トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行 13 〜 スイス最古の町クール 〜

 
7月13日(日)17時過ぎクールChur駅に到着。
直ぐにホテルにチェックインしたが、日曜のためめぼしい飲食店はクローズ。
仕方がないので、
その日の夕食と明くる日の昼食を調達に駅のCoopに買い出しに。
その後、お腹を減らすためクール旧市街を散策した。
<クール旧市街展望>
a0158226_2159332.jpg

クールは5000年の歴史を持つスイス最古の町で、ライン川上流に位置するこの町は
古代からアルプス南北を結ぶ交通の要所として栄えた。
現在では、アルプスを通るルートが変わったために取り残された形となり、
中世の雰囲気をたっぷりと残す静かな町となっている。

 
ホテルの隣りにある市庁舎は建てられて500年以上たった今も現役で
一階は自転車置き場のような感じです。
<市庁舎>
a0158226_20185414.jpg

<ポスト通り>
 宿泊ホテルConfort Hotel Postが面する通りをそのまま進む
左に見えるのは聖マルティン教会
a0158226_20191139.jpg


渡り廊下のある石畳の道を詰めて暗い階段を登ると
大聖堂がそびえ建つ。
<渡り廊下のある路>
a0158226_2151141.jpg

<階段を登ると>
a0158226_2151115.jpg

<大聖堂> 
a0158226_21512992.jpg

<十字架と大聖堂玄関>
a0158226_21514427.jpg


大聖堂周辺はクールでも特に古いエリアで
異空間に迷い込んだような気分になる。
永世中立の国スイスは戦災を免れこういったところが
自然と残っているんですね。
欧州は特に古いものを大事にすると常々思っておりましたが
改めてそう思いました。
<コラージュ:クール オールドタウン>
a0158226_21521520.jpg


レンタカー事務所の下見も済ませホテルに帰り、
二人で慎ましい夕食をとった。
<ホテルの一室> ベットはダブルですがシングル室です
a0158226_21544455.jpg

 
                                          つづく
 
 
 
******************************************
 
8月13日12時半に起きたレーティッシュ鉄道の脱線事故地点の続報です。
撮鉄旅行に同行したH氏はその後も色々と情報収集されていて
さらに詳しく事故現場を特定されていた。
GoogleMap、StreetVuewはずごいですね。H氏に情報収集力に感服です。
GoogleMapを貼付けました。(↓Mapをクリックすると大きくなります。)
a0158226_22203186.jpg

 
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-08-21 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/20102794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かず某 at 2014-08-21 21:49 x
こんばんは〜
緑の中に街が見事に調和している様が、、素晴らしいです。
この情景、、いつまでも残って欲しい!!
Commented by Mr_Futchan at 2014-08-21 22:41
★かず某さま

この緑、ブドウ畑なんですよ。
イタリア、フランズ、ドイツ丘陵地にはブドウ畑が多いですが
スイスもそうなんですね。
そして、どこでも葡萄酒が好きなんですね。

<< スイス撮鉄旅行14 〜 クール... スイス撮鉄旅行 12 〜 オー... >>