トランスメディア提供アイコン01 <   2017年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 晩秋の美瑛 白ひげの滝

 
11月6日から9日にかけて北海道美瑛に撮影旅行に行きました。
美瑛に訪れるのは6回目となります。
 
今回は美瑛に拠点を置いて18年となる菊池晴夫氏にお願いした。
この春美瑛で行われた「美瑛 景観・写真国際フォーラム 2017」
のポスターは同氏によるものである。
 
旅行は去年も利用したクラツーさんが企画実施する
白金温泉ホテルパークヒルズに3泊してまわるフリープラン旅行です。

11月6日は13時過ぎには到着。
ホテルの隣にある「白ひげの滝」をぶらぶらと撮りに行く。
ナナカマドの実が光って存在感をアピールしていた。
<ナナカマドの実>
a0158226_22590615.jpg
 
<白ひげの滝>
a0158226_23055744.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-17 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 志賀高原 雪から雨に

 
10月19日 前夜は寒かったが、
朝方からあたたかくなってきて
お布団からハミ出したりして体温を調節していた。
きっと雨の朝と思ってカーテンを開けると
わぁ〜! 一面の雪景色!
 
<雪の朝>
a0158226_09200512.jpg
 
 
まさかとは思っていましたがスタッドレス・タイヤを着けていたので
胸をなで下ろす。
朝食後、渋峠の宿の叔父さんに「下りは減速してお気をつけて!」
と声をかけられて恐る恐る峠を長野県側に下る。

のぞき付近まで下りてくると
道路の雪は消えガスも晴れて周りが見えてくる。

横風が強くカメラを構えると
瞬く間にみぞれ気味の雨粒がレンズに付着する。
撮影条件を決め行動シュミレーションしてから一気に連写!
2回繰り返して撮れた写真がこれです。
 
<のぞき付近>
a0158226_09274240.jpg
 
再び霧が出てきてゆるゆると道路をたどる。
サンバレーで紅葉を、霧に包まれた一沼では水面に跳ねる水滴を撮る。

<紅葉と白樺>
a0158226_10175594.jpg
 
<霧包まれた一沼>
a0158226_10071094.jpg
 
<跳ねる水滴>
a0158226_10072573.jpg
 
一沼では1時間あまり雨にうたれたでしょうか。
霧はますます濃くなってきましたが
霧と黄葉が綺麗な坊平シラカバ園地に車を入れる。
 
<坊平シラカバ園地〜コラージュ〜>
a0158226_10075407.jpg
 
雨が激しくなり急いで下山。
「やまのうち道の駅」に寄ると周りのりんご園では
りんごが撓わに実っていた。

<実りの秋> 
a0158226_10083268.jpg
 
 
これで志賀高原シリーズを終わります。
長い間お付き合いありがとうございました。




by Mr_Futchan | 2017-11-15 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 志賀高原 雲海沸き立つ

 
秋色を探しながら田ノ原湿原にやってきた。
ガイドさんに案内されての自然観察ハイキングも催されていて
丁度その一行とすれ違った。
ここはワタスゲやニッコウキスゲのシーズンにも
訪れるといいところのようです。
<自然観察ツァーご一行>
a0158226_20372867.jpg
 
ここでもガスに覆われたたり、晴れ上がったりと
目まぐるしく景色が移り変わっていく。
田ノ原湿原を離れる間際には濃いガスに覆われた。
<田ノ原湿原コラージュ> クリックすると大きくなります
a0158226_20374960.jpg
<ガスに覆わて>
a0158226_20383588.jpg
 
田ノ原湿原から、のぞき、渋峠と戻ってくると
下界には雲海が広がっていた。
大雲海とはいきませんでしたが志賀高原の雲海に
少し触れることができました。
その後渋峠付近も濃い霧に覆われこの日の撮影を終わりました。
<雲海に立つ笠ヶ岳>
a0158226_20390804.jpg
<渋峠西方の雲海を望む>
a0158226_20392637.jpg
 
 



 


by Mr_Futchan | 2017-11-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 そうくんと京都鉄道博物館へ (鉄写同好会)

 
10月28日(土)
学童保育を休んだそうくんと京都鉄道博物館へ行った。
リニューアルしてからそうくんは3回目、私は初めてである。
そうくんには付いてきて貰ったという感じである。

そうくんが今一番好きなのはトワイライトエキスプレス・バージョン
のEF81である。
< EF81 103の前で >
a0158226_00320828.jpg

<博物館内を一周>
a0158226_00322862.jpg

  
当日はあいにくの雨模様でしたが、雨の上がったスキを捉えて
SLの並ぶターンテーブルへ
でもそうくんは電気機関車の方がイイにみたい。
<シゴロクの前で
a0158226_00324723.jpg
  
そうこうしているうちにジオラマの入場時間に
<さあ!はじまり、はじまり>
a0158226_00361272.jpg
<ドクター・イエローだ!>
a0158226_00363384.jpg
 
ジオラマを最後に急いで家路に。
途中遅い昼食に、そうくんの希望はマクドのお子様セット!
オマケはやっぱりプラレール・トレイン!
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 姫路飾磨港の夕焼け空

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は勝手に参加したものも含め154回目の参加です。
11月9日のお題は「夕焼け空」です。
 
   *   *   *   *   *
10月24日
大台ヶ原のアクセス道路が通行止めとなり、
またスッキリとした台風一過の天気とは言えず
天気が安定している播州に行き先を変えました。
姫路は飾磨港に二本の灯台があり、
その真ん中に日の入りがあると言うので行ってきました。
 
<真っ赤な太陽> 低空の靄がフィルターとなって太陽がまん丸に写る
a0158226_20594390.jpg
 
<釣り人多し> カメラマンは他にいませんでした
a0158226_21000324.jpg
 
<日の入り>
 雲に隠れることもなくまん丸のまま海に入りました
 高台から撮ったらダルマ夕陽が撮れたかも?
a0158226_21002514.jpg
 
<夕焼け空> 空全体は染まりませんでしたが
a0158226_21040805.jpg

久しぶりに素晴らしい夕景に巡り会えました。
今年は大台ヶ原はお預けとなりました。
  


by Mr_Futchan | 2017-11-09 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 志賀高原 秋の色

 
10月18日

朝食後、この日も渋峠に連泊なので
志賀高原内の秋色をゆっくりと探し廻った。

木戸池に着いた9時前頃にはよく晴れていましたが、
一沼、信州大学自然公園と行ったり来たりしているうちに
雲が出てきました。

初めて来た志賀高原ですが
今度来るときには嬬恋、地獄谷、はたまた十日市まで
足を延ばそうか?

私のこれまでの平均年間走行距離は10,000〜11,000kmだったのですが
3月に乗り換えた車の走行距離はもう12,000kmを超えてしまった。

(↓どの写真もクリックすると大きくなります)

<映り込む秋色> 木 戸 池
a0158226_20193335.jpg

 
<水面の黄葉> 一 沼 ヒツジグサ
a0158226_20211017.jpg

 
<艶やかに> 自然公園付近 ウチワカエデ
a0158226_20213211.jpg
 
<黄葉に響く> 澗満滝(かんまんたき) 落差107m
a0158226_20493771.jpg

 
 

by Mr_Futchan | 2017-11-07 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 志賀高原 霧氷で遊ぶ

 
渋峠でご来光を撮影した後、
車を回転させるため群馬県側に少し下りた。
すると白くなったエリアが・・・。

わぁ〜! もう霧氷ができるんだ。
慌てて車を駐車スペースに停めて
朝ごはんの時間まで霧氷を撮って遊んだ。

撮ったはいいが、構図も決まらず難しい。
感動が写らない!
やっと仕上げた3枚です。
<1>,<2>はトリミングしてます。

< 1 >
a0158226_17451471.jpg
 
< 2 >
a0158226_17453173.jpg
 
< 3 >
a0158226_17455274.jpg
 
 
 
 

by Mr_Futchan | 2017-11-05 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 志賀高原 渋峠の夜明け

 
10月18日
ホテルから車で5分の渋峠には午前5時過ぎに到着。
前夜からの車中泊も多く20〜30人の三脚が並ぶ。
位置は低くなりますが一段低い位置に三脚を据える。
 
<明けの明星下弦の月>
a0158226_23454451.jpg
 
しばらく峠で佇んでいると陽が昇る。
周りでは一斉にシャッター音だけが響く。
今回はハーフNDを手持ちでゴーストを確認しながら撮影した。
(ハーフNDを使っている人は少ない。)
 
<御来光>
a0158226_23460696.jpg
 
横に位置するササの草原、眼下の芳ヶ平湿原に陽が差し込んでいく。
台風、秋雨前線の活発化で雨の多かった今年の初秋の御来光を拝める幸運に
心が躍った。
 
<斜光に照らされて>
a0158226_23470082.jpg
 
<斜光に浮かぶ芳ヶ平湿原
a0158226_00263440.jpg
 
 
 




by Mr_Futchan | 2017-11-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(5)