トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:旅行(海外)( 317 )

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(2) 〜ベトナム旅行はハノイのCafeから始まって〜

 
 
3月1日
 
関空を午前10時半に発ちハノイには現地時間の13時半ごろ着いた。
関空発組では大阪に住む私以外は
皆さん九州や北陸から来られたので空港に隣接するホテルに宿泊されていて
爆弾低気圧の影響はなかったようです。
 
同じ日成田発の飛行機は爆弾低気圧の影響を受け
結局2時間半の遅れとなった。
関空発組は先にホテルに入り、
成田発組とはタンロン水上人形劇場前で待ち合わすことになった。

時間まで待ち合わせ場所近くのCaféでゆっくりとした。
2階にあるCaféだったので行き交うバイク、人力車を漠然と眺め
まったりとした時間が過ぎていった。
 
<ベトナムコーヒーをいただきながら>
a0158226_22412212.jpg

<人の流れを眺めて>
a0158226_22414456.jpg

<ゆっくりCafeで>
a0158226_22420409.jpg
  
夕食は洗練されたベトナム料理でした。
この日から毎日1度は同じようなメニューのベトナム料理をいただきましたが、
食材が新鮮、添乗のHさんが市場で買った野菜などを1品追加等々
毎回満腹の日々でした。(太ってしまいました。)
よく言われることですがベトナム料理は日本人の舌によく合います。
 
<3月1日夕食>
a0158226_22423376.jpg
 

行程予定表(前半) 

3/1

大阪・東京→

ハノイ(泊)

VN331

1030

1340

空路、東京・大阪よりそれぞれベトナムの首都ハノイへ。着後、ホテルへ。

3/2

ハノイ→

ディエンビエンフー

ムオンライ(泊)

午後発

3時間半

VN8204

朝、ハノイ市内観光(旧市街散策等)。その後、航空機にてフランス軍との激戦地となったディエンビエンフーへ。着後、専用車にてムオンライへ向う。途中、赤モン族の村を訪問する。

 

3/3

ムオンライ

シンホー

ライチョウ(泊)

0800

1700

専用車にてライチョウへ。途中、刺繍を施した黒い衣装を纏ったザオカウ族、白モン族の暮らす標高1,800mの山里シンホーに立ち寄り、ザオカウ族の村を訪問する。

 

3/4

ライチョウ周辺

ライチョウ(泊)

専用車にて、棚田が広がる美しい山上にあるダオサンへ往復観光。着後、ハニ族や白モン族、ザオカウ族、紅い帽子をかぶるダオコド族などが集うダオサンの日曜市を見学する。その後、ランテン・ザオ族の村などを訪問する。

 

3/5

ライチョウ

サパ(泊)

0800
12
00

朝、赤モン族の村を訪問。その後、専用車にてサパへ。途中、ランテン・ザオ族の人々の姿を見る。サパ着後、街の散策をする。

 

3/6

サパ

バックハー(泊)

08:00
18
00

午前中、専用車にて、サパ周辺の少数民族の村を訪問(サフォー族の村、赤ザオ族の村等)。その後、専用車にてバックハーへ。

 (↓Mapはクリックするとおおきくなります。)




 
 
a0158226_09253723.jpg
 
 
   *   *   *    *   *   *
 

一昨日大阪城ホールであった Little Glee Monster のコンサートに行って来ました。
開演は16:00からでアンコールが終わったのは18:35でした。
とても18才〜20才の女の子とは思えない歌唱力に酔いしれました。
***** 
アンコールのかけ声が続く中、舞台のスクリーンに「ライトでむかえましょう!」
の呼びかけが・・・・???
はじめ分からなかったですが
多くの若者がスマホを懐中電灯にして掲げたのでやっと意味が分かりました。
また、最後の最後、バンドの方々も退場した後「記念写真タイム」が設けられた。
こんなの初めて!   (この記念写真の方は不発でした。)
iPhoneの撮影術も磨いとかないとダメですね〜。
 
<ライトのお出迎え> iPhoneで撮影(演奏中以外はOK)
a0158226_20191687.jpg
 
 
  

 

by Mr_Futchan | 2018-03-27 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(1) 〜プロローグ〜

 
3月13日朝ベトナムから帰りました。

今回参加したツァーは「西遊旅行」により企画・催行されたツァーで、
ベトナム最北山岳部ディエンビエンフーからハジャンの小民族の町村を巡り
ここに住む人達の生活や民族衣装をはじめとする文化に触れる13日間のツァーです。
 
途中、小学校や保育園そして結婚披露宴、祭礼にも
飛び入りで参加して充実した内容となりました。
 
メンバーの方は成田発仲良し組5人、関空発組5人と
添乗のHさんという構成、
お天気は最終日の12日に小雨にあった程度で恵まれた条件でした。
 
<チャムド峠(標高1,900m)にて> 現地ガイドのロンさんと関空出発組
a0158226_22093302.jpg
 
3月下旬からしばらく
ヒョッとすると3ヶ月近くかかるシリーズとなります。
お付き合いよろしくお願いいたします。
  
         *      
 
13日の夕食後、
そうくんはクッキーつくりに励んだ。
娘に聞くと
「バレンタインデー」のお礼にクッキーを贈るのだそうだ。
我々の時代とは違うネ。
お風呂に入っている間においしく
出来上がりました。
<精神を集中して>
a0158226_22372474.jpg
<私もお手伝い>
a0158226_22373692.jpg
<美味しくできたねー>
a0158226_20210681.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-15 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム ホイアンの夜

 
仕事を終え訪問先からの帰り
世界遺産の街ホイアンに寄った。
私自身1年前に「ベトナムを撮る」の撮影旅行第一日目にここに来ている。
 
やはりここに訪れて最初に寄るのは「日本橋」です。
(正式名は来遠橋(らいえんばし: Lai Viễn Kiều )というそうです。)
<ライトアップされた橋>
a0158226_21153231.jpg
通行するだけなら無料ということなので
行ったりきたりする人が多い・・・のかな?
とても混んでいました。
<橋の周りは混雑している>
a0158226_21161676.jpg
<橋の中にあるカウ寺>
a0158226_21175580.jpg
 
 
日本橋を訪ねた後は半時間ほど運河の辺りを撮り歩きする。
午後10時頃になると急に人通りが少なくなっていく。
こちらもダナンへ戻ることにする。
<夜は水面に灯籠が>
a0158226_21194357.jpg
<ランタンを売るお店>
a0158226_21201406.jpg
<飲み屋さん>
a0158226_21204288.jpg
<運河の夜景>
a0158226_21211893.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-07 00:00 | 旅行(海外) | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム ダナンの朝

 
2月10日は夜便なのでのんびりと朝を過ごした。
日の出前に部屋を出て海岸に遊びに出る。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<日の出前>
 ホテルのプールの向こうはすぐ海
a0158226_23073247.jpg
 
海岸の波を撮っていると正面から陽が昇ってきた。
くっきりと見えるが水平線に少し雲があったので
ダルマにはならなかった。
<陽が昇る>
a0158226_23074809.jpg
 
海岸を漁を終えた夫婦がオートバイで飛ばしていく。
二人で協力して漁をして、とても幸せそうなご夫婦でした。
<朝の漁を終わって>
a0158226_23100549.jpg
 
何を採っていたのだろう?
まだ海岸に残っている人達がいるので見に行った。
 
ここでは地引網で魚を採っているではなく非常に小さな貝を採っていた。
どのようにして食べるのだろう?
スープなどの出汁をとるのでしょうか。
<今日の獲物は?>
a0158226_23102130.jpg
 
この人達を撮っている間に
セレブの雰囲気を持った女性が写真を撮りに近寄って来た。
<他にも撮っている方がいた>
a0158226_23104261.jpg
彼女の方からスマホで撮って下さいと声をかけてきました。
最後に私のカメラで撮らして貰いました。ラッキー!
<朝陽と共に>
 Vanさん29才です
a0158226_23110516.jpg
 
   *   *   *
  
しばらくしてホテルに戻りゆっくりと朝食をいただく。
<食べ過ぎは禁物>
a0158226_23113368.jpg
 
今日はコメント欄を開けました。
今ベトナムにおりますが
現地ガイドのロンさんに聞いたところ
やはりスープをとるそうです。
 


by Mr_Futchan | 2018-03-05 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム ダナンのホテル

 
2月8日から11日にかけてベトナムのダナンへ出張で行った。
仕事を終え少し空き時間に写真を撮ることが出来ました。
まずホテルの室内を紹介いたします。

ホテルはダナンにある” Hyatt Regency DANANG “5★に連泊でした。
出張に使うにはちょっと良過ぎます。
ただ、水、氷、生野菜は全く心配いらなかった。
<Signboard>
a0158226_21151415.jpg
 
<私の部屋はE106>
a0158226_21164179.jpg
 
<Standard Room 正面>
a0158226_21174597.jpg
 
<Standard Room 窓側から> クローゼットが奥にある
a0158226_21180292.jpg
 
<洗面スペース> 奥はバスルーム
a0158226_21202844.jpg
 
<洗面スペース> 奥はトイレ
 蛇口が2つあるので二人同時使用が可能
a0158226_21205317.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-03-03 00:00 | 旅行(海外) | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム中南部撮影旅行 24/End 〜 帰国の途へ 〜

 
2月23日
午前9時前にホーチンミンを目指して再びファンティエットのホテルを出発する。
しばらく走るとムイネーの名産物ドラゴンフルーツ畑が広がる。
ガイドのナムさんバスを停めてドラゴンフルーツ畑の農家と交渉、
急遽フルーツ採入れモデル誕生!
その場で採り入れたばかりのドラゴンフルーツを試食、購入、先を急ぐ。
ここでナムさん、切ると赤い色のドラゴンフルーツもあり
「必ず食べてもらいます。」という。
<ホテル前>
a0158226_22540792.jpg
<ドラゴンフルーツの採入れ>
a0158226_22542742.jpg

昼食、私はベトナム名物フォーをいただく。
この日は昼食は軽くしてベトナム最後の食事である夕食は少し早く摂ることになる。
<海鮮フォー>
a0158226_22551406.jpg
<エビの養殖場?>
a0158226_22553383.jpg

バスは快調に進み午後3時にはホーチンミンに到着する。
ここで、お土産を買いたい人もいて、ドンコイ通りにあるグランドホテルを待合せ場所
としてフリータイムとなる。
私はホテルでベトナムコーヒーをいただく組に入り疲れを癒す。
<ホーチンミン市街は近し>
a0158226_22561362.jpg
<癒しのコーヒー>
a0158226_22562856.jpg

その後、少し早めの夕食です。
メニュー:蓮の茎のサラダ、生春巻き、イカのガーリックフライ、魚のつみれスープ、
     豚のスペアリブ甘煮、ブロッコリー&カリフラワー炒め
     そしてデザートは、スイカ、パパイヤ、出ました! 赤いドラゴンフルーツ!
<夕食>
a0158226_22574492.jpg
 

赤いラゴンフルーツは白いどラゴンフルーツとは別物で数段美味しかったです。
ナムさんバイクタクシーに乗って我々が食事中に探し回って買ってきてくれました。

ホーチンミンで東京組とお別れ、ハノイを経由して大阪に午前7時に到着。
お疲れ様でした。
西遊旅行のHさん、ガイドのナムさん、ご一緒した皆さん、
楽しい撮影旅行でした。
ありがとうございました。皆さまの健康とご活躍をお祈りいたします。

ベトナム中南部撮影旅行シリーズは今回が最後になります。
長い間おつきあいありがとうございました。
(番外編がワンゴの日、ニャーニャーの日にあります。)
<黎明の空>
a0158226_23003845.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-05-31 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム中南部撮影旅行 23 〜 ムイネー村の朝市 〜

 
夜明けとともに戻ってきた船から荷揚げが始まっていて
浜辺はたちまち市場となる。
<たらい舟が着くと人が集まる>
a0158226_21353238.jpg
<瞬く間に山積み>
a0158226_21355794.jpg
<毎度あり〜>
a0158226_21361810.jpg
<まだ眠たい?>
a0158226_21363989.jpg

市場の横では休む間も無く網の手入れが始まる。
陽に照らさて光る網が印象的でした。
<淡々と網の手入れ>
a0158226_21365790.jpg
<もつれた網はややこしい>
a0158226_21371239.jpg

午前7時の集合時間の頃には、
一仕事終えている人も見かけるが浜の活気は続く。
2時間余りの朝の撮影を終え朝食を摂りにホテルに戻る。
<仕入れ終了>
a0158226_21450942.jpg
<浜一望>
a0158226_21454205.jpg
 
           つづく
 


by Mr_Futchan | 2017-05-26 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム中南部撮影旅行 22 〜 早朝 ムイネーの浜で 〜

 
ベトナム最終日2月23日の朝は
漁船が戻ってくる前のまだ暗い内から地引き網をひく人達がいる
ということで
午前5時前にはホテルを出発し、ムイネー村の砂浜に向う。
下弦の月明かりの海岸に目を凝らすと
数人の人達が網をひいているのが分かりました。
しばらくはピントも露出もマニュアルで撮る。

そのうちに朝が明けてきた。  何という綺麗な朝!
こんな条件で写真が撮れるなんて与えられた幸運に感謝です。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<1>
a0158226_23210783.jpg


<2>
a0158226_23212859.jpg


<3>
a0158226_23214789.jpg
 
          つづく
 


by Mr_Futchan | 2017-05-24 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム中南部撮影旅行 19 〜 赤い砂丘にて 〜

 
モデル母娘さんの撮影を楽しんだ後は
ココナッツジュースを飲みながら休憩、日暮れを待つ。

日没時間が近づくにつれ見晴らしのいい砂丘に観光客が集まる。
シルエットでもお分かりと思うが白人が多い。
やっぱり夕景そのものよりは、そこに集まる人達を撮るのが面白い。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)

<1>
a0158226_10391947.jpg

<2>
a0158226_10394238.jpg

<3>
a0158226_10395879.jpg
            つづく
 


by Mr_Futchan | 2017-05-05 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 ベトナム中南部撮影旅行 18 〜 赤い砂丘の母娘 〜

 
ムイネー村の後は “赤い砂丘の空” で紹介しました本旅行3回目のモデル撮影です。
ムイネー村北側には砂丘が広がっていて
ここの赤い砂丘というところでモデル撮影しました。

モデルは天秤棒を担いだTuトゥお母さんとその娘さんのUtウトさんです。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)

<1>
a0158226_22465442.jpg

<2>
a0158226_09554830.jpg

<3>
a0158226_09561967.jpg

<4>
a0158226_10005805.jpg
 
            つづく
 


by Mr_Futchan | 2017-05-03 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(11)