トランスメディア提供アイコン01 2017年 04月 11日 ( 1 )

トランスメディア提供アイコン01 JR東日本721系 常磐線新地駅にて(鉄写同好会2017年4月 )

 
昨年の12月10日
震災から5年9ヶ月振りに浜吉田~相馬間が運転再開となった。
それまで亘理駅〜相馬間は代行バスが運行されていて
そのバス停の様子は鉄写同好会2016年12月(←リンク)にアップさせていただいた。

ここは福島県相馬郡にある新地駅です。
 2011年3月11日、大津波により停車中の列車とともに被災し、ホーム・跨線橋を残して駅および周辺一帯が壊滅した。
 列車も数十m押し流されて大破したが、約40人の乗客は偶然乗り合わせていた警察官2人の誘導で新地町役場に避難し
 乗務員も跨線橋に避難して無事であった。
2017年12月10日、浜吉田~相馬間の運転再開と新たな駅舎の完成を記念する式典に安倍首相が出席された。
<新地駅>
a0158226_10262834.jpg

新地駅止まりと始発(平日2便)もあり改札口の前にはバス・タクシーの表示はあるのだが、
定期バスの運行もなく、タクシーの待機はめったにありません。
一度待ちぼうけをくらい相馬駅まであるこうかとおもいましたが、
約10kmありあきらめました。
<新地駅改札口>
a0158226_10283605.jpg
<トイレの横には>
a0158226_10285489.jpg
<仙台駅・山元駅方面>
a0158226_10291313.jpg

そうこうしている内に仙台行き列車がきました。
 JR東日本721系は仙台支社で運用されている在来線電車の車両更新と
 仙台空港アクセス線での運用を目的に開発され、2006年から導入されている。
<仙台行き列車>
a0158226_23363617.jpg
 
 
 


by Mr_Futchan | 2017-04-11 00:00 | 鉄道写真 | Trackback | Comments(9)