トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 魅惑のハイビスカス --- with 8na8na-club ---

ハイビスカスのめしべ。
とってもほんわかとして愛らしい。
花弁よりシベの方が好きです。
a0158226_21471034.jpg

by Mr_Futchan | 2012-02-28 00:00 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 お気に入り写真展

今日は午前中「お気に入り写真展」の控えにおもむいた。
係の人が当番制で土日・祝日も開場してくれている。
<展示風景> ギャラリーの奥に鎮座しております。
a0158226_21544370.jpg


お越しいただいた人の中で、
日本風景写真協会のT氏とお話しすることができた。
ここ数年の撮影の9割は和田山、竹田城趾だそうである。
6×7版で撮った氏の写真を見せていただきながら、
この5年の竹田城趾の移ろい、
草刈りで刈られた草花や草木、
アクセス道路事情  等々
色々と教えていただいた。
氏は誰にも師事せず、お一人で活動されているそうである。

私の方は、
デジタルへ移行したやり方、
色合わせのやり方、
N社のニューフェースのデジカメ、
選ぶならEタイプにすること  等々

1時間あまりお話ししてたでしょうか。
寒い日曜日、来ていただいた方々には感謝しています。

<氷結(左)& S(右)> プロの焼きはデジタルでも違いますね。
a0158226_22154273.jpg

by Mr_Futchan | 2012-02-26 21:58 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 読書感想×あちこち寸景

出張先・移動中に読んだ本、山本一力著「ほうき星(上)(下)」。
帯に記されたキャッチ・コピーは、
あの星のようにずっと輝いていたいから。

ヒロインの父の師匠の教えは、大和絵だけでなくあらゆる絵画や写真に通じる。

  ものごとの仔細を漏らさず見詰める『目』。
  騒動のさなかにあっても。うろたえない『心』。
  このふたつが備わっていれば、深みのある絵が描ける。
  うわべの技量を磨くよりも、目と心の鍛錬を怠るべからず。

「はい、分かりました。心して精進します。」と、本に向かって目礼してました。

この本の中で描かれた
(あえて「書かれた」ではなく「描かれた」としました)
夜明けのシーンの描写は圧巻でした。
朝霧のシーンを幾度となく感動した私の頭の中の情景と共鳴し、
「そう!これなんですヨ!」
とそのページを長いこと開いて、また自分の頭の中の情景に酔いしれてました。

解説は縄田一男氏が執筆されており、これもまた素晴らしい解説でした。
先に解説を読まず、読後に読まれることをお勧めする。

*********************************
<1/20上越市> この冬一番の穏やか日々だったそうです。
a0158226_109042.jpg


<2/14 Batam(Indonesia)> 朝5時からお祈りが始まり町中がワ〜ンと轟きわたる。
               経済特区の島は朝6時頃からラッシュアワー。
a0158226_10325899.jpg


<2/23東京> 東京タワー
        春日和歩んだ道に悔いはなし
a0158226_10424242.jpg

by Mr_Futchan | 2012-02-25 10:45 | 日常 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 突然ですが・・・「お気に入り写真展」

富士フォトギャラリー大阪<本町>の企画展
「お気に入り写真展」
に参加することになりました。
開催期間:2月23日(木)〜2月29日(水)

他の方がどんな作品を出品なさるか分かりません。
他の方にご迷惑をかけるようで、ちょっと早まったか?
と後悔しています。
せめてもう少し写題をひねればよかった・・・

どちらも下の2枚の別テイクを出品します。
お気に入りですから、1つは例のSカーブの冬バージョン
<S> 今年ここに何回通ったでしょうか
a0158226_2005151.jpg

2つめは本邦初公開
<氷結> タングステンフィルム・ライクなWB
a0158226_20591.jpg

お近くにお越しの節は宜しくお願いします。

by Mr_Futchan | 2012-02-21 20:08 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 きょうと おおはら ・・・

日曜の朝、雪景色を求めて
京都の北、大原へ。

大阪北摂地方は快晴でしたが・・・
<大原は曇りときたま晴れ>
a0158226_20353588.jpg


今日の三千院はイメージ通り雪景色でした。
フルムーンのカップルが多い。
まあ、一眼レフ抱えたオッサン、お兄ちゃんもいたが、
恋に疲れた女お一人さまは???
<三千院>
a0158226_20555488.jpg

<水落石>
a0158226_2181489.jpg


三千院から西へ1kmあまり歩くと尼寺寂光院がある。
平成12年放火により全焼したが5年後再興された。
デートから数えて3回目の来院ではあるが、
消失前の記憶はほとんどない。
静かなたたずまいに心が和ごむ。
<みちしるべ>
a0158226_21245874.jpg

<寂光院参道>
a0158226_21254979.jpg

<寂光院の池にて> 
大原女のほのかな想い薄氷
おはらめのほのかなおもいうすごおり
a0158226_2127432.jpg

by Mr_Futchan | 2012-02-19 21:41 | 日常 | Trackback | Comments(11)

トランスメディア提供アイコン01 あなたはどちらがお好き?  --- with 8na8na-club ---

パウダーパフのような赤と白のカリアンドラ。
あなたはどちらがお好きでしょうか?
<赤>咲くやこの花館にて ここには白はなかったです。
a0158226_21515552.jpg

<白>草津市立水生植物公園みずの森にて ここの赤は咲き始めでした。
a0158226_21521615.jpg


*** with 8na8na-club *****************************
8na8na-clubとは、Dear to youのawaさんが「8」のつく日に「お花」をアップしてブログを飾ろう!
と呼びかけているものです。
詳細はhttp://dear--to--you.blogspot.com/ のawaさんのサイトへ
また、趣旨などは↓↓↓↓↓↓↓↓に・・・

ようこそ!8na8na-club(はなはな-くらぶ)へヽ(^o^)丿
********************************************

by Mr_Futchan | 2012-02-18 00:00 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 出張の間のプレゼント

先ほどシンガポールから帰ってきました。
時差1時間なので2泊3日の出張でもあまり
体にはダメージはないかな?
出張時の時間外の様子はその内アップします。
ビジネス・エコノミー旅行なので、
どちらかというとドキュメンタリーかな??

この間、2つのものが届いていました。
1つはバレンタインデー配達指定の義理姉からプレゼント。
妻からもあらたまって貰ったこともないのに・・・
嬉しいものだ。

2つ目は、毎年市内で行われるize="2">「選抜市民展」の入選通知。
これで連続6回目の入選となった。
こちらも嬉しく思っている。
入選作はここでも紹介した<S>の別テイクです。
a0158226_0203185.jpg

by Mr_Futchan | 2012-02-17 01:19 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 昆虫館にて

伊丹の昆陽池の脇に昆虫館がある。
先週の水生植物公園みずの森に引き続き、
温室に暖をとりに行く。
今週また週中に出張があるので、
リスキーな雪道のあるところは避けました。
温室なので、室内に入って10分ほどレンズが曇って撮影できませんでした。
<仲いいね> 昆陽池にて
a0158226_23212518.jpg

<???> 昆虫館にて
a0158226_23232173.jpg
 
<オオゴマダラ> 昆虫館にて
a0158226_23245148.jpg


3日ほど出張でお返事できません。ごめんなさい。

by Mr_Futchan | 2012-02-13 23:28 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 ホワイト・バランスについて

この1、2年フィルムを扱うことが極端に少なくなりました。
それ以前は、まだまだデジタルカメラは描写力においてフィルムにはかなわない。
と考え、フィルム・スキャナーでデジタル化してパソコン上で編集したりしていました。

デジタルカメラの特徴の一つにホワイトバランスを設定でき、
色温度を調整できるようになった。
フィルムと言えば、大体がデイライト(昼光)がほとんどで、
室内用としてタングステン・フィルムがあるぐらいでしょうか。

ということは、デイライト・フィルムで夕日や朝日を撮るときは、
本当は晴天下の太陽光のもとではないので、
人間の目に映った色とはかけ離れたものとなってる。
しかし、この違いがかえって芸術的表現となって、
フィルム派の人にはいいのです。
たまに、色転びと言って毛嫌いされますが・・・

デジタル・カメラを使い始めの頃は、
RAW現像してポジ・フィルムと色あわせしたりしていました。
気づくのが遅い! と突っ込まれそうですが、
そもそもデイライト・フィルムの色が絶対ではなく、
自分の目の記憶と照らし合わせ、
色を無理にデイライト・フィルムに合わせる必要はないという結論に達しました。
そして、フィルムを使うことも極端に減りました。
現在、撮影時はほとんどJPEG撮り、RAW+JPEG撮りは色温度にこだわるときに
しています。ただ、三段階露出で撮影はしています。

自分の納得のいく色調に合わせて仕上げる。
それこそが自分の個性、表現の根幹でもあるように思っています。

<Vervia100F > FilmScanerで読み取りビューアーで色会わせしたもの
Camera : NikonF100 Film : Vervia 100F 三脚使用
Lens : Nikon 28-105mm / F3.5-5.6
Filmscaner : Nikon Coolscan 5000ED VI
Soft : Photoshop CS2 , Nikon NX
a0158226_16442069.jpg

<ホワイトバランス オート> 若干トーン補正済み
Camera : Nikon D200 手持ち
Lens : Nikon VR 18-200mm/3.5F-5.6
ISO 640
Soft : Photoshop CS2 , Nikon NX
a0158226_1650259.jpg

<ホワイトバランス 昼光>  以下同上
a0158226_16522137.jpg

<ホワイトバランス タングステン>以下同上
a0158226_16534818.jpg

======================= 
<全比較>
a0158226_16551217.jpg


ホワイトバランス昼光ではもう少し追求しても良かったのかも知れませんが、
さて、この写真の場合はどの色温度が最も自分の好みにあってるでしょうか?

by Mr_Futchan | 2012-02-12 17:16 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 東京詣で

今年に入ってからの東京詣では全て早朝スタートのセミナーなので、
空路を使ってもギリギリの出席となる。

2月9日大阪空港7:05発の朝一番の飛行機、
向かって左窓側をゲット。
やりました、機長も機内アナウンス!
「富士山が左側に綺麗に見えます!」
a0158226_219089.jpg


東京ではみっちりと午後5時過ぎまで一睡もせずに(当たり前やろ!)
講師のお話しに聞き入っていた。
さて、この日は小学校中学校のクラスメートであったF沢君と夕食を共にする。
早期退職して出版社を起業した彼は御茶ノ水に事務所を持つ。
セミナーのあった神保町から歩いて御茶ノ水駅に到着。
彼を待つ間、西口前の鉄橋から「にわか撮鉄」となって遊んでた。
長年(40年来)ここの写真を撮りたいと思ってのでとても充実した待ち時間だった。
a0158226_23363482.jpg


出版業と言うのはこの時代「負け組」なのだそうだ。
それでも、何とか彼の才覚でボチボチやってるとのことである。
技術屋の僕の方は理科系離れというか、
かつての技術屋の「地図に残る仕事」的気概とか、
「突き詰める」根性がないことをぼやいてた。(酒も飲めないのに)

そして今日10日も早朝からセミナー会場に急行!
と思ったのだが・・・
出がけのテレビで「東京スカイツリー」開業まであと100日!
なんて言ってるモンだから、
これは一枚ゲットしなければ!

ホテルは幸運なことに浅草橋である。
「ちょっと見ていこか」と思いたち、
早めにホテルを出て東の空を見ると、
「なーんや目の前にあるやないか!」(昨夜はホテルに着くのが精一杯)
両国橋たもとからパチリ!!
a0158226_21425635.jpg


そしてセミナーを終えた午後、
楽しみにしていたブロ友「笑子さん」の個展「日常〜そして、フォト俳句〜」の会場へ
(HCLフォトギャラリー新宿御苑2月2日~15日)
カメラやプリンター、夫婦の趣味、写真展の話し等々
楽しくおしゃべりして、厚かましくも2時間近くもおじゃましてしまいました。
とても元気をいただいた。 ありがとう!

笑子さんとのツーショット、私非常に緊張しております。
a0158226_221477.jpg


*******************************************
『書の歩みと写真の二人展』のお知らせ
a0158226_6595830.jpg

 場 所:阪急宝塚線「池田駅」駅舎2F
     ギャルリVEGA
 月 日:3月21日(水)〜3月26日(月)
 時 間:11:00〜18:00(最終日は16:00)
a0158226_23311062.jpg

*******************************************

by Mr_Futchan | 2012-02-10 22:32 | 日常 | Trackback | Comments(9)