トランスメディア提供アイコン01 里山のクヌギ林

 
以前ご紹介した台場クヌギは能勢のあちらこちらで見ることが出来ますが
この日は比較的新しいクヌギ林に入って行きました。
このクヌギ林はとても丁寧に人の手で組織的に保全されており
歩いていてもとても気持ちよい。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<クヌギ林>
a0158226_20445194.jpg
<下草が刈り込まれた林>
a0158226_20495767.jpg
 
もうこの林には10年以上前から入っています。
冬はクマにも注意しなくてはならないですが、
加えてイノシシにも、更にはイノシシ狩りの鉄砲にも注意しなくてはならない。
ですから、この辺りの山に入る時は派手な服(真っ赤です)を着て誤射を防いでいます。

新しい林ですが、炭焼きの為に切られたのか台場クヌギの子供のような木も存在しています。
こんな林も北摂の魅力の一つです。
<台場クヌギ>
a0158226_21084654.jpg
<不思議な林>
a0158226_20494441.jpg
 
 




by Mr_Futchan | 2016-01-27 00:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/22277260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あき at 2016-01-27 15:54 x
こんにちは^^
冬の荒涼とした林の中にも
春の息吹を感じ光景があるのような気がします。

熊やイノシシ、そして狩りの鉄砲など
注意が必要のようですね。
お気をつけて散策をしてくださいね。

本当に不思議さがある林ですね。
Commented by chacha◯ at 2016-01-27 21:18 x
きちんと管理された所にも
クマやイノシシが出現するんですね〜
獣より鉄砲の方がよっぽど怖い!

モノクロのクヌギ林、いい雰囲気です。
Commented by Mr_Futchan at 2016-01-27 21:55
★あきさま

>本当に不思議さがある林・・・
そうなんです。
初めてここに入った時は感激しましたね。
どうしてこんなに刈り込んで綺麗なんだ!

調べてみると
何故下草を刈っているかと言えば、
どうも蝶の一種を保護するためみたいです。
飛立ちやすいようにとの思いやりだそうです。
Commented by Mr_Futchan at 2016-01-27 21:59
★chacha◯さま

>獣より鉄砲の方がよっぽど・・・
そなんですよね。
猟銃の話しをしたら妻が
赤と黒のリバーシブルなジャンパーを買ってくれました。

はい、最近モノクロにハマってます。笑)
Commented by まこちゃん at 2016-01-27 22:55 x
クヌギの力強さを感じます
モノクロ 良いですね
Commented by Mr_Futchan at 2016-01-28 06:54
★まこちゃんさま

クヌギ林は幼い頃カブトムシやクワガタを
捕ったり、スズメバチに追いかけられた
古えの思い出のあるところなので
モノクロにしました。
Commented by marsfan2015 at 2016-01-28 09:12
わ~ぁ~  何だか日本じゃないような雰囲気ですね
ヨーロッパの田舎 黒いマントの少女が歩いている・・・ みたいな。
好きな写真です^^
                         ゆっきー
Commented by 笑子 at 2016-01-28 14:35 x
お気に入りの林なのですね
クヌギの子供のような木もいたりして
生命力満ち溢れる空間ですね(^^)v
Commented by Mr_Futchan at 2016-01-28 23:18
★ゆっきーさま

>黒いマントの少女
赤いジャンパーの初老の男と言うのは絵になりませんかね。
貴女のようなイメージは浮かばなかったですね。
きっと何かの映画の記憶ではないでしょうか?
それもスリラーか魔女刈りの映画なんかかな?
Commented by Mr_Futchan at 2016-01-28 23:24
★ 笑子 さま

確かにお気に入りの林なんですが、
先日ワンゲルの後輩と会って話したとき
(彼はカミキリムシの採集が趣味)
あそこへは年に5,6回行ってますとのこと。
僕の上手をいく人がいました。

<< 春待ち空 by 空倶楽部 冬の歳時記 北摂の「寒天干し」 >>