トランスメディア提供アイコン01 <   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 雨上がりの大正池 & 勝手に鉄写研究会

 
昨日降っていた小雨は、
深夜には雨足が強くなり、窓ガラスをたたく音に何度も目を覚ました。

5月27日は4時過ぎに起床。
ホテルのカーテンをひくと
大正池は静寂に包まれ、朝霧がひらけ始めていた。
この大正池でこんな朝を迎えられるなんて ! 
<朝霧が晴れる>
a0158226_8105931.jpg


小鳥の鳴き声と梓川のせせらぎの音だけが耳にしみ込んでくる。
踊る胸を抑え、誰もいない池に出て三脚を立てる時間ももどかしい。
<朝霧の中の立ち木>
a0158226_8115155.jpg

<静寂の水面>
a0158226_8121384.jpg


このままこんな世界をいつまでも独り占め出来る訳はない。
日出時間に、沢渡から多くのカメラマンを乗せたバスが到着する。
ホテル前のビューポイントは40人余りのカメラマンに占拠されてしまう。
一端、静かな東電霞沢発電所取水口に移動する。
<更に霧は晴れて>
a0158226_813773.jpg

<飛翔>
a0158226_813258.jpg


1時間〜1時間半も経つとまた池は静かな畔をとりもどしました。
今日はいい天気だ !
あっちこっち動きまわったせいでお腹もすきました。
<朝の焼岳>
a0158226_8135391.jpg

<朝陽に輝く穂高>
a0158226_814950.jpg

<いただきま〜す>
a0158226_8142952.jpg

 
********************************************* 勝手に鉄写してます。
 

鳥取砂丘へ行った帰り、予てから訪れたかった”若桜鉄道”若桜駅に立ち寄った。
若桜駅構内にはC12、DD16がさりげなく置いてある。
土日には両列車を動かすようですが、今日は近寄って撮っただけでした。
また、訪れて色々と撮ってみたいものだ。
<C12>
a0158226_23261924.jpg

<あじさい咲く構内>
a0158226_23263732.jpg

<ターンテーブル>
a0158226_23265571.jpg

<キハさくら号到着>
a0158226_23271112.jpg


正式入会前に予約投稿しています。
てくっぺさま、鉄写研究会の皆様宜しくお願いいたします。

*********************************************
 
7/23まで撮鉄旅行にでかけていますので、
しばらくの間お返事が書けないと思います。
その間、空倶楽部、わんごの日、にゃ〜にゃ〜の日の他、記事は予約投稿していきます。
宜しくお願いいたします。

 
 
  
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-11 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 安曇野の曇り空 by 空倶楽部

 

空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に「空の写真」を掲載して心を癒す活動です。
私は37回目の参加です。

今日7月9日のテーマは「曇り空」です。

詳しくは、かず某さんchacha◯さんのBlogに遊びに行ってご確認下さい。
 
*********************************************
 
安曇野の大王わさび農園に向かう途中、常念岳が綺麗に見えました。
空の方は今にも降り出しそうでした。

<安曇野の曇り空>
a0158226_23335497.jpg

撮 影 日 時:2014年5月26日 9:00
場   所 : 安曇野
撮影データ :
      Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0  (撮影時:120mm)
      ISO640 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV-0.3 1/2000 sec


 
安曇野が多くの人達の心を捉えるのはこういった自然に溶け込んだ
人間の営みを肌で感じ取ることができるからでしょうか?
<ひなげし咲く原っぱ>
a0158226_2204331.jpg

撮 影 日 時:2014年5月26日 9:00
場   所 : 安曇野
撮影データ :
      Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0  (撮影時:55mm)
      ISO640 中央重点測光 絞り優先;f/4.0 EV-0.7 1/4000 sec




わさび園の帰り道、素晴らしい田園風景が眼前に広がった。
この坂の一番上に道標があったので読んでみると、
この道は2011年の『NHK連続テレビ小説』第84シリーズ
「おひさま」の舞台となった道だそうです。
なるほどね。 

<おひさまの道>
a0158226_010346.jpg

撮 影 日 時:2014年5月26日 12:17
場   所 : 安曇野
撮影データ :
      Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0  (撮影時:80mm)
      ISO800 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV-0.3 1/1000 sec

 
*********************************************
 
今日から7/23まで撮鉄旅行にでかけますので、
しばらくの間お返事が書けないと思います。
その間、空倶楽部、わんごの日、にゃ〜にゃ〜の日の他、記事は予約投稿していきます。
宜しくお願いいたします。

 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-09 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(13)

トランスメディア提供アイコン01 蓮と蜜蜂 in 平池公園

 
6月23日
去年に引き続き平池公園に蓮の花を撮りに行きました。
去年は開花が極端に遅かった蓮の花ですが
今年は例年通り大賀ハスは満開でした。
その他のベトナム蓮・杏花春雨・重弁一丈青・孫文・大酒錦・碧台蓮・碧落留紅等は
まだまだでした。
<大賀ハス>
a0158226_21235090.jpg

<蜜蜂は大忙し>
a0158226_21272899.jpg


一生懸命蜜蜂を狙うのですが、
今年はどうも去年よりホバーリングの時間が短くって
二匹仲良くのランデブーはピントが片方に偏ってしまいました。
<ランデブー>
a0158226_21173844.jpg

 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-07 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 雨の大正池

 
5月25日の午後、雨のなか沢渡からシャトルバスに乗り換えて
大正池湖畔の大正池ホテルに向かう。
<釜トンネル入口>
a0158226_23102327.jpg


シャトルバスは20分間隔で運転されており
予定よりも早くホテルに到着。
贅沢にもここで昼寝と決めこんだ。

昼寝から目覚めても小雨がしとしとと降り続いており
静かな時間が過ぎて行く。

<小雨降る大正池>
a0158226_23105055.jpg

<雨に濡れる立ち枯れの木>
a0158226_23113638.jpg

<カモの夫婦>
a0158226_23114834.jpg

 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-05 06:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 安曇野 大王わさび園にて

 
5月25日は駒ヶ根から安曇野へ移動し
大王わさび園に立ち寄る。

大王わさび園は
北アルプスから地中を流れる水が
出てくる安曇野にある湧水群の一角にある。
その水量は毎日10万トンを超え、年間を通じて水温は12℃という。
収穫は年間通して行われるそうである。
当日は長雨が続いた後でしたので、澄んだ水とは言い難かったですが、
すごい流量の水が眼前を通り過ぎていった。

<水車小屋>
a0158226_2181114.jpg

<湧水群の流れ>
a0158226_2182872.jpg

<花弁の渦>
a0158226_2184417.jpg

わさびは直射日光に弱いので、
4月から9月末までわさび田は黒い寒冷紗で覆われる。
<寒冷紗の下>
a0158226_219124.jpg


次は覆いのない秋にから早春にかけて来たいものだ。

東のわさび田に渡る橋は「幸いのかけ橋」といい、
カップルで渡ると幸せになれるとか・・・。
ちなみに「わさび」の花ことばは、
「幸せを運ぶ花」「目覚め」「うれし涙」だそうです。
ということで。

<カップルで渡る橋>
a0158226_2194447.jpg

 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-03 06:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 駒ヶ根大沼湖にて

 
5月25日の夕方
ホテルの窓からは木曽駒ヶ岳しっかりと見えてきた。
駒ヶ根大沼湖のほとりにブラブラ撮影にいく。
湖畔にはツツジ、ハナショウブがあちらこちらに咲いていて
そこに木漏れ陽が差し込んできた。
時間とともに移動する木漏れ陽のスポットライトと追いかけっことなる。

<大沼湖の映り込み>
a0158226_21255846.jpg

<木漏れ陽の中で>
a0158226_21261131.jpg

<水面の木漏れ陽>
a0158226_21262534.jpg


日もかげり出し夕食の時間となり
そろそろ引き上げようかなと思って再び駒ヶ岳をの方をみると
湧き出た雲からはっきりとした光芒が空に広がっていた。
この日の夕方は光の魔術を堪能した時間を過ごせたと思っている。
<駒ヶ岳上空に広がる光芒>
a0158226_21264299.jpg

 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-01 21:30 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(10)