜王町の教林坊へ紅葉を撮りに行った。
 
<教林坊中門>
a0158226_21414241.jpg
 
この日の天気予報は下り坂で、
また、午前中近所の旧友のところで
健康診断の為のデータ取りであったため、
行くのをあきらめていた。
ところが半時間程で終わったので
急いで器材をまとめ絶食のまま竜王町へ急いだ。
 
<中門手前で見上げれば>
a0158226_21420566.jpg
 
教林坊は、
西暦605年聖徳太子によって創建されたと伝わり、
林に囲まれた地で教を説かれたことから
「教林坊」と名づけられたとのことです。

<本堂ガラスの映り込み>
a0158226_21431701.jpg
 
ご本尊の観音さまも同じく聖徳太子作で、
赤川観音と呼ばれ、
困難な願いも二度参れば叶う
「再度参りの観音」と呼ばれ信仰を集めてきたとのことです。
  
<ご本尊>
a0158226_21435236.jpg
 
<紅と黄>
a0158226_21442483.jpg
 
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-12-11 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 色ずくハウチワカエデ

 
箕面の今年の紅葉はイマイチ燃えない。
毎年あまり裏切られた覚えのない西江寺のハウチワカエデです。

a0158226_21590066.jpg
 
a0158226_21592275.jpg
 
a0158226_21594100.jpg
 
 
 





by Mr_Futchan | 2018-12-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)