トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:自然・四季( 165 )

トランスメディア提供アイコン01 白毫寺の藤

 
5月1日の白毫寺の藤棚には8時過ぎに着きました。
梅、桜が一週間から10日早かったので、
新聞情報を半信半疑で訪れたが、
その通りで少し早かったです。
ここは、外国人観光客は少なく、
カップル、女性連れや夫婦連れが多かったように思う。
当然、写真サークルも数組おられました。

花だけだと5分咲きでしたので迫力には欠けます。
この日は人物を絡ませて撮ることにしました。

<藤の花は5分咲き>
a0158226_22350508.jpg
<語らい>
a0158226_22353232.jpg
<藤の花撮影中> この服の色好きだな〜
a0158226_22364738.jpg
<夫婦の時間>
a0158226_22371806.jpg

 




by Mr_Futchan | 2016-05-13 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 奥大山で森林浴 (その3)

 
この日、緑の渓谷にも新鮮さを感じましたが
自分では新しい発見して心躍りました。

それは綺麗な映り込みを撮ってた時です。
砂防ダムで普通に緑と青空の映り込みを撮ってたのですが・・・・
(↓クリックすると写真は大きくなります。)

<新緑と青空>
a0158226_13233002.jpg

厚着をしてて空気の動きに気づきませんでしたが
風が水面をそっと撫ぜたのでしょうか?
人の目には分りませんがMFで撮ると
えも言われぬ写真が撮れたのです。
「新発見だ〜!」っとひとりごちています。
これを(その2)のコラージュの背景にも使っています。
(決してPhotoshopの成せる技ではありません。)

<そよ風の足あと>
a0158226_13235550.jpg
 
 




by Mr_Futchan | 2016-05-05 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 奥大山で森林浴 (その2)

 
午前中曇ってた空が快晴に向かい、緑が目に眩しい午後となりました。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<沢に陽が射して>
a0158226_19022615.jpg

散策路を少し上につめて
日頃は撮らない写真をいっぱい撮りました。

<広葉樹の葉に覆われて>
a0158226_19032490.jpg

<コラージュ〜 み ど り 〜>
a0158226_19044505.jpg
 
コメント欄を開けていますがお返事は2,3日遅れます。
お許し下さい。
 
 
 


by Mr_Futchan | 2016-05-03 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 奥大山で森林浴 (その1)

 
4月29日祝日

早朝中国道宝塚トンネルをスンナリと抜けて奥大山まで行きました。
奥大山のキーワードは「水」そして「ブナ」。
5年前の台風による水害でこの辺一帯は大打撃を受けた様ですが
昔の面影が次第に再生してきているとのことです。

砂防ダムが幾重にも建造された沢は苔むした石ころに覆われ
小鳥達がさえずる声が響き渡っていました。
この日は寒かったのですが、防寒着をしこたま着込んで
昼食も忘れ4時間近く撮っていました。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<緑の沢1>
a0158226_17033960.jpg


<コラージュ>
a0158226_16585859.jpg

<緑の沢2>
a0158226_16592491.jpg
 
 
コメント欄は開けていますが、皆さまへのお返事が2,3日遅れますことを
お許し下さい。
 
 
 


by Mr_Futchan | 2016-05-01 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 ハチ北の水芭蕉

 
4月18日 兵庫県の北部ハチ北にある「みずばしょうの里」を訪れた。
ここは休耕田を利用して水芭蕉を栽培している。
最近の暖冬のお陰で自生する水芭蕉を撮るには遅かったように思います。

<杉林の中で>
a0158226_23332014.jpg

<一休み>
 オタマジャクシが沢山生まれていました
a0158226_23334457.jpg

<映り込み>
a0158226_23340902.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2016-04-27 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(6)

トランスメディア提供アイコン01 氷見 島尾海岸の波、光

 
2月11日庄川峡の後は五箇山から白川郷に抜ける予定でいましたが
あまりの外国人観光客の数に圧倒されて敬遠し、
再び雨晴海岸、氷見の海岸、氷見港に廻りました。
このときの氷見の海岸、
日本の水浴場55選に選ばれている海水浴場、 島尾海岸です。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<コラージュ〜島尾海岸〜>
a0158226_00014076.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2016-03-04 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(2)

トランスメディア提供アイコン01 庄川峡の映り込み

 
2月11日は日が昇ってからホテルをたち、まず向かったのは庄川峡です。
三脚を立てて準備していると次第に峡谷の奥まで陽が射し込んできた。
雪が緩む山々や空がダム湖に映り込み、ため息が出るほどの綺麗な湖面でした。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<青い湖面>
a0158226_20321985.jpg

ダム湖には湖を半周する長崎橋周遊コースと
船でしか行けない彼の有名な大牧温泉を往復する大牧温泉コースの
2つのコースの遊覧船が運航されている。
いつかは大牧温泉に行って雪見風呂に入りたいものです。

<船がきました>
a0158226_20345441.jpg
<船の波紋>
a0158226_20351153.jpg
<Uターン> 長崎橋周遊コースの遊覧船でした
a0158226_20353411.jpg
 
 




by Mr_Futchan | 2016-03-02 00:00 | 自然・四季 | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 冬の雨晴海岸

 
2月10日の朝富山湾に面する雨晴海岸に立った。
夜明けに着きたかったが
雪が深々と降る暗い朝、雪国に慣れないものにとっては初体験の連続でした。
海霧は期待はしてませんでしたが、
雲間から漏れた陽を受けた海面は黄金に輝いていました。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<冬の海>
a0158226_18243112.jpg

誰もいない海岸を
少し進むと波だまりに水鳥達が隠れるようにたたずんでいました。
寒い朝でした。
<波だまりに>
a0158226_18353511.jpg
 
コメント欄を閉じていますのは、今日から4,5日インドネシア出張にでます。
足あとついでに「イイネ」ボタンをクィッと押していただければ有り難いです。
それでは、皆さんお元気で!





by Mr_Futchan | 2016-02-24 00:00 | 自然・四季 | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 シンシンと白川郷に雪は降る

 
2月9日午後2時、降雪の中白川郷に到着。
村灯りの合掌の郷を撮りたかったが、雪の積もった暗い道の運転に
習熟しておらず、早々に砺波に抜けた。

<雪は降る> ↓写真はクリックすると大きくなります
a0158226_19145480.jpg

 撮影旅行に出ますのでしばらくコメント欄を閉じています。
 足あとついでに「イイネ」ボタンをクィッと押していただければ有り難いです。
 


by Mr_Futchan | 2016-02-21 00:00 | 自然・四季 | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 アイスアート in 扁妙の滝2016

 
滝全体を撮ってから
扁妙の滝の滝壺周りの氷の芸術アイスアートの撮影に入る。
流れが有る時は長靴、今回のようにガチガチに凍っている時は
少し歯の長いアイゼンを用いる。
(簡易アイゼンですが、通勤用の歯の短いのから少し歯の長いのまで3種類持って行きました。)
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<1>
a0158226_21051305.jpg

カメラ3台、レンズ7本、長靴、アイゼン、スパッツ、防寒具、カッパetc.の入った
カメラザック2ヶを前後に担いで20分あまり登ったものですから
日頃燃焼していない脂肪が一気に燃え出して、
氷の中でも体はカッカかっかとしてました。
帰宅して夕食後体重を計ったら2kgも減量してました。(すぐにリバウンドしましたが)
ワンゲル魂が燃えだして最後まで羽毛入り防寒具は着ずじまいでした。
<2>
a0158226_21060495.jpg
<3>
a0158226_21062514.jpg

2時間半ほど撮ってたんですが、
11時頃から時折滝が溶け出し、
手の拳ほどの氷塊が音をたてて落ちて来る。
これは危ないので滝壺からは離れて撮ってました。
流れが有るともっと雫の写真が撮れのですが・・・今回はこれぐらいで。
<4>
a0158226_21073711.jpg
<5>
a0158226_21075677.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2016-02-17 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)