トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 きっといい明日・・・

2012年もあと数時間で新しい年を迎え、
本ブログも来年4年目に入ります。
これも、ひとえに皆様のご支援の賜物です心より感謝いたします。
ありがとうございました。

今年は、6月に娘達夫婦に長女が誕生し、
頼んない私でありますが、孫3人のジ〜ジとなりました。
信じられません。

職場では8月に定年を迎えました。
まだ燃え尽きるまでには至らず、
世界初の技術、
日本が世界に誇る技術の完遂目指して、
微力ではありますが若い人の邪魔しない様に
最期までやり遂げる所存です。

来年も宜しくおつきあいのほどお願いいたします。

  きっといい明日・・・
a0158226_23183861.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-31 01:00 | その他 | Trackback | Comments(14)

トランスメディア提供アイコン01 木曽路 馬籠宿 2

郵便局を過ぎると、坂の勾配は緩やかになる。
ここの赤いポストが旧家の中でとても印象的でした。
                (↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<郵便局>
a0158226_0244231.jpg

また軒先に置かれていた草木も
とてもいいアクセントとなっていた。
<風船葛>
a0158226_23594759.jpg

<蕎麦屋さん>
a0158226_01867.jpg

<赤い実がかわいい>
a0158226_005592.jpg

<上馬籠> 開けた感じで空が広く感じる
a0158226_01774.jpg


流石に宿のテッペンまで来るとお腹が空いた。
一番上のお店に入り、
やはりお蕎麦をいただきました。
<いただきま〜す>
a0158226_024692.jpg


    ちょうどここで年越し蕎麦となりました。
          皆さん、良いお年をお迎え下さい。

by Mr_Futchan | 2012-12-30 06:00 | その他

トランスメディア提供アイコン01 木曽路 馬籠宿 1

もう2ヶ月以上経ちましたが、
多治見市のブロ友女性剣士REDさんにご案内いただいた「棒の手」祭りの前日(10月13日)
REDさんと馬籠宿に行きました。

中山道は江戸日本橋を起点とし、
京都まで132里(約530km)の道程で、69の宿場が設けられていて、
馬籠宿は一番目を板橋とすると43番目の宿場となるそうです。

中山道は、東海道の126里・53宿に比べて遠回りではあったが、
東海道が大井川の川留めで旅の行く手を遮られたり、桑名一宮間の船旅で海難の危険が伴ったため、
京都から江戸に向かう姫君たちはほとんど中山道を選んだそうである。
しかし、中山道も決して安全な道ばかりではなく、とりわけ馬籠宿と落合宿の間にある十曲峠は険しさで旅人をはばみ、
木曽の桟(かけはし)は危険な箇所として恐れられていたようです。
芭蕉は
「かけはしや 命をからむ つたかづら」と詠んでいる。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<中山道>
a0158226_23591257.jpg

馬籠宿は
南北に貫通している道路と急な山の尾根に沿っているので、
その両側に石垣を築いては屋敷を造る「坂のある宿場」である。
山の尾根のため水に恵まれておらず、火災が多いのが特徴であるとのこと。

馬籠観光協会のオフィシャルサイトより)

<道祖神>
a0158226_04554.jpg

ご紹介の通り、旧家を利用した蕎麦屋さん、土産物屋さん、喫茶店、旅館などがひしめく急な坂を登る。
<水車小屋> この水車は現役の発電所「馬籠水力発電1号機」
a0158226_23593573.jpg

<登りは続く>
a0158226_23595053.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-28 23:57 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 大阪 光のルネサンス3〜中之島えりあ〜

今回で、京都、神戸、大阪と訪れた「光彩る三都物語」完結です。

長時間露光で遊んだ後は
淀屋橋を渡って中之島エリアで撮影。
中之島図書館の映像ショーは終了していましたが、
静止画像が映されていた。
動きが無い方が写真は撮り易いので
この前でツーショットを撮るカップルが多かった。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<中之島えりあコラージュ>
a0158226_21424524.jpg

時間は午後10時の消灯時間が近づき人波も欠けてきた。
今日も5時間たっぷりと飲まず食わずでした。
帰宅して娘が取り置きしてくれていたうどん玉と出汁で
月見うどんをつくって就寝した。
<ラブラブボート>
a0158226_21501360.jpg

<中之島オフィス街>
a0158226_21502723.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-26 21:59 | その他 | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 大阪 光のルネサンス2〜御堂筋 光のストリーム〜

心斎橋で引返し北上
青いイルミネーションの中で赤いテールランプや黄色い方向指示を活かしての
長時間露光を何回も繰り返した。
この青いイルミネーションは、水の都・大阪を象徴する「水都ブルー」と名付けられているそうな。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<静かな光りの空間>
a0158226_22412349.jpg

<御堂筋 光のストリーム1> 南船場付近
a0158226_20472058.jpg

渋滞してもイケナイし、目の前で右折、左折してもらっても困る。
我がままな条件を満たす撮影を何度も繰り返した。
我ながら、こんなに綺麗な御堂筋は初めてでした。
<光の雫>
a0158226_22382171.jpg

<御堂筋 光のストリーム2> 道修町/伏見町付近
a0158226_8342786.jpg

デジタルになって、
今まで撮れなかった、暗いところでの手持ち撮影が出来る様になったけれど、
長時間露光には新しい発見が色々あって楽しい。
一つ困ったことは、D700からD800となって画素数が3倍となった分
長時間露光時のメモリー転送に時間がかかり、次の撮影までに露光時間と同じぐらい
時間がかかるということです。CFでこれですからSDカードではどうなんでしょうね。

<光のポルカ> 清水多嘉示 作:みどりのリズム
a0158226_8345254.jpg

                                             つづく

*************************
Merry X'mas !
ゆっくりと写真をとってる間などない!
かけ声かけて一瞬のカットです。
孫1号君の食欲はものすごいです。(ダイエット関係ないですからね。)
孫3号ちゃんは写真だけ参加です。 来年は一緒に食べようね!
a0158226_2218170.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-24 22:20 | その他 | Trackback | Comments(20)

トランスメディア提供アイコン01 大阪 光のルネサンス1〜御堂筋エリア〜

OSAKA光のルネサンスは今年で10年目となる。
メインストリート御堂筋を光で装飾する「御堂筋イルミネーション」は、
昨年全長1.9kmの日本一長いイルミネーションとなった。 OSAKA光のルネサンス公式サイトより
(↓どの写真もクリックすると大きくなります)
<ゴールデンタイム>
a0158226_1203886.jpg

12月16日(日)は、京都、神戸に引き続き暖かい夜でした。
午後5時過ぎに淀屋橋に到着、早速、御堂筋エリアを心斎橋目指して南下する。
淀屋橋から本町にかけては、ショーウィンドーはさることながら、
30体弱のブロンズ像が飾られているのだが、
これらの像もイルミネーションに映えてとても美しい。
<アイルトン・セナ仕様のF1マシン>
a0158226_1223515.jpg

御堂筋ブロンズ像
a0158226_123788.jpg

午後7時頃になると人が多くなり、御堂筋の渋滞もひどくなってきた。
神戸と同じく明るい雰囲気に満ちあふれていた。

所々で工夫をこらした独自の電飾が置いてある。
イルミネーションも心斎橋に近づくとブルーとなる。
私はブルーが一番気に入っている。
<本町〜心斎橋>
a0158226_1273943.jpg

<きのこ家族>
a0158226_1255776.jpg

                                         つづく

by Mr_Futchan | 2012-12-23 01:43 | その他 | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 夢と希望の光り神戸ルミナリエ 2

ルミナリエ会場はセンスのいいショーウィンドーの目抜き通りでもある。
ルミナリエのみならずこれらのウィンドーを見るのも楽しい。

通りの突き当り東公園会場はルミナリエのサークルとなっている。
ここも明るい笑顔が溢れていた。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<ルミナリエ中間点>
a0158226_23141836.jpg

<ショーウィンドー1>
a0158226_22454235.jpg

<ショーウィンドー2>
a0158226_2246132.jpg

<東公園会場>
a0158226_224666.jpg

<ルミナリエのサークルの中>
a0158226_22463394.jpg

<光りの贈り物>
a0158226_23272923.jpg

ひと通りルミナリエ会場で楽しんだ後、次にハーバーランドに向かった。
以前、ハーバーランドからポートタワーなどを撮ったことがあったので
東側からの夜景を撮りたいと思っていた。
丁度、観光バスの駐車場が第一突堤に開設されていて
今回オールスターがそろった夜景を得ることができました。
それが下の写真です。
<ハーバーランド・オールスター>
a0158226_2257745.jpg


そろそろ帰るとするか、
駐車場に向かって歩き出したのだが4時間たっぷり飲まず食わず。
急に空腹を覚える。
トアロード近くの創業50年のピザハウスに立ち寄って、大好きなプレーンピザを注文。
するとピザに面白いメモが添えてあった。
僕のはこの店で焼いた1,243,491枚目のピザだそうな。
<1,243,491枚目のピザ>
a0158226_23192329.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-20 23:23 | その他 | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 夢と希望の光り神戸ルミナリエ 1

神戸ルミナリエは、
阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、
都市の復興・再生への夢と希望を託し、
大震災の起こった1995年の12月に初めて開催された。
以来、震災の記憶を語り継ぎ、
都市と市民の「希望」を象徴する行事として毎年開催されている。
KOBEルミナリエ公式サイトより

ルミナリエ会場には、交通規制がかかる午後5時前についた。
点灯予定は午後6時からなので、しばらく会場周辺を撮り歩く。
交通規制に入りゴールデンタイムとなる頃には、
人出も相当なものとなったと思われる。(先頭集団にいたので後方は分かりません。)
<交通規制前> (↓どの写真もクリックすると大きくなります)
a0158226_2312678.jpg

<D○デパートの小径> 私の好きなアーチ形式の小径
a0158226_2312224.jpg

FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECTクリスマス・ツリー>
a0158226_2312533.jpg

<温かな夕方> 夫々だべりながら時間を待つ
a0158226_23151946.jpg

予定より相当早く神戸ルミナリエのテーマ曲「しあわせ運べるように」が流れた。
恥ずかしながら、この曲を聴いたのは初めてのことでした。
胸が熱くなりました・・・
ハッとしました・・・綺麗さにウツツを抜かした己に「喝」です。

午後5時15分頃点灯。群衆はゆっくりとルミナリエ会場に流れ出した。
<ルミナリエ点灯> 
a0158226_2326195.jpg

<ゆっくりと写真を撮りながら>
a0158226_2119926.jpg

<ショーウィンドーの映り込み>
a0158226_2318324.jpg

                             つづく

by Mr_Futchan | 2012-12-18 23:34 | その他 | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 京都嵯峨野・花灯路

12月13日 古都京都・嵯峨野嵐山の花灯路を初めて見に行く。
紅葉の季節が終わる年末、今年は12/8〜17に行われる。
嵯峨野では平成17年から行われている。
春には京都東山花灯路が来年の3/8〜17の予定です。
花灯路で思い出すのは、京都在住の小説家澤田ふじ子の「祇園社神灯事件簿 」。
神灯をつけてまわる職を持つ浪人が遭遇する事件を綴った小説である。

最初の年に妻が西陣の老舗女将さまに誘われて来ている。
下見のつもりで写真を撮ってきてくれた。
脇を締めて頑張ってくれたがブレブレでした。三脚必携ですね。
(↓写真をクリックすると大きくなります。)
<渡月橋>
a0158226_838165.jpg

<保津川下り船着き場付近>
a0158226_21203227.jpg

<青く光る木々>
a0158226_21204713.jpg

今回は暗くなってから着いたので、
渡月橋から、宝厳院(ほうごんいん)、嵐電「嵐山駅」に寄り
竹林小径に向かった。
ここで有り難かったのは、
嵐山駅舎内のトイレが無料解放されていたことである。
<宝厳院前>
a0158226_21204610.jpg

<宝厳院前の小径にある仏像>
a0158226_21212490.jpg

<嵐電駅前の竹灯籠>
a0158226_21214186.jpg

竹林の小径に着いた時には、
もう片側だけの点灯となり、一方通行も解除されていました。
せく気持ちを押さえ、三脚を立てては先に進みましたが、
途中で万事休す真っ暗になりました。
<花灯籠>
a0158226_21215445.jpg

<竹林小径>
a0158226_212275.jpg


    初冬にともしび伝う竹林
   (ハツフユニトモシビツタウタケバヤシ)

by Mr_Futchan | 2012-12-16 08:38 | その他 | Trackback | Comments(16)

トランスメディア提供アイコン01 倉敷街歩き 2

倉敷美観地区に和服の女性は出来過ぎ〜
その幸運の写真から、
黒田清輝氏の『湖畔』の絵風にCGで遊んでみました。
こんな風に優しく撮れたらな〜
(↓どの写真、CGもクリックしれば大きくなります)
<倉敷の思い出>
a0158226_2332918.jpg


和服のご夫人たちと別れ、
堀割にそってそぞろ歩き。
温かな午後を楽しんだ。
<堀割り舟めぐり>
a0158226_002473.jpg


結婚記念撮影の借景ともなる。
やはり和服ですね。
女性カメラマンもカッコええ〜
最近ブライダルは女性カメラマンが多い。
<はい笑って>
a0158226_2353943.jpg


<倉敷そぞろ歩き>
a0158226_23571283.jpg


*************************
Take 2
a0158226_842241.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-14 23:25 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(2)