トランスメディア提供アイコン01 仁淀ブルーを求めて(その5/End)安居渓谷の上流へ

 
安居渓谷屈指の癒しスポットが飛龍の滝なのですが、
中津渓谷で時間を食いすぎて、この滝に着く時間が遅くなってしまった。
この辺りの岩は緑色のものが多い。
光線が入るとどんな色になるのでしょうか。
更に上流の水晶淵に着いた頃には薄暗くなってしまった。
 
<飛龍の滝>
a0158226_21433031.jpg

 
<緑色の沢>
a0158226_21434756.jpg

 
<水晶淵の紅葉>
a0158226_21442583.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-12-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : https://futchan.exblog.jp/tb/238085722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chacha○ at 2017-12-21 20:13 x
秋の渓谷、滝 いいですね!
飛び散る水飛沫、水音が聞こえてきそうです。
Commented by かず某 at 2017-12-21 22:56 x
こんばんは〜
この季節の渓谷、、、。
紅葉が絡んでとっても良い感じになりますね。
もっと冷えると滝も凍るのでしょうか?
Commented by bara at 2017-12-22 22:15 x
緑色の岩肌・・赤や緑・・色んな色が楽しめたんですね。
透明度が凄い~。綺麗~!でも冷たそうだし寒そう~~。

<< 秋の閑谷学校(1) みなとみらいの夜空 by 空倶楽部 >>