人気ブログランキング | 話題のタグを見る

トランスメディア提供アイコン01 ■ 由良川橋梁の空 by 空倶楽部


今日は空倶楽部の日です。330回目の参加です。

4月16日
京都丹後鉄道(丹鉄)の由良川橋梁にキハを撮りに行った。
丹鉄は、旧国鉄時代に敷かれた「宮津線」(西舞鶴-宮津-天橋立-豊岡)と
日本鉄道建設公団が建設した「宮福線」とを運営する鉄道会社です。
<由良川橋梁の空
■ 由良川橋梁の空 by 空倶楽部_a0158226_20421925.jpg
 
所有車両は、MF100形・200形(200形はトイレ無)、
KTR700形・800形(800形はトイレ無)及びKTR300形で全てディーゼル気動車です。
また主要車両であるKTR700形・800形は、
塗装色によって「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」と名付けられた車両や
ラッピングされて「丹後ゆめ列車」「丹後ゆめ列車II」の愛称をもつ車両がある。
<薄暮の空のもと
■ 由良川橋梁の空 by 空倶楽部_a0158226_20423533.jpg
 
日中に上下6車両、暗くなってから上下4車両撮りました。全てKTR700形・800形の車両?と思われます。
月が顔を出したのが19:00過ぎ、長時間露出で気動車の動きをとらえた。
<月夜の空に>
■ 由良川橋梁の空 by 空倶楽部_a0158226_20425487.jpg
 
 


# by Mr_Futchan | 2022-05-19 20:47 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 □ 沖縄の記憶

 

2022年5月15日の沖縄返還50年を機に当時のワンダーフォーゲル部の部誌「霧」第21号と私のアルバムから記録を拾ってみた。

 

沖縄返還の1年前の1972年、ワンダーフォーゲルの「里活動」として沖縄県久米島仲里村(現久米島町(H14年具志川村と合併))に行きました。当時沖縄の通貨はドル、車は右側通行、渡航には沖縄限定のパスポートが必要でした。

また、私の親族の話をすれば、私の叔父は昭和20年5月24日沖縄戦にて特別攻撃隊の一員として沖縄の海に散っています。

 

部誌の記事から。

『自分は沖縄問題をあまり知らないので行くことを躊躇すると言う意見もありました。沖縄の人と議論などできるわけもなく、専ら聞き手としてまわることが予想された。しかし、予備知識と自分なりの考えを練っておくことは聞き手としての一種のエチケットと言えよう。そこで沖縄について勉強を始めた。』… このような議論をしている頃、我々の里活動を受け入れてくれると久米島仲里村が手を挙げてくれた。

 

活動後記より。

『我々は何かを知ろうとして沖縄に行った。しかし、1週間やそこらで知れるわけもない。我々は分かってないことをよく承知している。今回の里活動は、自分の無力さ、自分達の身勝手さを知った上で遂行した。考えてみれば、海や空が美しいこと、これは本来当たり前のことなのだ。それを失ってしまった都会人が訳知り顔でやってきて、感情的な言葉を撒き散らす。温情、れんびん。それを沖縄の新聞のコラムは「女の深情のように意地汚い。」と書いていた。』

自分は沖縄に行って後悔したことはない。私の物事の捉え方や人生に何らかの糧になると信じている。

 

   *   *   *   *   *

 

3/12 大阪港発9:00〜神戸港11:00〜[ 関西汽船”黒潮丸” ]〜〜

3/13 奄美大島10:10〜那覇港着19:10 那覇港発19:40〜バス〜琉球大学着21:10

3/14 泊港12:00〜久米島 具志川港着16:00

<Kさんの家族と休日を楽しむ写真><漁やもずく取りに出かけたAさん宅の船> 

□ 沖縄の記憶_a0158226_00061277.jpg

<子供たちと浜で遊ぶ> 一仕事してから遊んでいます

□ 沖縄の記憶_a0158226_00062024.jpg

仕事を終えて、夜は出産祝いの席にお呼ばれしたり、昼から島の文化遺跡、鍾乳洞や奥武島にも連れてってもしていただいた。

廻ったところは今は久米島の観光資源となっています。

3/21 夜、Kさん宅にて、反省会/送別会を開いてもらった。

<たたみ石にて>


 

<久米島を離れる日>

□ 沖縄の記憶_a0158226_00063653.jpg

3/22 久米島 具志川港発11:10〜泊港〜琉球大学着16:00

3/23 Kさんのご好意で本島南部戦跡をめぐる。

 琉球大学ではワンダーフォーゲル部の部室に往路で1泊、復路で2泊させていただいた。

 部室には、本島北部にある山小屋と西表島の模型が置いてあった。

 23日には交歓会を催していただき、夜8:00〜2:00まで座の真ん中の鍋に泡盛をたっぷり入れて

 酩酊しながら語り合い歌を歌った。

 (当時琉球大学は首里城跡にありました。)

<沖縄本島にて>

□ 沖縄の記憶_a0158226_00064577.jpg

 

本里活動では沢山の方にお世話になりました。

当時の久米島仲里村の皆様

琉球政府大阪事務所の皆様

琉球大学ワンダーフォーゲル部の皆様

今更ながら大変お世話になりありがとうございました。

 

本当に学生のクラブ活動に理解のあった時代でもありました。

 






# by Mr_Futchan | 2022-05-15 00:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 5月5日の空『舟屋に掛かる天の川』 by 空倶楽部

 
空倶楽部はかず某さんchacha○さが中心となって
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は329回目の参加です。
5月9日のお題は『5月5日の空』です。

   *   *   *  
 
5月4日、5日と24時間快晴の日が2日続いた。
2日目の5月4日から5日かけて夜は初め丹後半島の棚田に向かったのだが、
ロケハンした1ヶ月前とは様相が変わっていた。
真夜中ではあったが急遽撮影地を舟屋のある伊根に変更した。
ここも1ヶ月前に訪れているので駐車場も分かっていたし、
三脚を立てる位置もイメージしていたので迷いはなかった。
 
現場に着いた5日の午前2時前、天の川も登り始めていた。
予想外だったのは、駐車場の一つが無人駐車場であるにもかかわらず営業時間外だったこと。
もう一つが、点滅する赤信号の光が舟屋を赤く染めてしまうことでした。
これはPhotoshopで処理しました。
日本の原風景の空に掛かる天の川、大体イメージ通りの写真が撮れた。
 
5月5日の空『舟屋に掛かる天の川』 by 空倶楽部_a0158226_22462122.jpg
 
 
1ヶ月前に撮った伊根にある「松蔵寺の桜」です。
ブルーモーメントの中にライトアップされた桜が見事でした。
 
5月5日の空『舟屋に掛かる天の川』 by 空倶楽部_a0158226_22525366.jpg
 
 
 





 

# by Mr_Futchan | 2022-05-09 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 惣郷鉄橋の空 by 空倶楽部

惣郷(そうごう)鉄橋は山陰本線 須佐駅―宇田郷駅間にある

白須川に架かる全長189mの鉄道橋です。

424日夕陽が落ちる寸前益田行き普通列車が通り過ぎて行った。

目の覚めるような綺麗な空だった。

惣郷鉄橋の空 by 空倶楽部_a0158226_23112328.jpg


# by Mr_Futchan | 2022-04-29 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 春の夜空 by 空倶楽部

 
「桜はナマモノ」急遽4月9日に奈良宇陀市にある又兵衛桜へ車を走らせました。
桜は満開、夜は快晴、月齢は8.9。
これを逃してはなるまいと思いは皆同じ。
現地には4月10日の午前1時過ぎに到着しましたが、
駐車場はもう満車近く何とか駐車することができました。
 
桜の前は三脚が立錐の余地もなく林立してました。
何とか南東に向く位置に隙間を見つけ三脚を立てた。
午前2時過ぎから多くのカメラマンが撮影態勢に入り
裕に200人超えの人が又兵衛桜の前に集まり黙々とシャッターを押していました。
まあ、これ程人が集まるとエチケット違反をする我儘強者も現れます。
人が多く集まる撮影は気分を害することがあって、やっぱり非蜜の場所がいいですね。
 
春の夜空 by 空倶楽部_a0158226_18013786.jpg

# by Mr_Futchan | 2022-04-19 18:01 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(5)