トランスメディア提供アイコン01 2014年 08月 13日 ( 1 )

トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行 8 〜 フルカ山岳鉄道⑤ 〜

 
7月12日(土)はグレッチGletschDFB駅発17:20のPostバスに乗って
フルカ峠越えしてアンデルマットに引き返す。
前日出会った人は保線係員1人、この日に見たのはハイカー4人でした。
<撮影ポイント④>
 あれ? 機関車は後ろ向きに牽引してました
a0158226_1665959.jpg


4番目のポイントで撮ったあと、グレッチに戻りPostバスを待つ間
グレッチGletschDFB駅横の展示室に入ったり
無人のグレッチ駅を撮ったりして時間をつぶした。
<水害で苦労した様子>
a0158226_16281615.jpg

<無人のグレッチ駅>
 給水設備が各駅に立っている
a0158226_23585874.jpg


結局アンデルマット行き最終Postバスに乗車したのは
熟年夫婦と我々4人だけ。
自分たちが行き来したトレッキングコースやフルカ峠を車窓から
楽しみながらアンデルマットに帰って来た。(18:28着)
<マーモット>
 サービス精神たっぷりの運転手はマーモットを見かけるとバスを止めてくれた
a0158226_168722.jpg

<ムッテンヘルナーの山肌とフルカ山岳鉄道>
 旧フルカトンネルも苦労して建設されたんだろうね
a0158226_1684385.jpg

<Postバス車内>
 峠にさしかかると霧もでてきた
a0158226_1682228.jpg

<フルカ峠反対側(レアルプ側)>
 旧フルカトンネルとフルカFurkaDFB駅が見える
a0158226_16284149.jpg

<レアルプへの下り>
 雨が降り出した
 このヘアピンカーブ、前日の帰り道ここを歩くとものすごく損した気持ちになった
a0158226_16212118.jpg


***  おまけ *** *** *** *** ***
 
グレッチ駅よこに駐車していた往年のT型フォード
古いものを大事にする精神がしみ込んでいる様な。
山岳鉄道を復活した人のものでしょうね。
a0158226_78740.jpg


                                          つづく
 

by Mr_Futchan | 2014-08-13 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(6)