トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:Food( 4 )

トランスメディア提供アイコン01 紅白のそばと天空の城

 
写真では白いそばの花、紅いそばの花をよくみけるのだが、
紅蕎麦を食したことはこれまでなかった。

まずはいつもの白そばの方から。
丹波篠山には、やれ栗だのやれ黒豆だのと秋には腹の虫の言うままに
出かけて行く。
そんな帰り道にときどき寄るのが三田にある十割そば処「 山獲 (やまどり」である。
ここの秋・冬の名物は猪肉と蕎麦のセットなのですが、
少食?の私がたのむのはもりそばのみである。
<白いそばの花>
a0158226_9275953.jpg

<もりそば> 2014/10/5
 ここのそば湯は濃厚でとても美味しい (わさびの持ち帰り袋もついてます 笑)
a0158226_9295813.jpg


さて、紅蕎麦の方は、岡山の津山美咲町まで出かけた。
この日はせっかく岡山にでかけるのだからと深夜に出発し
途中、あの竹田城址を望む山腹の下見を兼ねて行った。

山麓の駐車場へのアプローチは工事中で、普段の倍の距離と時間をかけて
城址を望む第三展望台まで登った。
下見のつもりが、本命を得たような景色「天空の城」が待っていた。
<天空の城> ↓写真はクリックするとおおきくなります
a0158226_10544962.jpg


岡山の紅いそばの花が咲く棚田に着いた頃には
和田山竹田で雲海が出たにもかかわらず、しっかりと寒雨が降っていた。
棚田のそば畑の撮影もそこそこに、
お昼は棚田の麓にある「紅(あか)そば亭」でもりそばをいただいた。
<紅いそばの花>
a0158226_114116.jpg

<紅蕎麦のもりそば> 2014/10/9
 こちらのそば湯はあっさりとしていました
a0158226_1144173.jpg


どちらのお蕎麦も美味しかったです。
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-10-31 00:00 | Food | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 茶飲み友達と楽しむコピ・ルアク

 
コピ・ルアク( Kopi Luwak)とは
ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。
インドネシア語で「コピ」はコーヒーのことで、
「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名であるとのこと。
<コピ・ルアク> このパックはESPRESSO GRIND でした
a0158226_2327954.jpg


今日は中学校の同期会からの続きで、
ご近所にお住まいの' みーさん ' と ' まっちゃん '
そして大阪市内から' べーやん ' が集まった。

集まったのは、甲子園にある' みーさん ' の知人がマスターである
HIROYA KAFFEE 廣屋珈琲店というお店です。
マスターは自家焙煎にこだわり、ここのマスターが入れてくれた珈琲は
舌の肥えた芦屋、西宮、神戸ッ子に定評がある。
<マスター> ありがとうございます
a0158226_23291852.jpg


そのマスターに、
私がインドネシアで手に入れたコピ・ルアクを
厚かましくも持ち込みでいれていただいた。
<HIROYA KAFFEE コラージュ>
a0158226_23301154.jpg


そのうちに甘ったるい香りが何となくとただよってくる。
独特の香りです。
味は濃い色のわりには適当な苦みで後口がいい。
スウィーツは、
チーズの王様と言われる「ブリー・ド・モー」を使用したチーズケーキをいただいた。
<チーズケーキを添えて>
a0158226_23373179.jpg


2杯目は、マスターの丹誠込めて焙煎したオリジナル・ブレンド・コーヒーでした。
さすが、このコーヒーもストレートでいただいたが
後味がすっきりしていて美味しかった。
<廣屋珈琲店コラージュ>
a0158226_23374474.jpg


茶飲み友達の字の如く、
ボブ・ディランの曲が流れる中なんやかにやと話し続け、
2時間半ほど話して帰路についた。
<茶飲み友達> 左から まっちゃん 、べーやん 、みーさん、私
a0158226_23411221.jpg

by Mr_Futchan | 2014-01-23 23:42 | Food | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 La Rucola でランチ

7月8日はミシェラン一つ★のお店ラ・ルーコラでランチをいただく。
細い路地を入って突き当りにそのお店はあった。
普通なら添乗さんが飲み物の注文を通訳しながらとるのだが、
ここのお店はウエイトレス、ウエイターが全て仕切り、
プロ意識に徹している。
a0158226_21392083.jpg

まず、3〜4種類パンが出てきておしゃべりしながら
料理が出てくるのを待つ。
ランチ前の自由時間、多くの方は小物屋さんやお土産屋さんを散策、
バーゲンシーズンなのでイタリア・センスの小物を買った方が沢山いらした。
a0158226_21395620.jpg

パンをつまみながらそんな話しを聞いていると、
まずスープが出てきた。
スープは卵の殻に入ったポテトとズッキーニの冷たいポタージュ。
素材を味を活かして程よい塩味が抜群でした。
a0158226_2141435.jpg

次に出てきたホタテ貝の焼き物は、
どうしてこんなに柔らかくこの貝を焼けるのかと皆さん絶賛!
a0158226_21425326.jpg

メインは、カニのリゾット。
もともとリゾット、おじやは好きな方なのだが
まあ何と美味しい。(説明が全然書けない)
店内は比較的明るかったので、料理の写真でご勘弁下さい。
a0158226_2143155.jpg

第二の皿はエビの串焼きも、加減のいいお焦げと
これまた柔らかいエビの身に味が濃縮されていた。
a0158226_21452629.jpg

最後のデザートが凝っている。
三種も供され嬉しい限り。
ランチとしてはもったいないが、量も丁度よくおいしゅうございました。
a0158226_2147130.jpg


******************************

今日のオマケは六甲枝垂れ越しに見た大阪湾の夜景です。
カップルの多いビューポイント、おじゃましないように気を配りました。
(↓クリックすると大きくなります。)
a0158226_22135439.jpg

by Mr_Futchan | 2012-09-22 21:47 | Food | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 大阪の味 その1

お盆をむかえ、息子家族が帰ってきた。
息子の嫁は広島育ちで、大阪の食べ物に感激することが多い。
今日は「満月ポン」を初体験。
大阪の昔ながら薄味醤油味のポン煎です。
「美味しい!」と大絶賛でした。

これなら、生後8ヶ月の孫2号でも食べられる!
と、やってみるとこれが大変お気に召したようで、
ご満悦であった。

この「満月ポン」はやはり、大阪を中心に販売されてますが、
関東、東海、中国、北九州でもそれなりに頑張ってます。
調べて知ったのですが、東京・有楽町は大阪百貨店でも販売中とのこと。
ダイエット中の方には強い味方となることでしょう!
(食べ過ぎて太っても当方は責任持てません。また、私はこの製造者と何の関係もありません。)

<何、何! 孫1号2号の興味の先は>
a0158226_2285643.jpg

<満月ポン>
a0158226_2211930.jpg

<あんたもどう?>
a0158226_22114047.jpg

<美味しいよ〜>
a0158226_2211595.jpg

<美味しいやろ〜>
a0158226_22123173.jpg

by mr_futchan | 2011-08-13 22:12 | Food | Trackback | Comments(10)