トランスメディア提供アイコン01 2015年 05月 05日 ( 1 )

トランスメディア提供アイコン01 安曇野 常念道祖神

 
 * 道祖神 * * *(ウィキペディアより)← Link
 

道祖神(どうそじん、どうそしん)は路傍の神である。

集落の境や村の中心、 村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、松尾芭蕉の「奥の細道」では旅に誘う神様として冒頭に登場する。村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰されている。古い時代のものは男女一対を象徴するものになっている。餅つき(男女の性交を象徴する)などにもその痕跡が残る。


安曇野には沢山の道祖神が点在している。→道祖神マップにLink
桜巡りで回った田多井の近くにも常念道祖神というのがあり
この傍に桜もありましたがどこもここも全て満開の桜でアタリということはなく、
ここの桜は色あせ小雨の中では訪れる人もなく静かにたたずんでいました。

<常念道祖神> 後ろには常念岳があるのですが

a0158226_21131730.jpg

 

 * * *    * * *

 

明日6日に終了します「クリエイトフォトコンテスト」Part2 に参加した写真です。

<高原をゆく>

a0158226_21205345.jpg
<麗らかな午後に>
a0158226_21245462.jpg






by Mr_Futchan | 2015-05-05 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)