トランスメディア提供アイコン01 長岡まつり大花火大会 その1

  
幸運にも8月2日のカメラマン席が当たり
8月2日、3日と『長岡まつり大花火大会』に行ってきました。
もの凄い花火大会でその綺麗さと規模に圧倒されました。
 
<新潟市上空> 水田のパッチワークが綺麗でした
a0158226_12304831.jpg
 
1組みのカメラマン席には2人が入れます。
はじめ予定していた方は都合が悪くなって1ヶ月ほどお供する方を探していました。
FaceBookのお友達で花火撮影にはまっている方に声をかけたところ、
速攻手を挙げてくれました。
また偶然にも「空倶楽部」のメンバーさんだったのでこれまたビックリ。
世の中狭い!
(↓花火の写真はクリックすると大きくなります。)
 
<10号花火> 慰霊と平和への祈り
a0158226_12334193.jpg

 
<ナイヤガラ超大型スターマイン>
a0158226_12340607.jpg
a0158226_12342755.jpg

 
これまで山の上からや数キロ離れた対岸から撮っていたので
標準ズームや中望遠ズームをつかってました。
今回は勝手が違いレンズは18-35mm f/3.5-4.5を使用。
 
また、発射地点が近いため
白飛びが気になったのでND16を付けてISO感度は32相当〜80、
露光時間はバルブ撮影で6〜8秒でした。
一発撮りの30秒を超える長時間露光は出来ていません。
 
<超大型スターマイン>
a0158226_12351396.jpg
a0158226_12401318.jpg
a0158226_12403616.jpg

私は長岡の花火についてあまり下調べ、勉強をしていませんでした。
次の花火は復興祈願花火「フェニックス」で、
夜空を覆い尽くすこの花火は長岡花火の名物の一つです。
色々とこの辺のところはお伴してくださったKmoriさん(←リンク)に教えていただきました。
流石に撮り方も巧いです。
 
<復興祈願花火「フェニックス」> (↓下2枚は比較明合成しています。)
a0158226_12463124.jpg
a0158226_12465386.jpg
a0158226_12470969.jpg
 
 
 
お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

by Mr_Futchan | 2018-08-10 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://futchan.exblog.jp/tb/238696784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 笑子 at 2018-08-10 15:10 x
すごい~~ヽ(^o^)丿
テレビで生中継していました(*^_^*)
空倶楽部で・・って!!あのかたですね♪♪
カメラマン席というのがあるなんて!!
二人なら なお楽し♪
素敵な撮影★よかったですね★
Commented by chacha○ at 2018-08-10 20:11 x
美しい!
カメラマン席があるのはいいですね!
豪華絢爛ですね。
Commented by Kmori at 2018-08-11 08:58 x
おはようございます!(=^・^=)
花火、綺麗に撮られていて流石ベテランさんだな~と!
幸せを呼ぶ『青いフェニックス』もバッチシですね!
特に2日目は最高のお天気、TVで『いいな』『いいな~!』と
思いながら見ていました。
今日は午後からお台場の花火に行って来ます。
天気予報では弱い雨なのでどうなることやら。。。!
Commented by marsfan2015 at 2018-08-11 18:44
わぁー 綺麗~☆彡
カメラマン席があるのですね
一度は見に行きたい花火大会です
             ゆっきー
Commented by snowdrop-nara at 2018-08-12 18:28
こんばんは。snowdropと申します。
長岡花火はテレビで見ましたが、感動しました。
祈りを込めた10号花火、貴記事に載せておられるのを拝見し、嬉しくなってコメント差し上げました。
いつか川面に映える花火をじかに見たいです。
カメラは下手なので、
このような不死鳥(フェニックス)をはじめ
見事な写真を撮ることはできないでしょうが…
素晴らしい記事をありがとうございました。
Commented by milletti_naoko at 2018-08-14 16:26
花火、色も大きさも模様もとりどりで、美しいですね。
みごとな花火にも感嘆しましたが、新潟にこんなに緑の水田が一面に広がっている
ところがあるんだということにも、うれしくなりました。

<< 台湾高速鉄道にのって(鉄写同好会) 青い空 白い雲 by 空倶楽部 >>