トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:鉄道写真( 30 )

トランスメディア提供アイコン01 小湊鐵道の恋人 シリーズ6の1(鉄写同好会)

 
11月8日
まこちゃんご夫婦と久しぶりに日程調整がついて約3年ぶりに
小湊鐵道沿線ですーちゃんの撮影をしながら遊んだ。
 
この日は五井駅からいきなり上総大久保駅に車を走らせ
高滝駅、月崎駅に寄った。
お天気の方も晴れ時々曇りで夕方の江川海岸まで持ちこたえてくれました。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
 
<五井駅>
a0158226_21201888.jpg

 
<上総大久保駅>
a0158226_21204047.jpg

<高滝駅>
a0158226_21212066.jpg

<月崎駅>
a0158226_21282535.jpg

 
 
 
                つづく
 


by Mr_Futchan | 2018-11-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 秋の播州路 ( 鉄写同好会2018年10月)

 
北条鉄道はJR加古川線、神戸電鉄粟生線に接続する粟生(あお)駅と北条町駅を結ぶ
旧国鉄から事業を継承し現在の社長は加西市長が務めている。
 
<黄金の稲穂の中を>
a0158226_22260468.jpg
 
粟生駅に向かって
a0158226_22261916.jpg
 
加西市を走る北条鉄道の周りには
五百羅漢、小谷石仏、古法華石仏、大村石仏、山伏峠の石仏群等が
多くありいにしえの人々の祈りを今に伝えています。
 
今回は五百羅漢、古法華石仏を10月6日に訪れた。
(↓コラージュはクリックすると大きくなります。)
 
<古法華石仏>
a0158226_22264044.jpg
 
<五百羅漢>
a0158226_22270023.jpg
 
 
 






 


by Mr_Futchan | 2018-10-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 カナダ極北ユーコン撮影紀行/オーロラ・ツンドラの紅葉 〜 プロローグ 〜 / 鉄写同好会(2018年9月)


8月28日〜9月4日にかけて
クラツーさんが企画・催行した写真家 谷角靖氏同行、内藤TD添乗
「カナダ極北ユーコン撮影紀行/オーロラ・ツンドラの紅葉」に参加しました。
 
<谷角氏と> 2018/9/2撮影
a0158226_15494079.jpg
 

結果を先にお話ししますと、
下のスケジュール通り6回のオーロラ撮影チャンスがあったものの
オーロラらしいオーロラに出会えたのは1回に止まりました。
中々巧くいかないものですね。

【スケジュール】
月 日時 刻交通機関スケジュール
1日目8月28日   
 成田発16:50︎AC004→ バンクーバー
    所要時間:8時間40分
 バンクーバー着9:25 時差:−16時間
 バンクーバー発14:45︎AC8859→ ホアイトホース
 ホアイトホース着17:03 所要時間:2時間17分
    ■谷角靖氏による
  ホテルにてオーロラ撮影テクニック講座
    ■ホワイトホース近郊湖畔にてオーロラ撮影(1回目)
  ホテル戻り AM2:00(オーロラ撮影は全て同じ)
    【ホワイトホース泊】Hotel Westmark Whitehouse
2日目8月29日 専用車ホテルにて朝食後 → ドーソンシティ
    所要時間:8時間
    ■ホテルにて夕食後
   ミッドナイトドーム山からオーロラ撮影(2回目)
    【ドーソンシティ泊】Hotel Downtown Hotel
3日目8月30日 専用車ホテルにて休養
    ■ホテルにて昼食後 → トゥームストーン準州立公園
  ロケハン
    ■ホテルにて夕食後 → 歩いて川面に映るオーロラ
                        撮影(3回目)
    【ドーソンシティ泊】 同上ホテル
4日目8月31日 専用車早朝ホテル出発
    ■トゥームストーン準州立公園ツンドラの紅葉夜明け
     (ホテルにて休養)
    ■ホテルにて夕食後 → 歩いて川面に映るオーロラ
                        撮影(4回目)
    【ドーソンシティ泊】 同上ホテル
5日目9月1日 専用車■撮影しながら、ホワイトホースへ
    ■ホワイトホース近郊の湖畔にて
                  水鏡のオーロラ撮影(5回目)
    【ホワイトホース泊】Hotel Westmark Whitehouse
6日目9月2日 専用車ホテルにて休養
    ■午後、ホワイトホース近郊の湖にて撮影
    ■ホワイトホース近郊の湖畔にて
                  水鏡のオーロラ撮影(6回目)
    【ホワイトホース泊】 同上ホテル
7日目9月3日  チェックアウト後、空港へ
 ホワイトホース発6:00 空路、バンクーバー乗継にて帰国の途へ
 バンクーバー着8:12 ※ ホワイトホース → バンクーバー
 バンクーバー発13:30  所要時間:2時15分
8日目9月4日  ※バンクーバー → 成田
 成田着15:10  所要時間:9時間40分

【MAP】
a0158226_16060451.jpg
 
      *      *     *     *     *

  鉄写同好会(2018年9月) 
 
9月2日 ツァーの最終日にカークロスという人口約300人の村によった。
この村にゴールドラッシュ時代のSLが展示されていた。
 
1898年5月から2年の歳月をかけて、
米国のスキャグウェイからカークロスを経由して
ホワイトホースまで「ホワイト・パス&ユーコン・ルート」が建設されたのだが
皮肉なことにこのルートが開通したころにはゴールドラッシュは終わっていた。
  
<駅前のたたずまい>
a0158226_17291098.jpg
<鉄 路>
a0158226_17293320.jpg
<鉄 橋>
a0158226_17294938.jpg
 
このSLが活躍しだした頃には、
「金」を運ぶというよりは「銅」や「鉛」を運んでいたという。
<お疲れ様>
a0158226_17302688.jpg
a0158226_17305032.jpg
a0158226_17310564.jpg
 
現在、ホワイト・パス&ユーコン・ルートは、
5月下旬から9月上旬の期間において、
カークロスからスキャグウェイまでの約110kmの区間で
観光列車が運行されているとのことである。
(カナダ観光局ウェブサイトより)
 
 
 

 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-09-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 台湾高速鉄道にのって(鉄写同好会)

 
台湾の新幹線は高速鉄道といい空港バスの切符(桃園国際空港→桃園駅)を買うときは
「新幹線」でも「高鉄」でも通じる。
桃園駅から二駅約45分で目的の「台中駅」につく。

<台中駅到着> 自由席520元(約1,900円)
a0158226_17130451.jpg
 
高速鉄道の車両は東海道新幹線の700系新幹線車両がベースとなっているので
乗っていても全く東海道新幹線に乗っているときと違和感を覚えない。
<車 内>
a0158226_18034938.jpg
ただ扉が自動で開かず「開」ボタンを押さないと開いてくれない。
<開ボタン>
a0158226_18041272.jpg
 
台中駅に着くといつも昼食時となる。
7月25日この日も考えるのがメンドクサイので丸亀製麺できつねうどんをいただく。

<台中駅丸亀製麺> 在来線との乗換通路にある
a0158226_18044102.jpg
<きつねうどん> 白身魚フライをつけて146元(約530円)
a0158226_18050307.jpg
 
   *   *   *
 
台湾に着いたとき気温は31℃程度でしたが、26、27日は35℃まで上がり
効き過ぎたクーラーと炎天下の現場との往復で体調を崩してしまった。
幸い仕事の方は1日早く終わり、
また台風12号接近で欠航となるのが怖かったので28日帰国の途についた。
<台中駅出発>
a0158226_18052724.jpg
<桃園空港にて>
a0158226_18172233.jpg
 
 
 


 

 


by Mr_Futchan | 2018-08-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 小湊鐵道 紫陽花が咲く頃(鉄写同好会)

 
大雨がつづき写真撮影に行きたくても高速道路は土砂崩れで通行止めとなり、
計画していたヒメホタル写真は全て来年へ延期した。
 
もう小湊鐵道には1年半以上行っていない。
蔵出し写真とはゆえ、こんな風に写真を整理できる時間がもてることに感謝する。
 
一昨年紫陽花が咲く頃
すーちゃんのプチ撮影会やホタル鑑賞会をした次の日
まこちゃんご夫婦に廻っていただいて撮った里山号とキハです。

<牛久駅手前にて>
a0158226_09472035.jpg
 
<青田を行くキハ>
a0158226_09473738.jpg
 
<トンネルを抜けて>
a0158226_09435158.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2018-07-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 白い峰々を背にして (鉄写同好会2018年6月)

 
5月6日
砺波平野の朝陽に輝く水鏡を撮って引き上げるとき
隣で三脚を据えていた方が
これから立山インターを降りた近くの相ノ木駅の奥の田んぼで
北アルプスを背景にした富山地方鉄道を撮りに行きますとのこと。
いい情報を教えていただいた。
光は午後からの方がいいとのことでしたので
大まかな場所を教えて貰って私は五箇山に向かった。
 
その後五箇山からの帰り、その方と合流し撮った中の1枚がこの写真です。
陽が列車に射さなかったのが残念ですが・・・。
 
<白い峰々を背にして> 右に位置するのが剣岳です
a0158226_07502716.jpg

by Mr_Futchan | 2018-06-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 JR山陽本線 白市駅にて(鉄写同好会)

 
JR白市駅は山陽本線広島シティネットワークの東端駅で、
岩国駅や広島駅から当駅終着・始発となる列車が日中の約半数となっている。

4月1日白市駅の桜は満開。
この駅で30分ほど行き来する電車を追った。
<白市発RedWing227系>
a0158226_19222861.jpg
<白市着RedWing227系>
a0158226_19225005.jpg

時間よっては白市駅より先へ行く黄色い115系電車が停車する。
<福山行き115系>
a0158226_19230732.jpg

 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-04-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 ロートホルン鉄道に乗って(鉄写同好会2018年2月)

 
蔵出し写真です。

2014年のスイス撮影旅行では
最初(ピラトス)と最後(ロートホルン)に登山鉄道をもってきた。
 
ロートホルンではお天気には恵まれず雨の朝をむかえた。→ ロートホルンの記事にリンク
 
下山時間が近づいた10時頃から霧が晴れてきて
ブリエンツ湖も少し顔を出す。
<霧の晴れ間>
a0158226_00041776.jpg
 
数列車撮ってから11時の列車で下山した。
途中、前に乗った赤ちゃんが和ませてくれた。
<なんて可愛い赤ちゃん>
a0158226_00043912.jpg

a0158226_00045191.jpg

ブリエンツ湖が間近に見えてきて、50分の鉄道の旅が終った。
この日はチューリッヒ近郊のクローテンに泊まり帰路についた。
<いよいよ執着駅>
a0158226_00054956.jpg
 
 
 




by Mr_Futchan | 2018-03-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行より(鉄写同好会2018年2月)

 
蔵出し写真です。

今回は2014年7月10日〜22日に写友H氏と行った
スイス撮鉄旅行の蔵出し写真です。
 
チューリッヒから列車に揺られること45分のところにある
ルツェルン駅での様子です。
 
<始発駅>
 夏休みに入ってどこかにサマーキャンプにいくのでしょうか?
 子供達もハリキッテいるようでした (お父さんはお仕事かな・・・)
a0158226_19442590.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-02-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 227系RedWing vs 115系 (鉄写同好会2018年1月)

 
息子の家の前を走る山陽本線は
急勾配区間の鉄道難所である通称「瀬野八」の通過する区間であるこから
急勾配に強いJR227系RedWingと国鉄時代配置された「ひろしまシティ電車」115系が投入されている。

それでも線路が滑って運休する日もあるらしく
先月息子が仕方なく同僚とタクシーに乗って帰宅したという。
 
<227系RedWingA19>
a0158226_18191527.jpg
 
<115系3000番台L01>
a0158226_18193239.jpg
 
時折りこれらの編成車両が上りと下りで息子の家の前交差する。
この二世代の交差風景も115系の廃車が進んでいることから得難いものなっていくだろう。

<227系RedWing vs 115系>
a0158226_18201274.jpg
 
 
 



 


by Mr_Futchan | 2018-01-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(2)