トランスメディア提供アイコン01 スイス・オーストリア撮鉄旅行(12) アッヘンゼー鉄道1

 
9月7日はオーストリアへ移動の日です。
6時過ぎに目を覚まし
フィリズールFilisurを通過するサンモリッツSt. Moritz行き列車の
光跡を撮る。
<一番列車の光跡>
a0158226_11114364.jpg

ここで、ちょっと困ったことに。
氷河急行停車駅であるこの駅でも、オーストリアへ行くとなると
イエンバッハまでの切符は発券出来なく、
しかたなく国境の駅サルガンスSargans駅までの切符を買った。
問題はSargansでの乗換え時間は10分しかないこと。

急いで、10:01発のクールChur行き列車RE1128(氷河急行連結)に乗車、
Churで乗換えSargansに到着。
乗換ホームで僕が荷物を確保してH氏が券売所に走り、
列車がホームに入ってきて停車したと同時に彼が息を切らせて戻ってきた。
滑り込みセーフ !! 

インスブルックInnsbruckで乗換え、イエンバッハJenbachに15時前に到着した。
ホテルは、Jenbachから出ているツィラタール鉄道Zillertal Bahnに乗って3駅、
ストラスStrassという駅のすぐ前にあった。
この鉄道の切符は全て車内販売でした。(始発駅にも切符売り場はなし。)
<Jenbachの宿> Gashof Hotel−Post
a0158226_11121152.jpg


明くる9月8日は、イエンバッハとその北アッヘン湖へ登る観光鉄道
アッヘンゼー鉄道Achensee BahnのSLを撮影する。
Achensee Bahnは1989年に開業し、
かたくなに開業当時のままの姿で運行されており、
定期運行されている歯軌条式(ラック式)鉄道では世界最古の鉄道である。

7時過ぎにホテルを出て、撮影地にはバスで移動する。
通学ラッシュで、列車もバスも周りは学生ばかりでした。
<Strass駅からJenbach駅へ> 7:27 
a0158226_11021410.jpg
<Jenbach駅からはバスに乗り換え> 7:50
a0158226_11124399.jpg
<Fischiバス停周りの風景> 8:02
a0158226_11025093.jpg

スイスでもそうですが、
田舎に入るとどんな人にも「おはよう」「こんにちは」と挨拶した。
そうすると思わぬ好意を受けることがある。
どこの国でも勝手に牧草地に足を踏み入れることは不法侵入で退去させられても仕方ない。
このときも、挨拶してから日本からSLの写真を撮りに来たと伝えると
三脚が安定するようにと高台の牧草を先に刈ってくれた。ありがとうございました。
<牧草を刈ってくれた> 力強い女性でした
a0158226_11031848.jpg
<登るSL> アッヘン、ゼーゼーと登っていきました
a0158226_11033852.jpg

FischiでSLを撮った後は標高970mのところにある
エーベンEben駅まで30分ほどハイキングコースをたどった。
 
                             ・・・つづく


by Mr_Futchan | 2016-10-27 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/23306296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 笑子 at 2016-10-27 13:21 x
オーストリアへ・・・
乗り換えの時間の短いこと!
旅慣れているからこそですね~~
海外でもやはり笑顔で挨拶が大事ですね
三脚を立てるところを快く草刈りしてもらえる
素敵な旅の1シーンですね(*^_^*)
Commented by chacha○ at 2016-10-27 20:30 x
列車の乗り継ぎ、チョットタイトですね〜
ヨーロッパの山岳地方は美しいですね。
Commented by かず某 at 2016-10-27 22:03 x
こんばんは〜
自由気ままな旅だからこそこんなに素敵な1枚が撮れるんでしょうね〜〜
それにしても、、、語学力が無いと絶対に難しい!!(汗
流石ですね〜〜!

<< 雨上がりの秋薔薇 with W... 初秋の浜辺 >>