トランスメディア提供アイコン01 スイス撮鉄旅行 2 〜 霧のピラトゥス登山鉄道 〜

 
7月10日(木)は
Extra Breakfast でホテルの朝食を摂り、最寄りのクローテン[Kloten,Bahnhof]から
チューリッヒ[Zurich HB]〜ルツェルン[Luzern]
そしてピラトゥス山のお膝元アルプナハシュタット[Alpnachstad]に降立つ。
<アルプナハシュタット駅の真ん前に登山鉄道が>
a0158226_21391353.jpg


ピラトゥス鉄道は、
ルツェルン湖に面するアルプナッハシュタットと
ピラトゥス山頂駅ピラトゥス・クルムを結ぶ鉄道で、
傾斜度最大48%(480パーミル)世界一急勾配を持つ登山鉄道である。
そのためのラックレールではあるが、
世界で唯一の両側から歯車で挟み込む方式(ロッハー式)を採用している。
<ロッハー式ラックレール>
a0158226_21452979.jpg

<いきなり高度を稼ぐ>
a0158226_2143422.jpg

<すれ違い> 愛想のいい女性の運転手 乗客はゼロでした
a0158226_21434553.jpg


アルプナッハシュタット〜ピラトゥス・クルム間は4.6kmで、
標高差は1,629mに及ぶ。
軌間800mm。1889年開業。
開業時は蒸気動車を用いていが1937年電化。
直流1,550V。所要時間は30分。
<またまた急勾配>
a0158226_2145979.jpg

<次第に霧が濃くなってきて>
a0158226_2149553.jpg

<頂上は霧の中>
a0158226_2150965.jpg


ルツェルン近郊でピラトゥス山北側の麓に位置するクリエンスからも、
ピラトゥス・クルムまで空中パノラマ・ゴンドラと空中ケーブルが結ばれていて、
下山はこのルートを選んだ。
<空中ケーブル>
a0158226_2153355.jpg


空中ケーブルと空中パノラマ・ゴンドラの中間駅で昼食をいただく。
この日はスイスの梅雨はあけておらず冷たい雨が降っていて、
薪ストーブが炊かれていた。
<ランチ>
a0158226_21545615.jpg

<薪ストーブ>
a0158226_21554048.jpg


ルツェルン〜クリエンス間は昔なつかしトロリー・バスで運行しており
そのバスに乗車した。
昔なつかしと書いたのは昔、大阪市バスがトロリーバスの区間があったからです。
<空中パノラマ・ゴンドラ>
a0158226_21574419.jpg

<バスが来ました>
a0158226_2157672.jpg

 
 
                                          つづく
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-07-31 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/20046211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by べー・おおさか at 2014-07-31 11:04 x
お帰り!!

<いきなり高度を稼ぐ>、<またまた急勾配> ・・・・・ 行きは「好い好い」やね。
<すれ違い・愛想のいい女性の運転手 乗客はゼロでした>

<空中パノラマ・ゴンドラ> ・・・・・ 楽しそうやね!
<バスが来ました> ・・・・・ 乗ってみたいなぁ~ (^_^)/!
今冬伊勢神宮に参拝した折、駅前バスターミナルで「トロリーバス?擬き」を見かけたので、
帰宅後調べたら、昨年の式年遷宮に合わせて 「路面電車型バス」 として復活させる形で、
昨年7月に運行を開始した三重交通 「神都バス」 だったよ。
Commented by chacha○ at 2014-07-31 21:27 x
登山鉄道ならではのラックレール!
急勾配なので挟み込み式なんでしょうネ
薪ストーブ、お洒落ですね
空中パノラマ・ゴンドラからの眺め、いいですね~
Commented by Mr_Futchan at 2014-07-31 23:44
★べー・おおさかさま

面白いねトロリーバスを「路面電車型バス」と呼ぶなんて。
東欧やロシアでは多く走ってるようです。
Commented by Mr_Futchan at 2014-07-31 23:46
★chacha○さま

兎に角、スイスはドイツ色が濃く、
この方式もガチガチの機械好きが考えたのでしょうね。
乗ってる方も安心感がある。
面白いことに、電車のワイパーは手動で動かしていました。
Commented by lunaya at 2014-08-01 08:31 x
Futchan さま

当たり前ですが、出てくる地名が思いきっり
ドイツ語(?)で、拝見しているだけでも、
一気に現地の雰囲気を感じます。
その昔、ツェルマットに行ったことがあって、
その時も登山鉄道だったのですが、若気の至り(?)、
ほとんど細部を覚えていないのです。

人生ってこんなものなのかしら…。(苦笑)
今の年齢になって、改めて思います。
Futchanさんの旅行記、楽しみに拝見します。
Commented by bara at 2014-08-01 09:30 x
おはよう~

霧の中へ・・いい雰囲気ですね~。

帰路のゴンドラからの眺めは又宙に浮いていいなぁ~。
牛???

トロリーバス・・響きが懐かしい・・。
Commented by mr_futchan at 2014-08-01 10:36
★lunayaさま

2006年初めてスイスに行ったときに
ツェルマットに行きました。
マッターフォルンのモルゲンロートを
妻と見たのを思い出します。
結婚30周年の旅行でした。
あれからもう8年か、まだ8年か?
どちらかと言うとまだ8年でしょうか。

8年前はワールドカップでイタリアが優勝
して、ツェルマットでも深夜まで
イタリア人が浮かれていました。
Commented by mr_futchan at 2014-08-01 10:46
★baraさま

barsさんもトロリーバスと言う言葉に
懐かしさを感じる年代やね。
このバス、ちゃんとキップ買ったと
記憶してますが、検札が無かった。
降りるときも何も無かった。???
僕の記憶も怪しい?

この空中ゴンドラは長かったですね。
着いたかなと思ったら、
中間駅(多分トイレ休憩駅)で、
慌てて乗り直した。

<< スイス撮鉄旅行 3 〜 ルツェ... 大正池の晴れた空 by 空倶楽部 >>