トランスメディア提供アイコン01 カナダ極北ユーコン撮影紀行/オーロラ・ツンドラの紅葉 〜 プロローグ 〜 / 鉄写同好会(2018年9月)


8月28日〜9月4日にかけて
クラツーさんが企画・催行した写真家 谷角靖氏同行、内藤TD添乗
「カナダ極北ユーコン撮影紀行/オーロラ・ツンドラの紅葉」に参加しました。
 
<谷角氏と> 2018/9/2撮影
a0158226_15494079.jpg
 

結果を先にお話ししますと、
下のスケジュール通り6回のオーロラ撮影チャンスがあったものの
オーロラらしいオーロラに出会えたのは1回に止まりました。
中々巧くいかないものですね。

【スケジュール】
月 日時 刻交通機関スケジュール
1日目8月28日   
 成田発16:50︎AC004→ バンクーバー
    所要時間:8時間40分
 バンクーバー着9:25 時差:−16時間
 バンクーバー発14:45︎AC8859→ ホアイトホース
 ホアイトホース着17:03 所要時間:2時間17分
    ■谷角靖氏による
  ホテルにてオーロラ撮影テクニック講座
    ■ホワイトホース近郊湖畔にてオーロラ撮影(1回目)
  ホテル戻り AM2:00(オーロラ撮影は全て同じ)
    【ホワイトホース泊】Hotel Westmark Whitehouse
2日目8月29日 専用車ホテルにて朝食後 → ドーソンシティ
    所要時間:8時間
    ■ホテルにて夕食後
   ミッドナイトドーム山からオーロラ撮影(2回目)
    【ドーソンシティ泊】Hotel Downtown Hotel
3日目8月30日 専用車ホテルにて休養
    ■ホテルにて昼食後 → トゥームストーン準州立公園
  ロケハン
    ■ホテルにて夕食後 → 歩いて川面に映るオーロラ
                        撮影(3回目)
    【ドーソンシティ泊】 同上ホテル
4日目8月31日 専用車早朝ホテル出発
    ■トゥームストーン準州立公園ツンドラの紅葉夜明け
     (ホテルにて休養)
    ■ホテルにて夕食後 → 歩いて川面に映るオーロラ
                        撮影(4回目)
    【ドーソンシティ泊】 同上ホテル
5日目9月1日 専用車■撮影しながら、ホワイトホースへ
    ■ホワイトホース近郊の湖畔にて
                  水鏡のオーロラ撮影(5回目)
    【ホワイトホース泊】Hotel Westmark Whitehouse
6日目9月2日 専用車ホテルにて休養
    ■午後、ホワイトホース近郊の湖にて撮影
    ■ホワイトホース近郊の湖畔にて
                  水鏡のオーロラ撮影(6回目)
    【ホワイトホース泊】 同上ホテル
7日目9月3日  チェックアウト後、空港へ
 ホワイトホース発6:00 空路、バンクーバー乗継にて帰国の途へ
 バンクーバー着8:12 ※ ホワイトホース → バンクーバー
 バンクーバー発13:30  所要時間:2時15分
8日目9月4日  ※バンクーバー → 成田
 成田着15:10  所要時間:9時間40分

【MAP】
a0158226_16060451.jpg
 
      *      *     *     *     *

  鉄写同好会(2018年9月) 
 
9月2日 ツァーの最終日にカークロスという人口約300人の村によった。
この村にゴールドラッシュ時代のSLが展示されていた。
 
1898年5月から2年の歳月をかけて、
米国のスキャグウェイからカークロスを経由して
ホワイトホースまで「ホワイト・パス&ユーコン・ルート」が建設されたのだが
皮肉なことにこのルートが開通したころにはゴールドラッシュは終わっていた。
  
<駅前のたたずまい>
a0158226_17291098.jpg
<鉄 路>
a0158226_17293320.jpg
<鉄 橋>
a0158226_17294938.jpg
 
このSLが活躍しだした頃には、
「金」を運ぶというよりは「銅」や「鉛」を運んでいたという。
<お疲れ様>
a0158226_17302688.jpg
a0158226_17305032.jpg
a0158226_17310564.jpg
 
現在、ホワイト・パス&ユーコン・ルートは、
5月下旬から9月上旬の期間において、
カークロスからスキャグウェイまでの約110kmの区間で
観光列車が運行されているとのことである。
(カナダ観光局ウェブサイトより)
 
 
 

 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-09-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://futchan.exblog.jp/tb/238749132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 藍 詩 (アオシ) at 2018-09-11 15:34 x
こんにちは。

線路の切ない画像・・・

鉄の冷たさが行きかう電車、人々の想いが伝わる作品ですね。

珍しいSLの写真もありがとうございます。

父はSLマニアです。

今はもうコレクションは手元にありませんが、年少の頃を思い出しました。
Commented by chacha○ at 2018-09-11 20:13 x
カナダ、オーロラ、ツンドラの紅葉
も〜素敵な名前がズラリ
古い小さなSL、一所懸命走って居たんでしょうね〜
Commented by lunaya at 2018-09-11 21:25 x
Futchan さま

今回の旅はカナダでしたか?!
お疲れ様でした。
一足、二足早く、秋の香りも
撮影されたのですね!
貴重なオーロラのお写真も
すごく楽しみです~。

鉄写同好会の写真も素敵です!
Commented by 笑子 at 2018-09-12 21:06 x
★「カナダ極北ユーコン撮影紀行/オーロラ・ツンドラの紅葉」★
なんと魅惑的なツアー名( *´艸`)
しかも写真家さん同行~~!!!
いいですね~
1回でもオーロラ撮影できてよかったですね(^^)v
楽しみにしています
Commented by 藍 詩 (アオシ) at 2018-09-13 14:03 x
こんにちは。

空倶楽部(貴サイト)へのリンクを当ブログから貼らせていただきました。
ご確認いただけましたら幸いです。
https://www.takeblo.com/link/

リンクページをお持ちでしたら、次回更新時にリンクを貼っていただければ嬉しいです。

心の交差点
https://www.takeblo.com/
Commented by bara at 2018-09-13 21:19 x
こんばんは

カナダへ・・でしたか。
広くて素敵なんでしょうね。

バンクーバーには叔父叔母夫婦と従妹たちが元気に暮らしています。
いつか行こうって思いながら行けず^^;;

オーロラ・・楽しみ~。

<< カナダ極北ユーコン撮影紀行 ②... 散歩道の「映り込みの空」 by... >>