トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:写真・写真展( 137 )

トランスメディア提供アイコン01 晩秋の美瑛⑥ 青い池ライトアップ2017

 
11月7日の最後は青い池のライトアップです。
昨年とはまた違った様相で神秘的なシーンを醸し出していた。
青い池のライトアップが初めて行われたのは2014年12月20日で、
この年は2015年の2月末まで行われたそうです。
今年は11月1日から来年の3月末まで、午後5時から9時まで行われるとのことです。

風は少なくて良かったのですが、
ズームアップすると枯れ葉が水面に浮かび目障りな絵になってしまうので、
この日は広角の写真をアップします。
青い池は何度来ても、昼来ても夜来ても心が躍ります。
 
<美瑛ブルー・ライトアップ>
a0158226_17514319.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-27 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 晩秋の美瑛③ カラマツの彩り

 
朝食を摂って休息の後
再び美瑛の丘に戻り絵になる場所を周る。

カラマツの黄葉には1週間ほど遅く
輝くような黄葉は少なかったのですがそこは18年もの間
この地で活躍されている菊池氏にはかなりの距離走り回ってもらった。

<1>
a0158226_23014856.jpg

 
<2>
a0158226_23022499.jpg

 
<3>
a0158226_23025398.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-21 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 晩秋の美瑛② 朝の空 by 空倶楽部

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に空の写真をアップするお仲間です。
私は勝手に参加したものも含め155回目の参加です。

   *   *   *   *   *
 
11月7日はクリスマスツリーの木から始まった。
月が高すぎたのだが
いい位置に来る頃には夜があけて消えてしまうので
這いつくばるようにして撮りました。

<クリスマスツリーの木と月空>
 
a0158226_07574829.jpg
 
その後丘を見渡せる丘に立ち日の出を待った。
赤くは染まらなかったが優しい色の空に光芒が掛かった。
 
<優しい色の空>
a0158226_20133759.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-19 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 晩秋の美瑛① 白ひげの滝

 
11月6日から9日にかけて北海道美瑛に撮影旅行に行きました。
美瑛に訪れるのは6回目となります。
 
今回は美瑛に拠点を置いて18年となる菊池晴夫氏にお願いした。
この春美瑛で行われた「美瑛 景観・写真国際フォーラム 2017」
のポスターは同氏によるものである。

11月6日は13時過ぎには到着。
ホテルの隣にある「白ひげの滝」をぶらぶらと撮りに行く。
ナナカマドの実が光って存在感をアピールしていた。
<ナナカマドの実>
a0158226_22590615.jpg
 
<白ひげの滝>
a0158226_23055744.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-11-17 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 写真展より〜中村 成一写真展「dewy(デューイー)」

 
蔵出し写真です。
中村 成一氏の写真展「dewy(デューイー)」から3枚です。
本写真展は宣伝効果・拡散を期待して撮影可能でした。

さすが広告写真のプロ、美大講師の写真は違います。
圧倒的な描写力、発色の綺麗さにため息しかでませんでした。

中村 成一写真展「dewy(デューイー)」より

a0158226_13021345.jpg


この写真展は富士フィルムのミラーレス中判デジタルカメラ「GFX 50S」
の販売拡大を期して催された写真展です。

 
 
 



by Mr_Futchan | 2017-09-24 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 写 真 展 [ グルッペTone展 ] ご 案 内

 
今年で18回目を迎える大手保険会社さん写真部と我が社写真部との合同写真展
[ グルッペTone展 ] のご案内です。
 
        = 記 =

 □ グルッペTone展
 
 □ ピルゼン ギャラリー(4F)
   大阪市中央区心斎橋筋1−3−15

 □ 2017年9月8日(金) 〜 12日(火)
   AM10:00 〜 PM6:00 (最終日 PM4:00)

心ブラなど楽しまれた後にお越しいただければ幸いです。

私は今年行ったベトナム中南部撮影旅行で出会った人たち
ホイアン、タントゥイ村、ファンラン近郊の山村、ムイネー村で出会った人たち
の写真4枚で参加しています。

<朝のムイネー村をベースにした案内状>
a0158226_20271454.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-09-05 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 ゆく秋をおしんで(その2) 〜 龍安寺から西江寺へ 〜

 
勝尾寺の後は山を下りて徒歩で滝道をたどり龍安寺を案内する。
ここの紅葉もほとんど落ちていました。
私自身ここへは少し早いか遅い時期に訪れることが多く
ほとんど葉の落ちたもみじ木の幹はそれはそれで趣きを感じるのだが
案内してまわるとなると落葉した紅葉の木はちょっとばかり魅力に欠けたように思う。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
a0158226_01410580.jpg
a0158226_01395594.jpg
a0158226_01581515.jpg
a0158226_01404444.jpg



この後滝道をそれ、僕の秋のお気に入りスポット西江寺に向かう。
ここでやっと綺麗な紅葉の木が残っていてました。
正直ホッとしました。
a0158226_01505967.jpg
a0158226_01513399.jpg
a0158226_08293935.jpg


 
時間も迫ってきました。
後ろ髪を引かれる思いで新大阪駅に向かいました。
すーちゃんお疲れ様でした。

   *   *   *

今年もあっという間に1年が過ぎました。
撮影に費やす時間がだんだんと増えてきました。
幸せなことだと思っています。

皆さまのご多幸とご健康をお祈りいたします。
良いお年をお迎え下さい。

<暖かな朝> 白川郷にて
a0158226_21280753.jpg
 
 
  
 






by Mr_Futchan | 2016-12-31 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 ゆく秋をおしんで(その1) 〜 勝尾寺 〜


12月9日は色々と考えた末、
すーちゃんを地元箕面を案内する。
紅葉の葉も少なくなって紅葉狩りを楽しむ人もめっきり少なく
静かに撮影を楽しんだ。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)

a0158226_21333618.jpg
a0158226_22292065.jpg

a0158226_21342791.jpg
a0158226_21344456.jpg
a0158226_21350215.jpg
a0158226_21352123.jpg
a0158226_21354046.jpg
a0158226_21355895.jpg
 
                  つづく
 
 










by Mr_Futchan | 2016-12-27 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 すーちゃん in 御堂筋イルミネーション

 
12月8、9日、すーちゃんが出張で関西方面に来た帰り
大阪に立ち寄ってくれた。
ちょうど僕の休みの日と重なり楽しい撮影となりました。

8日は夕食をたべてから
心斎橋でお決まりのグリコのお兄さんとツーショット。

<ゴール!>
a0158226_20371790.jpg


心斎橋を埋め尽くした外国人観光客の喧騒から離れて御堂筋に出る。
こちらは御堂筋イルミネーションの真っ最中!

いつかはここですーちゃんを撮りたいと思っていたことが叶い、
クリスマス・プレゼントをいただいた気持ちです・・・ \(^-^)/

<水都ブルー>
a0158226_23370687.jpg

a0158226_23252012.jpg
<シャンパンゴールドミックス>
a0158226_08272052.jpg
a0158226_23311104.jpg

 




by Mr_Futchan | 2016-12-25 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 スイス・オーストリア撮鉄旅行(1) シャフハウゼン Schaffhausen

 
今回の撮鉄旅行の実績スケジュールは以下の通りです。

 8月31日 関空 — フランクフルト — チューリッヒ
 9月1日 チューリッヒ — シャフハウゼン — オバーバルト
 9月2日〜4日 オバーバルトを起点としてフルカ鉄道撮影 
 9月5日〜7日 フィリスールを起点としてランドバッサー橋、ヴィースナー橋等
         を走るレーチッシュ鉄道を撮影
 9月8日〜10日 イエンバッハを起点として、アッヘンゼー鉄道、ツィラタール鉄道
         を撮影
 9月11日 インスブルックを起点としてザンクドヨードックのループ線撮影
 9月12日〜13日 インスブルック — フランクフルト — 関空


9月1日 スイス第一日目

計画ではこの日3つのコースを考えていた。
 1) リギ山登山鉄道 2) ラインの滝(シャフハウゼン) 3) ロートホルン登山鉄道
結局、天気予報とにらめっこしてシャフハウゼンを訪れた。
<シャフハウゼンのラインの滝>
a0158226_22262852.jpg

シャフハウゼンとは「船の家」という意味で、
この町は古くからライン川の交易で栄えた町で、
チューリッヒの北50kmドイツとの国境近くにある。
<Schaffhausen>
a0158226_22323304.jpg

ライン川はスイスアルプスから湧き出て、ヨーロッパ中部を横切り北海へと注ぐ。
全長1320kmの行程で唯一段差があるのが、シャフハウゼンにあるラインの滝である。
このため船は積み荷を一旦陸揚げせねばならず、それ故この町は古くから交易で栄えた。
<Schaffhausen Reine Fall>
a0158226_22444862.jpg
<通行税徴収所?>
 どう見ても昔はここで通行税を取った関所の様な建物
a0158226_20500150.jpg

このラインの滝の両岸をスイス連邦鉄道の二つの路線が走っており
滝を絡めて列車を撮影するというのが今回この地を訪れた意図である。
意図は良かったのだが、日の方向がいまいちであまり良い出来とは言い難い。
<ラインの滝と列車>
a0158226_22495995.jpg
<南岸を走る列車> 岸辺の建物はラウフェン城 (↓写真をクリックして拡大してみると分かります。)
a0158226_22465709.jpg
<北岸を走る列車>  (↓写真をクリックして拡大してみると分かります。)
a0158226_22511290.jpg

写真を撮っていると可愛いお嬢さん達に写真を撮ってくれと頼まれた。
スマホでの撮影はあまり得意でないので
自分のカメラで撮っても構わないかと伝えると快諾。
FaceBookでシェアすることとなった。

<Annaさんペア> スイスの20代のお嬢さん
a0158226_22533718.jpg

      つづく
 
 


by Mr_Futchan | 2016-09-25 00:00 | 写真・写真展 | Trackback | Comments(4)