トランスメディア提供アイコン01 湖東の紅葉巡り その1 〜永源寺〜

 
11月21日、中学校の同窓生”べー・おおさか”氏と永源寺と
湖東三山(百済寺・金剛輪寺/西明寺)へ紅葉狩りに行きました。
南のお寺から訪れるカッコウとなりました。

実は”べー・おおさか”氏とある企画を練っており、
彼がこの日の夕方にその打ち合わせというよりは懇親の場を
彦根にもうけてくれました。

そんな訳で、写真を趣味とする私と趣味としない
”べー・おおさか”氏とのデートとなった次第です。


   ***   ***   ***   ***   ***

まずは、永源寺。
時の近江守護職、佐々木六角氏頼公が、
入唐求法の高僧”寂室元光禅師(正燈国師)”に帰依し、
領内の土地を寄進して伽藍を1361年創建したことが始まりです。
中世戦乱期に兵火により衰微したが、江戸時代中期に伽藍が再興された。

紅葉の名所であることは言うまでもありません。
まだ、早いかなと思っていましたが、どうして、どうして、
ご覧いただければ分かります。

<山門>
a0158226_20581637.jpg


<お手水場に・・・>
a0158226_20582916.jpg


<山門横の紅葉>
a0158226_2058423.jpg


<法堂>
a0158226_20585578.jpg


昼食時間となりましたが、次の百済寺へ急いだ。         ・・・ つづく

by Mr_Futchan | 2014-11-23 22:00 | 自然・四季 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/20418751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by simon777_ at 2014-11-23 22:52 x
こんばんは☆

光線たっぷりで、輝くような見事な紅葉です。
善男善女が参詣する寺社、秋の良き一日だった様ですね♪

↓、入賞おめでとうございます。
白状は不要、良いものは良いのですから。
Commented by Mr_Futchan at 2014-11-24 08:08
★サイモンさま

ありがとうございます。
ちゃんと講評された方に言っとかないと
ライトを見れば鉄ちゃんはだまされない。
鉄ちゃんが聞いていたら、
「何にも知らんな。」と変なことで講評者そのものの
知識が問われるので、講評の場で述べておきました。

技術者は、データ(写真)にウソはつけない。 笑)
Commented by chacha○ at 2014-11-24 16:52 x
見事に色づいてますね~
一番の見頃だったのでは?
山門横の紅葉、美しい。
Commented by Mr_Futchan at 2014-11-24 21:36
★chacha◯さま

この日は金曜日でしたが、
名神も湖東三山でも道路、駐車場は空いていて
信じられなれなくて、
キツネに花をつままれたよう一日でした。
紅葉も盛り、我が箕面の山も笑っています。
家の前もこの3日は大渋滞でした。
これが12月の声を聞くと
人の流れが都心に向かいます。
Commented by bara at 2014-11-24 22:31 x
こんばんは~

へぇ~空いてたんですか?

永源寺の紅葉、ピーカンのお天気で紅葉も輝いていて綺麗~~。

勝尾寺や滝の紅葉と違って見えます。

ほんと美しい~。べー・おおさか氏とおデートだったのね^^

彼の目的はばなんだろぅ~~。多分あれかな?

(もしかしたら30日にお邪魔するかもです。その日しか行けないし・・(苦笑)
Commented by Mr_Futchan at 2014-11-25 12:44
★baraさま

18時から彦根で懇親会でした。
彼はあまりアテも食べずに冷酒を
沢山飲んでたなー。
彦根をたったのが午後8時40分ですから
2時間半飲み続けてましたね。
僕は例によってノンアルコールビールで
付き合ってましたが、お腹がタポタポでした。
ホント、ピーカンなのに空いてましたね。
連休はすごい人でしたでしょうね。
箕面もすごかったらしい。
Commented by べー・おおさか at 2014-11-25 21:31 x
お疲れさんでした!
いい天気に恵まれて紅葉狩りも楽しめ、阿酒羅も美味く頂き、有意義な一日となったよね。
目加田・文さんも時間が経つのが早かったと喜んでいたので、出だし良しやね。
次回は、創業2百年の醤油屋さん訪問も含め、いろいろ、調査しましょか!
Commented by Mr_Futchan at 2014-11-26 14:37
★べー・おおさかさま

飲めない私も時間が経つのが早かった
ですね。
道路が空いててよかった。

目加田・文さんとの肝心の打ち合わせは余りしなかったな〜。
反省してます。

<< シャボン玉とんだ 〜篠山チルド... 小湊鐵道高滝駅ニャンコ駅長 入... >>