トランスメディア提供アイコン01 ベトナム最北の地を巡って(4) 302_2 〜赤モン族の村を疾風の如く〜

 
ディエンビエンフー空港には16:30過ぎに到着。
専用車2台(フォード・トランジット)に成田発組、
関空発組が分乗し、宿のあるムオンライに急行する。
<ディエンビエンフー空港>
a0158226_16214276.jpg
日暮れとの競争で
赤モン族の村と思われる村々を幾つも通り過ぎ
18時過ぎに一軒の農家にお邪魔した。
 
<幾つもの村を通り過ぎ>
a0158226_16235601.jpg
 
村はソロン村といい赤モン族の村である。
奥さんが服をミシンで縫っていて若旦那が横に寄り添っていた。
もとの赤やピンクの生地はプリント生地だそうですが
それでもスカートをミシンで仕上げるとは昭和主婦の鏡のような若奥さんです。 
<手慣れたミシン操作>
a0158226_16241804.jpg
<爽やかな夫婦>
a0158226_16243654.jpg

もう暗くなりかけていたので撮影するにはギリギリの明るさでした。
洗濯物はフラッシュをたくと艶やかに写りました。
<艶やかな赤モン族のスカート> 
a0158226_19380963.jpg
 
 
子供達が興味ありげに付かず離れずパフォーマンスをする。
この雰囲気! ベトナムでの撮影はこれでなくては!
 
<寄ってきた子供達>  (↓写真はクリックすると大きくなります。)
a0158226_07164574.jpg

 
           つづく
 
 
 


by Mr_Futchan | 2018-04-01 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://futchan.exblog.jp/tb/238409099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 笑子 at 2018-04-01 16:55 x
縫われた衣装の赤が印象的ですね
子供たちは外で元気に
泥だらけになって遊ぶ!
元気な村だ!そんな感じがします
Commented by Mr_Futchan at 2018-04-01 18:24
★笑子さま

どこの子供達も男の子は泥だらけ
ですね。
自然と男の子と女の子は別れて
遊んでますね。
早くからお互い意識しているのかな?
Commented by chacha○ at 2018-04-01 18:51 x
1枚目、光芒に飛行機 カッコいい!
綺麗な民族衣装ですね〜
赤色が艶やかです。
Commented by Mr_Futchan at 2018-04-01 19:40
★ chacha◯さま

この飛行機尾翼の方から出入りするので
席は後ろの方から席が埋まっていきます。
この空港に着いた時西日の光芒が綺麗で
それに荷物がなかなかきそうに
ないので(写真からまだ荷物を降ろして
いるのが分かると思います。)
わざわざ戻って撮りました。
Commented by てくっぺ at 2018-04-01 22:01 x
ベトナムでも、奥まった場所なのでしょうかね。
行ってみたいですね。^±^ノ
都市部はにぎやかですよね。^±^
トゥクトゥクが、町中を駆け回ってますね。^±^ノ
Commented by lunaya at 2018-04-02 23:41 x
Futchan さま

1枚目の飛行機のお写真、素朴とも思える
飛行機に降り注ぐ光芒が、わたしも素敵だと
思いました。

うわぁ、シャイな表情、笑顔が素敵ですね~!
人々の暮らしをそのままに、
てらいのないとらえ方で
生き生きと撮影されるFutchanさん!
今回もその技を大いに発揮されたようですね。(笑)
続きも楽しみです。
Commented by Mr_Futchan at 2018-04-03 06:09
★てくっぺさま

トゥクトゥクという言葉が出て来る
ところが物知りですね。
私はこと言葉が分からず調べました。
ベトナム奥地の山岳地帯は少数民族の
多くが住んでいて独特の文化があります。
日本の戦前の様な住環境ですが
スマホに衛星放送が急速に浸透し
人々の価値観が急変してきているようです。
早く行かれた方がいいですよ。
Commented by Mr_Futchan at 2018-04-03 06:20
★lunayaさま
飛行機の写真は背景がよかったですね。

この若奥さんの写真が撮れなかったら
この日の訪問記事はパスしてたかも
知れません。
私以外はほぼ観光がメインなので
撮影はしやすかったです。
また、ガイドのロンさんは他の
撮影ツァーのガイドもしてる方で
撮影ツァーで行くポイントも廻まり
沢山の写真が撮れました。

<< ベトナム最北の地を巡って(5)... ベトナム最北の地を巡って(3)... >>