トランスメディア提供アイコン01 夜明けの『鉄塔と空』 by 空倶楽部

 
     *****   *****   *****   *****   *****
 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に「空の写真」を掲載する活動です。
私は46回目の参加です。

詳しくは、かず某さんchacha◯さんのBlogでご確認下さい。

10月9日のお題は「鉄塔と空」です。

********************************************* 
 
今年初めて福知山のマイ雲海テラスに立つ。
途中、舞鶴自動車道では濃霧の兆候は全くなく今日は外れかな?
と思いきや、テラスに立つと何と湧いてるじゃありませんか。
濃霧も湧いてもらわないと黒豆や紫ずきんも美味しくならない。

ただ、この日は地平線近くは生憎雲がかかっており、
雲上の日出はお預けとなった。
暗い空の中に鉄塔の航空障害灯がまたたいていた。
今年初めての雲海、何度見ても感動の夜明け。
時間は瞬く間に過ぎました。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります)

<夜明け前の鉄塔と空>
a0158226_21412629.jpg

 撮 影 日 時:2014年9月28日 5:20
 場   所 : 丹波 福知山
 撮影データ :
       Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0G (撮影時:46mm、トリミング)
       ISO 400 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV-0.7 8sec   三脚使用 
 
<雲海の空に浮かぶ鉄塔>
a0158226_21415061.jpg

 撮 影 日 時:2014年9月28日 5:26
 場   所 : 丹波 福知山
 撮影データ :
       Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0G (撮影時:120mm)
       ISO 400 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV-0.7 2.5sec   三脚使用 
 
<雲中の日出>
a0158226_2142962.jpg

 撮 影 日 時:2014年9月28日 6:09
 場   所 : 丹波 福知山
 撮影データ :
       Nikon D800 レンズ:24-120mm f/4.0G (撮影時:58mm)
       ISO 250 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV+0.7 1/320sec   
 

by Mr_Futchan | 2014-10-09 00:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/20266622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ジュレ at 2014-10-09 03:05 x
おはようございます。

朝の静けさ、
なんとも幻想的です。
マイ雲海テラス?
ご自身だけの
とっておきの場所・・いいですね。
Commented by bara at 2014-10-09 10:02 x
こんにちは

色々試行錯誤されたのでしょか。素晴らしい鉄塔と空をゲットですね。
二枚目、鉄塔の明かりが光ってる~~。
さすが狙いが違うわ(尊敬!!)

昨夜の天文ショー見た?綺麗だったね~。
赤い満月を急きょアっプしたよ~。
Commented by ゆっきー at 2014-10-09 14:06 x
雲海 凄いです
姫路から 何度かチャレンジしましたが 見たことがありません 涙
一度は見てみたいな~
Commented by まこちゃん at 2014-10-09 19:46 x
素晴らしい雲海の中から突き出す鉄塔
凄い
早起きした甲斐がありましたね
Commented by かず某 at 2014-10-09 21:07 x
こんばんは〜〜
美しい〜!こんな素敵な情景を見ることができるのであれば、労は惜しまないですね!
雲海から姿を見せる鉄塔。
ちょびっとだけど存在感ありますよね〜
Commented by chacha○ at 2014-10-09 22:03 x
雲海から出た鉄塔、素敵です。
いい光景、綺麗だな~
早起きしたご褒美。
Commented by noko at 2014-10-09 23:59 x
マイ雲海テラス、素敵な所ですね。
2枚目のお写真、鉄塔が光っていますね。

早起きして、素敵な景色に会えましたね。

う~ん、羨ましい・・・。
Commented by lunaya at 2014-10-10 09:03 x
Futchan さま

雲海のシーズンが始まりましたね。
何度見ても感動~、のシーンなのですね。
そうでしょうね、お写真でコレですから!
いつの日かナマで見ることができるかしら?(笑)

遠くで儚げに、でもしっかり点っている鉄塔の灯が
とてもステキです。
自然の風景でありながら、そこに人の営みや
エネルギーを感じられるシーンが好きです!
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 17:31
★ジュレさま

この場所は、生前の妻と地図を見ながら探し当てたところです。
初めて福知山、大江山に向かったときは
ネットで調べることもなくどこに行っていいからず、
自分たちの感だけで探しました。

いつも感嘆の独り言をつぶやきながら撮っています。
チョッとクマやイノシシが怖いですが
食べ物は持ってませんので大丈夫かな?
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 17:37
★bara さま

>二枚目、鉄塔の明かりが光って・・・
10月の宿題を念頭に置いて撮ってますので
瞬く感覚を計り何度目かにゲットしました。
こういう時デジタルカメラは便利ですね。

赤い満月綺麗に撮れてますね〜
僕も来年4月はトライしてみます。
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 17:41
★ゆっきーさま

姫路からだと、
あの有名になり過ぎた竹田城址に行かれたのでしょうか?
ものすごい人ですね。
昨日下見に行ってきました。
平日にも関わらず40人余りの人がため息をつきながら
朝のドラマを鑑賞しました。
これが土日にはどうなるんだろうか?
三脚など立ててられないかも?
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 17:50
★まこちゃんさま

ありがとうございます。
雲海撮影は早起き必須ですね。
これだけじゃなくホント早起きは三文お得! ですね。
ここは毎年行っているところなんですが、
この夏の雨や台風による道路の被害を心配して
おそるおそるハンドルを握りました。
一人で行ってますから、脱輪したらと思うと力が入りました。
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 18:05
★かず某さま

毎回空倶楽部のお題は励みになっています。
ありがとうございます。

鉄塔写真への取組み方は、
日常生活に溶け込んだ情景として現したかったのです。
そのためにはどうすればいいか?
結局頭に浮かんだのは、マイ雲海テラスからの鉄塔の姿でした。
共感していただいて嬉しい限りです。
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 18:09
★chacha○さま

かず某さんのところでも書きましたが
毎回空倶楽部のお題は励みになっています。
ありがとうございます。

早起きは三文の得!
 このご褒美を一回いただくとやめられません。 笑)
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 18:17
★ noko さま

この場所は亡くなった妻と地図を見い見い探し当てたところです。
初めてこの場所に立った時、
いつも冷静な妻がものすごく興奮したのを覚えています。
もう一つ思い出すのが、
中国縦貫のオービスを光らせてしまったことです。
結末は、ご想像にお任せします。 
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-10 18:30
★ lunayaさま

>いつの日かナマで見ることができるかしら?
朝早いですからね。
始発も動いてませんから、
何処かの道の駅か、JRの駅で待ち合わすことぐらいでしょうか?

>自然の風景でありながら、そこに人の営みやエネルギーを感じられる・・・
我々のワンゲル活動もそう言うところに身を置くことを
目指していました。
そんなことを感じていただける写真が撮れたら、
こんな嬉しいことはありません。  精進します。
Commented by simon777_ at 2014-10-10 22:59 x
こんばんは☆

訪問遅くなりました。
素晴らしいテラスを持たれているのですね♪
ここへは簡単に辿り付けない場所では無いかと思っています。
転勤族の時代に日本海側で足掛け10年暮らしましたが、このような景色を見ることが出来る場所を幾つか見ることが出来ましたが、その頃の事を思い出します。
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-11 00:20
★サイモンさま

ここの他に大江山にもマイ雲海テラスがあります。
どちらも亡き妻と探し出したポイントです。
僕の理想はそういう撮影を気の置ける人と
撮り歩くことだったんですがね。(
それは男が勝手にリタイア後楽しみとして思ってるでしょうが
ホントはリタイヤするまでの道のりが大切なんですね。

今日、小学校の時の同窓生と話しましたが
ラブラブの夫婦は色んなところに一緒に出かけてますね。
いつも秋に話す機会が出来るのですが
話していても面白くてついつい長電話になってしまいます。
いつまでもラブラブでいて欲しいものです。

<< スイス撮鉄旅行 31/End ... 『祝 100回記念』 湖畔の彼... >>