トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:自然・四季( 226 )

トランスメディア提供アイコン01 灯台とダルマ夕陽にリベンジ誓う

去年の年末は姫路飾磨港にあしげく通い
3日前の大晦日にも行きました。
船の停泊位置、太陽が沈む位置も私の意図した通りだったのですが
日の入り直前雲に阻まれ綺麗なダルマにはなりませんでした。
 
またリベンジしますぞ !
 
<1>
a0158226_19451752.jpg

 
<2>
a0158226_19453626.jpg

 
<3>
a0158226_19460476.jpg

 
<4>
a0158226_19475063.jpg
 



by Mr_Futchan | 2019-01-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 晩秋のメタセコイア

 
11月30日もう二週間も前になります。
前日のNHKの朝の番組で琵琶湖西岸マキノのメタセコイアの並木が見頃だと
紹介された。
これは行かなくっちゃと思っていると、
ある風景写真家からテレビに紹介されると人出は2倍はなると忠告を受けた。
 
どうしようかと思っていたら
姫路の写友が播磨科学公園都市(Spring-8があるところです)のメタセコイア
も綺麗だと情報をくれた。
場所は行ったら分かる!
と言うことで、日の出前に公園都市のテクノ中央センターサークルに到着。
<夜明け前> とっくに葉の落ちたセイヨウハコヤナギ
a0158226_09435719.jpg

 
日が昇るとそこら中にメタセコイアが植えられていて柿色の葉が光っていた。
平日の朝こんな所に写真を撮りに来る「もの好き」は私ぐらいなもので、
芝生広場の駐車場に1台だけ停め、広場を右往左往して撮ったのが次の写真です。
<陽を浴びるメタセコイア1>
a0158226_12585037.jpg
 
<陽を浴びるメタセコイア2>
a0158226_12590542.jpg
 
 





by Mr_Futchan | 2018-12-15 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 教林坊の紅葉狩り(下)

 
書院西面の名勝庭園は小堀遠州作と伝えられ
桃山時代を象徴する庭園だそうです。
 
<窓から庭園を眺む>
a0158226_22093254.jpg
<書院蹲踞(つくばい)にある水琴窟>
a0158226_22100397.jpg
 
教林坊は、春と秋に2回公開され
秋の紅葉の頃にはライトアップもされる。
私が訪れたときもその案内もされていました。
今年は見事な紅葉はあきらめていたのですが
ここに来て救われました。
レンズを各々変えて2周しました。
a0158226_22110917.jpg
a0158226_22113295.jpg
a0158226_22115326.jpg
 
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-12-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 教林坊の紅葉狩り(上)

 
11月28日 滋賀県竜王町の教林坊へ紅葉を撮りに行った。
 
<教林坊中門>
a0158226_21414241.jpg
 
この日の天気予報は下り坂で、
また、午前中近所の旧友のところで
健康診断の為のデータ取りであったため、
行くのをあきらめていた。
ところが半時間程で終わったので
急いで器材をまとめ絶食のまま竜王町へ急いだ。
 
<中門手前で見上げれば>
a0158226_21420566.jpg
 
教林坊は、
西暦605年聖徳太子によって創建されたと伝わり、
林に囲まれた地で教を説かれたことから
「教林坊」と名づけられたとのことです。

<本堂ガラスの映り込み>
a0158226_21431701.jpg
 
ご本尊の観音さまも同じく聖徳太子作で、
赤川観音と呼ばれ、
困難な願いも二度参れば叶う
「再度参りの観音」と呼ばれ信仰を集めてきたとのことです。
  
<ご本尊>
a0158226_21435236.jpg
 
<紅と黄>
a0158226_21442483.jpg
 
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-12-11 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 色ずくハウチワカエデ

 
箕面の今年の紅葉はイマイチ燃えない。
毎年あまり裏切られた覚えのない西江寺のハウチワカエデです。

a0158226_21590066.jpg
 
a0158226_21592275.jpg
 
a0158226_21594100.jpg
 
 
 





by Mr_Futchan | 2018-12-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 行者還林道を行く

 
10月22日
大台ヶ原駐車場 で朝食をとり
最近通れるようになったという行者還(ぎょうじゃかえり)林道へ行った。
4年前から工事で何度も通行止めになっていた。
この日も工事は有りましたが通常の
メンテナンス工事でした。(時間制限あり。)
この林道は奈良県上北山村から天川村へと抜け
る国道309号を兼ねた林道で深い谷に沿って
登るハードな山岳路です。
<行者還林道> 
a0158226_22055741.jpg
 
途中にあるナメゴ谷を望む絶景スポットには
桜の季節と紅葉の季節には多くのカメラマンが訪れる。
この日ナメゴ谷の紅葉には1週間〜ほど早かった。
<ナメゴ谷の広葉樹林帯>
a0158226_22061994.jpg
 
ピークとなる「行者還トンネル」は全く灯りの無い真っ暗なトンネルで
すれ違いもままならない。
トンネルを抜けると大峰山系が眼前に広がり、
この辺りの黄葉が最も美しかった。
<大峰山系>
a0158226_22064566.jpg
 
この林道はかれこれ15年以上前に妻と同じ時期に訪れている。
その当時はカーナビも付けておらず、
道路地図を参考にただ国道309号線をたどって行こう!
と決めただけで前知識もなく黄葉を楽しんだ。
きっとナメゴ谷の紅葉も見過ごしていると思う。
<岸壁の黄葉> 
a0158226_22065928.jpg
天川村に抜けてから思ったことだが
行者還トンネルを抜けて大川口に降りたら
天川村や「みたらい渓谷」へどうしても抜けたいという気持ちがなければ
元来た道を引き返した方がいいように思う。
距離も後2倍もあり、道が更に狭くなり待避場所を確認をしながら進まなければならない。
その待避場所間の距離も長くなり神経がすり減る。
幸運にもこの日はすれ違いは3台でしかも広い道ですんだ。
 
睡眠時間2時間だったので昼食を摂ると眠くなる。
そこで帰宅するまで食事を控えた。
 
 



by Mr_Futchan | 2018-11-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 朝霧につつまれた大台ヶ原

 
黎明のときをむかえ期待に胸が躍る。

<黎明のとき>
a0158226_21012212.jpg

 
さあこれからというときに南東から霧が舞い上がってきて
大台ヶ原一帯は霧に包まれた。
 
<残念!霧につつまれた> 生きているトウヒの木はもう一本もない
a0158226_20530056.jpg
<薄日がさして> 50年前まで森だったとは思えない正木峠
a0158226_20531806.jpg
 
真夜中に登ってきたので全く周りの様子は分からなかったが
下山途中標高1,600m以上ある山はそこそこ黄葉となっていた。
その黄葉と地を覆う笹(ミヤコザサ)の緑との対象が美しかった。
 
<ガスにつつまれた黄葉の森>
a0158226_20534176.jpg
<黄葉の木々とミヤコザサ>
a0158226_20535997.jpg
 
 



by Mr_Futchan | 2018-11-01 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 丹波篠山の秋景色

 
9月16日は暑かったです。
暑いな〜と思いながらもまだお店が開いてないので篠山城趾周りを回る。
お堀が水鏡となってとても綺麗でした。
<水鏡のお堀>
a0158226_23023512.jpg
<コスモスの蜜は美味しいかな?>
a0158226_23025399.jpg
 
丹波栗をお世話になった人に送るのは
私にとっては恒例の秋の丹波篠山詣でである。
自宅用には焼き栗を買って帰り直ぐに剥いて栗ご飯にしてもらう。
帰り道は咲き誇る彼岸花を撮りながらのドライブとなった。
<畦に咲く>
a0158226_23062603.jpg

<栗も負けずと>
a0158226_23071698.jpg
 
10月になると今度は黒豆の販売が解禁となり更に多くの人が
この街を訪れる。
 
もう一つの私の恒例は帰りに新そばの十割蕎麦をいただくこと。
猪肉、鹿肉、鶏肉を焼きながら蕎麦をいただくのがこのおそば屋さんのスタイルなのだが
私はおろし蕎麦単品での昼食とした。
<おそば屋さん山獲(ヤマドリ)の店内>
a0158226_23073594.jpg
<おろし蕎麦>
 そば湯用の茶碗とそば湯が別に後で出てくる
a0158226_23074974.jpg

 
9月末の空倶楽部の日までしばらくお休みします。
台風、地震が来ませんように!
 

 


by Mr_Futchan | 2018-09-23 00:00 | 自然・四季 | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 小さな池の片隅に

 
鶴見緑地でイトトンボと遊んでいる間も
この池の住人達が時々顔を出した。 
  
<小さな池>
a0158226_20303925.jpg
 
<トノサマガエル>
a0158226_20305906.jpg
 
<クサガメ>
a0158226_20312441.jpg
 
<シオカラトンボ>
a0158226_20315751.jpg
  
例年になく暑い夏。
訪れる人もなく平和な時間が流れていた。 



by Mr_Futchan | 2018-08-07 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 イトトンボと遊ぶ

 
イトトンボを撮るぞーと探してもそれがすぐには見つけられなかったが
やっと暑い中ふらふらと飛んでいる一匹を見つけた。
綺麗〜!
可愛いい〜!
 
<暑いね〜!>
a0158226_21212121.jpg
 
こう暑いと日陰に入っては撮ることを繰り返した。
 
<屈伸運動?>
a0158226_21220043.jpg
 
イトトンボの方もちょっと休んでは場所を転々と変え
お相手を探して何処かに飛んでいった。
 
<視界の効く葉の上に>
a0158226_21221723.jpg
 
 
 

 



by Mr_Futchan | 2018-08-05 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)