トランスメディア提供アイコン01 <   2017年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 ゆく年 〜お世話になりました〜

 
皆様方のコメントがとても励みになりました。
来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。

 

(↓写真はクリックすると大きくなります。)

a0158226_19054070.jpg


by Mr_Futchan | 2017-12-31 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 雪国の空 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は勝手に参加したものも含め159回目の参加です。
 
   *   *   *   *   *

12月19日〜21日にかけて富山氷見・五箇山、岐阜白川郷を廻った。
もうこのコースは3回目でしょうか?
毎日雪が降っては日が照って、
どちらかと言うとベタユキの中の走行でした。
 
<冬の五箇山>
a0158226_10142319.jpg
 
<雪の晴れ間>
a0158226_10145453.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-12-29 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 秋の閑谷学校(3)

 
史跡旧閑谷学校の奥は、
紅葉に囲まれた資料館へとつづく。
 
<資料館へとつづく径> 
a0158226_21514251.jpg
 
後で知ったのだがこの日(11月14日)の午後は全国的に霧に包まれたようだ。
霧を抜けてくる日の光が紅葉に当たると、
強い光と雫のきらめきが何とも言えない光景を創り出す。
 
< 鮮烈な光 >
a0158226_11383351.jpg
<紅・黄グラデーション>
a0158226_11472477.jpg
<赤いきらめき>
a0158226_11404171.jpg
 
この日は午前中の雨でにわか観光客も少なく、
また外国人観光客のコースからも外れている?ので
静かに撮影することができ、
雨上がりの閑谷学校を堪能しました。
 
<鯉の紅葉狩り>
a0158226_11405688.jpg
 
 


 
 
 



by Mr_Futchan | 2017-12-27 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 秋の閑谷学校(2)

 
紅葉を撮っている間に雨がすっかりやんだ。
ここは楓の紅葉も綺麗なのだが、
秋の閑谷学校の主役は櫂の木の黄葉です。
 
<色づく櫂の木>
a0158226_10540197.jpg

 
陽が射してきて黄葉が目に眩しくなってくる。
ここの櫂の木は日本に1915年中国孔林からやってきた種子から育った1本で
樹齢は100年を超えている。
 
<陽も射して>
a0158226_10542579.jpg
 
更に私が撮りたかったのは
国宝の講堂の磨き抜かれた床に映り込む櫂の木の黄葉です。
 
<講堂に映り込む黄葉>
a0158226_10545069.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-12-25 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 秋の閑谷学校(1)

 
11月14日はあいにくの朝から雨模様。
昼から雨があがるとの予報であったので
仁淀川の帰りは急遽岡山の閑谷学校に寄った。

閑谷学校に着いた頃にはまだ小雨が残っていました。
綺麗に染まった紅葉を見ながら車内で昼食を済ませたのだが
辛抱たまらずカッパを着て外に飛び出す。
 
<雨粒を纏う>
a0158226_20041589.jpg

 
<落ち葉>
a0158226_20043167.jpg
 
小雨のお天気のお陰でしっとりとした雰囲気で
染まった紅葉の色がデジタルセンサーに映る。
 
< 秋 彩 >
a0158226_20044750.jpg
 
 
 

by Mr_Futchan | 2017-12-23 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 仁淀ブルーを求めて(その5/End)安居渓谷の上流へ

 
安居渓谷屈指の癒しスポットが飛龍の滝なのですが、
中津渓谷で時間を食いすぎて、この滝に着く時間が遅くなってしまった。
この辺りの岩は緑色のものが多い。
光線が入るとどんな色になるのでしょうか。
更に上流の水晶淵に着いた頃には薄暗くなってしまった。
 
<飛龍の滝>
a0158226_21433031.jpg

 
<緑色の沢>
a0158226_21434756.jpg

 
<水晶淵の紅葉>
a0158226_21442583.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-12-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 みなとみらいの夜空 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は勝手に参加したものも含め158回目の参加です。
 
   *   *   *   *   *

11月21日 急に出張がありその日の内に仙台から横浜へ移動した。
あくる22日は川崎へ。
その合間をぬってみなとみらい地区をロケハンした。
寒空のランドマークタワーや観覧車の美しさに目を奪われる。
次の日、すーちゃんが海を渡って来てくれましたが
雨が降り出し寒〜い撮影となりました。
このときの写真の掲載は来年になります。

<みなとみらいの夜空>
a0158226_09042414.jpg
<クリスマスツリー> 
a0158226_22101504.jpg
 
 

 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-12-19 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 仁淀ブルーを求めて(その4)Blue deep water

 
中谷渓谷雨竜の滝を後にする正午頃には少し陽が射した瞬間があった。
<中谷渓谷遊歩道>
a0158226_22090439.jpg
 
陽が射した淵は本当に綺麗なブルーであった。
<日が射した瞬間>
a0158226_22092988.jpg
 
陽が射したのは束の間でしたが
青い流れ「仁淀ブルー」を撮りながら駐車場に戻る。
<Blue 1>
a0158226_22094674.jpg
<Blue 2>
a0158226_22102095.jpg
<Blue 3>
a0158226_22100246.jpg
 
 
 




by Mr_Futchan | 2017-12-17 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 箕面公園で紅葉がり by ワンゴの日

 
今年の紅葉は早いというので11月14日に箕面公園を訪れた。
滝道は台風21号の被害(土砂崩れなど) により、
瀧安寺よりさき全面通行止め(解除未定)でした。
 
私としては例年撮るのは瀧安寺、西江寺なので
撮影コースに変わりはない。
瀧安寺白壁の紅葉の木は早染まりモミジなので今回も遅かった。
なかなか全てが一斉に色づくのは数年に1回かも知れません。
 
<瀧安寺白壁の紅葉>
a0158226_20014329.jpg
<白壁に映える>
a0158226_20020455.jpg
 
滝道を折り返し下ると光線の具合が丁度よく
紅葉が映り込む。
平日なので三脚が立てられますが、
土日は心斎橋並みの混雑ぶりなのでそうはいきません。

<箕面川の映り込み>
a0158226_20060290.jpg
 
西江寺では例年のようにモミジを透けてくる光が迎えてくれます。
去年はモミジには遅かったですが師走にここですーちゃんを撮ったっけ。
と思いながらやってくると、
例年透けてくる光を捉えるポイントにワンちゃんが
陣取っていました。

<ここは私の場所ヨ>
a0158226_20062814.jpg
ワンちゃんの名はモモちゃん(♀4才)で〜す。
私としても久しぶりのワンちゃん撮影でした。
飼い主のお姉さんと一緒に1枚だけ撮らせてもらいました。 
 
<モミジを透けてくる光 赤色
a0158226_20070316.jpg
<モミジを透けてくる光 黄色
a0158226_20072052.jpg



by Mr_Futchan | 2017-12-15 00:00 | ワンゴの日 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 仁淀ブルーを求めて(その3)中津渓谷 雨竜の滝

中津渓谷は仁淀川支流名野川にある渓谷で、
駐車場から遊歩道を伝って20分ほど歩くと
「雨竜の滝」に突きあたる。
 
<雨竜の滝>
a0158226_16454974.jpg
 
中津渓谷のシンボルともいえる「雨竜の滝」は落差20m、
左右両側に切り立った空間に位置していて、
その赤い岩肌の間に滝が落ちる姿は圧倒的です。
<1段目の滝壺>
a0158226_13354199.jpg
<赤い岩肌>
a0158226_13361830.jpg
 
 
滝は一旦大きな滝つぼに落ちそこからさらに下方へと流れていき
二段の滝に見えます。
<二段目の滝壺>
a0158226_13382548.jpg
空を入れて撮ると白飛びするのであまり撮らなかったので
忘れていました。
頭上にはしめ縄が渡されていました。
(滝から上の部分を投げ縄ツール(境界ぼかし)で選択後トーンカーブで暗くしています。)

<雨竜の滝としめ縄> 
a0158226_16591937.jpg
 
 
 
 
 



by Mr_Futchan | 2017-12-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(3)