トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:旅行(国内)( 131 )

トランスメディア提供アイコン01 淡路島モンキーセンター ある子猿

 
モンキーセンターのお猿さんたちは春の訪れとともに山へ帰っていく。
2月末ともなるとセンターに集まるお猿さんも少なくなっていた。
今回は3人での撮影会でしたが、
私以外は初めてここに来たので行儀のいいお猿さんに驚きでした。

一匹の元気のいい子猿さんが愛嬌を振りまいてくれて
追っかけしてました。

<こんなことも出来るんだよ> お母さん心配そう
a0158226_20363684.jpg

<危ないじゃないの!> ゴメンナサイ
a0158226_20365511.jpg

<もう子供じゃないもん>
a0158226_20371442.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-03-05 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(4)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地 ⑪

 
 
   青 い 池
 
a0158226_10415899.jpg
    *   *   *

撮影旅行に出かけています。
月末まで予約投稿していますが、コメント欄は閉じて行きます。
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-02-26 00:00 | 旅行(国内) | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地 ⑩

 
 
   マイルドセブンの木

a0158226_10383034.jpg
 
    *   *   *

撮影旅行に出ています。
月末まで予約投稿していますが、コメント欄は閉じて行きます。
 
 




by Mr_Futchan | 2017-02-24 00:00 | 旅行(国内) | Trackback

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地⑧ 〜 けあらし 〜

 
ダイヤモンドダスト、樹氷、けあらし
冬の北海道の3アイテムが揃いそうと富良野へ移動する。
外気温はまだー10℃を超えてなかったでしょうか
鳥沼公園では見事にけあらしが沸き立っていました。

<けあらしの池>
a0158226_18114780.jpg

強い逆光のため全てモノクロ写真のようになりました。
カメラにヒーターも何も付けていません。
D810の電池は1日持ちました。
Sonyα7IIの電池は低温に弱いですが
移動時使い捨てカイロで暖めながら使用すると
常温で使用の時より長持ちするような???

<水鳥の宿>
a0158226_18120598.jpg

よく言われるように
防塵防湿処理の甘いカメラは結露で直ぐにやられるので
暖かい部屋に戻る時はカメラをザックに入れて急激な温度変化を避けました。
それ故、画像は明くる日まで確認しませんでしたし
車の中も防寒着を着てました。

<水辺の霧氷>
a0158226_18122463.jpg
 



by Mr_Futchan | 2017-02-17 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(5)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地⑦ 〜 樹 氷 〜

 
ダイヤモンドダストの興奮が覚めやらぬまま樹氷の綺麗な
峠にさしかかった。
目が痛いぐらいの強い光の中シャッターを押す。

<樹氷の丘>
a0158226_10311995.jpg

<光芒のカーテン>
a0158226_16154959.jpg

<青空に映える樹氷>
a0158226_10304556.jpg
 
 
 

by Mr_Futchan | 2017-02-13 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(7)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地④

 
明くる20日朝の天気は、予報の方も前日の夜に「晴れ」に変わった。
新栄の丘に登り、日の出を待ったがイマイチ空は染まらず。
数枚撮ったところで、林氏が周りの木を見て
予報より気温が低いと思うので(-15℃以下)
「ヒョッとするとダイヤモンドダストが見られるかも知れない。」と。

<夜明け> 美瑛岳、オプタテシケ方面
a0158226_17433321.jpg

急いでダイヤモンドダスト撮影ポイントに向かう。
撮影ポイントの橋の上に着くと、先客は3台。
多いときには50台もの撮影者が集まり、車を停める場所に苦労するとのこと。

ダイヤモンドダストを待つ間、
周囲の樹氷や橋下の箱庭のような雪の川原を撮っていました。

<雪原の木立> 
a0158226_17440657.jpg

<動物たちの箱庭> 
a0158226_17443435.jpg


<朝陽を浴びる木々>
a0158226_17445444.jpg

このポイントに1時間あまり粘りましたがハズレでした。
初めてダイヤモンドダストを撮りに来て
そう易々と撮れるものでもありませんね。

林氏曰く「川湯温泉なら極寒で晴れたらどこででも撮れますよ。」
そんなことを話しながら、朝食を摂りにコンビニに向かっていたら・・・
それは誰も居ない道端で出会いました。

 ・・・・・ つづく


by Mr_Futchan | 2017-02-05 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地③

 
天気の方はだんだんと回復に向かい
昼からは太陽も薄曇りのフィルターがかかりながらも
顔を出した。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<1>
a0158226_23493780.jpg

<2>
a0158226_23500308.jpg

<3>
a0158226_23502352.jpg

<4>
a0158226_23504076.jpg
 
 



by Mr_Futchan | 2017-02-03 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛 雪の大地②

 
クリスマスツリーの木に1月19日には3回訪れています。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<1> 10:16 天気 : 雪
a0158226_23160499.jpg

<2> 14:14 天気 : 薄曇り
a0158226_23163028.jpg

<3> 16:22 天気 : 晴れ
a0158226_23165254.jpg
 


by Mr_Futchan | 2017-02-01 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 北海道・美瑛/富良野 雪の大地①

 
1月18日伊丹から羽田経由旭川へは定刻通り到着。
ここから白金温泉へはホテル迎えのマイクロバスで半時間ほど揺られる。

翌日から2日間美瑛を活動の場とするプロカメラマン林祐介にお世話になる。
大阪を出るまで天気予報の方はかんばしくなかったのだが、
予報は良い方にハズレ素晴らしい2日間となりました。

雪降る空は白く、雪原の木を撮るとモノクロ写真と変わらない。
それにしてもRAW現像してますが雪景色の色温度設定は難しいですね。
(↓写真はクリックすると大きくなります。)

<2本の木>
a0158226_22230998.jpg

<3本の木>
a0158226_22233285.jpg

<4本の木>
a0158226_22234932.jpg
 
 



by Mr_Futchan | 2017-01-31 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 殘り柿光る合掌造り集落を訪ねて③ 〜白川郷・荻町〜

 
白山から流れ出る大白川と庄川とが合流するときに白く濁ることが
地名の由来とされる白川郷には59戸の家屋が現存している。
気流に沿って微妙に家の向きが変化しているのが、
城山展望台から見るとよく分かる。

薄暮には小雪が降ることを期待していたがそうそう美瑛の青い池の様な写真は撮れず
明くる朝に撮った写真をモノクロに仕上げました。

<朝霧につつまれて>
a0158226_08405588.jpg


<残り柿>
a0158226_08442171.jpg

<郷に生きる>
a0158226_08443693.jpg
<ひっそりと>
a0158226_08435669.jpg
 
 


by Mr_Futchan | 2017-01-17 00:00 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(7)