トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行 30 〜 Churへ 〜


7月19日(土)は、8:30ホテルを出発。クールChurに戻ればいいだけの日です。
宿泊証明が有効なのでオスピツィオ・ベルニナOspizio Bernina駅から
アルプ・グリュムAlp Grum駅間を往復して、ベルリナ線とお別れをする。

<早朝2番列車>
 昨日より少し早かったのでTirano行きはBrusio駅で待機、St.Moritz行きは
 ループ橋を渡って登ってくる
a0158226_22295362.jpg


<カンブレナ氷河の赤い肌> ズームアップ&トリミング
 ハッキリと何か(サハラの砂)が降り積もっているのが分かる
a0158226_22302922.jpg


<オスピツィオ・ベルニナ → アルプ・グリュム>
 ハイキングコースとクロスし、パリュ氷河が近づいてくる
a0158226_2230444.jpg


<パリュ氷河の下> 麓にはパリュ湖が息づく
a0158226_22343444.jpg


しばらくアルプ・グリュム駅で時間を過ごして、
再びオスピツィオ・ベルニナ駅に取って返し、
途中ランドヴァッサー橋にも寄り
クールでレンタカーを返しホテルに着いたのは18:00でした。

<ランドヴァッサー橋> GEX900(Zermatt→St.Moritz)
a0158226_22345796.jpg


<ランドヴァッサー橋へ向かう氷河急行> GEX902(Zermatt→St.Moritz)
a0158226_22351292.jpg


                                                                                                                           つづく

*******  ******* ******* ******* ******* 
 
9月29日 大阪から新潟に飛んだ。
飛行機は御岳山の北を横切る。

10月7日現在死者54人、行方不明の方はまだ10人もおられる。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

<噴煙を上げる御岳>
a0158226_22364688.jpg

by Mr_Futchan | 2014-10-07 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/20254399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by てくっぺ at 2014-10-07 22:52 x
こんばんはです。^±^ノ

きれいな雪渓ですね。^±^
鉄道も素敵だし。^±^ノ
日本で一番近いのは、黒部峡谷鉄道でしょうか?
でも、トロッコじゃ、ないか。^±^;
Commented by mr_futchan at 2014-10-08 06:53
★てくっぺさま

トロッコじゃないですが、黄色い観覧車を
何台もつなげれば、限りなくトロッコに
なりますがね。
ランドバッサー橋のあるアルブラ線は
貨物列車や生活路線でもあるので、
観光一色とはなりませんね。

黒部はまだ終点の欅平まで行ったことない
ぜす。
Commented by chacha○ at 2014-10-08 21:03 x
氷河にサハラの砂が・・・なんか不思議光景!

御嶽の噴煙、こちらも天気がいいと、微かに見えます。
実は、噴火の翌週に行く予定でした。
Commented by Mr_Futchan at 2014-10-08 21:21
★chacha○さま

人間の運命はどうなるか分かりませんね。
私は噴火する前は同じ新潟行きに9/25に乗っています。

スイスの氷河の赤い砂をサハラの砂と説明したサイトは
見当たりませんが、この光景を見るとスイス旅行の添乗さんから聞いた
話しを信じるようになりました。

<< 『祝 100回記念』 湖畔の彼... 箕面の奇祭 西小路「天狗祭り」 >>