トランスメディア提供アイコン01 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 30 〜 蒼き氷河ペリト・モレノ氷河へ 〜

 
2月27日は
本ツァーでのハイライトである氷河トレッキングの日です。
場所は1981年に世界自然遺産となったロス・グラシアレス国立公園ペリト・モレノ氷河である。

アンデス山脈にぶつかる太平洋から吹かれてきた湿った空気は大量の雪を降らせ
これが氷河となってアルゼンチンに流れてくる。
アルゼンチンは南極、グリーンランドに次ぐ氷河面積を有しており、
ここの氷河の特徴は動きが速い(3m/日)ということ、
そして蒼く見えるということである。

9時にバスはホテルを出発、2時間程で登山口に向かう船着場に到着した。
<ペリト・モレノ氷河が見えてくる>
a0158226_0494986.jpg


しかし空の方はダンダンとあやしくなってきて、
船着場についたとたんに雨が降り出した。
<雨が降り出した>  出港11時30分
a0158226_0493058.jpg

<雨は激しく>
a0158226_050582.jpg

<対岸に到着>
a0158226_0502666.jpg


我々は午後のパーティーの1つに参加、
出発までレストハウスで雨を避けながら軽い昼食を摂った。
<レストハウスにて>
a0158226_0505935.jpg


昼食の間に雨はやみ、陽を受けた氷河がしだいに蒼く見えてくる。
" なぜ蒼く見える ? ” 
圧力を受けた氷は気泡が抜けて非常に透明度が高い。
そこを通る光は蒼い光だけが減衰しにくく反射されてくるので蒼く見えるそうなのだ。
もう地球上で蒼い氷河を見れるのは数少なく
アルゼンチンの氷河はその数少ない氷河の1つなんだそうです。
<次第に蒼くなる氷河>
a0158226_05132100.jpg


いよいよトレッキングに出発。
まずコースリーダーから英語(添乗さんが同時通訳)のレクチャーを受ける。
何しろこのコースリーダーの言うことをチャンと聞かなければ
帰される。しかもメンバー全員である。
あまりに事故が多く、政府がとった措置の一つである。
そしてもう一つが"65才以上は登れない"ということである。
<レクチャーのため整列> 右の女性が一言 " Like a rainbow ! "
a0158226_052039.jpg

<英国人のコースリーダー> 本職は歌手だそうだ
a0158226_0522487.jpg


さて、レクチャーも終わり、晴れてきた空のもと
いよいよ氷河の取付き口までコマを進める。
<わォ〜!>
a0158226_0524368.jpg

<何と綺麗な>
a0158226_053367.jpg

<壮大な氷河の取付き口へ> 米粒のようなのが人間です
a0158226_0532052.jpg

 
                                          つづく
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-05-07 00:54 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/19768311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ジュレ at 2014-05-07 05:47 x
おはようございます。

氷河が蒼く見えるなんて、
驚きました!
まさに感動の瞬間ですね。
Commented by mr_futchan at 2014-05-07 12:43
★ジュレさま

人間の目以上にデジカメのセンサーは
敏感で見た目以上にチョッとコントラスト
や明暗を調整しだけで写真が蒼くなります。
これは、空気が澄んでいることもおおいに
関係していると思います。
Commented by 笑子 at 2014-05-07 16:05 x
氷河の蒼って魅惑ですね
ちゃんとその色が写真にでているのですか
見た目はもっと違うのか・・どうなんですか??

温暖化で氷河が溶けると・・・なんて話がありましたが
それはどうなんでしょうか
北極の氷河は増えているって先日お友達が
話してくれたけど・・・・

ま~自然はとてつもなく大きく人間のどうこうできる
ものではないことは確かですね
Commented by mr_futchan at 2014-05-07 19:29
★笑子さま

日が照ると蒼さが一層際だちます。
人間の目にはサングラス、カメラにはPL
フィルターをつけるので、本当にそうなの
っと聞かれればそうですし、違うんじゃな
いのっと言われれば違う様でもあります。
ハッキリしろと、言われればWB太陽光で
ナチュラルで仕上げればコントラストは
もう少し柔いですね。
しかし、蒼いのは間違いなく蒼い!
氷の線にメリハリを付けたかったので、
コントラストは強めにしています。
まあ、フィルムでいうなら、プロビア調と
いうよりはベルビア100というところでしょうか。
あさげ、ゆうげの写真も同様ですね。

RAW現像はNikon NX2 またはLightroom
最後の仕上げはPhoshopCS6で行っています。
このパターンは2,3年前から同じですね。
写真展もブログの仕上げも全く同じです。

スイスでも氷河の退化は著しく、
アルゼンチンでも同様ですね。
ただ、スイスより雪の供給量が多いので
まだましかな?っというのが私の印象です。

兎に角、蒼い氷河にはとても感動し、
その感動をイメージカラーで表してます。
Commented by べー・おおさか at 2014-05-07 20:17 x
こんばんは。
  
<次第に蒼くなる氷河>、<何と綺麗な>・・・・・これは、”珍しい色合い”やね!! 
北斎やったら、どう描くかなぁ~?
<レクチャーのため整列>・・・・・”こころの旋律”。楽しそうやね。 
<壮大な氷河の取付き口へ>・・・・・「感動を求めて!」、行くんやね。
Commented by kkelle at 2014-05-07 22:00 x
パタゴニア紀行 楽しく拝見しています。 現地での感動と皆様の会話が聞こえてくるような・・・Futchanの写真です!旅行に行ったように感じます。景色と紀行文で旅行気分に浸れますよ。

ペリト・モレノ氷河は気泡が少なく透明度が高くブルーの光を
反射して特に綺麗なのですね!
BSで観た通り氷河の再氷結が早く <生きている氷河>と評されているのですね。
氷河が崩落する瞬間もボートより観たのでしょうか・・・?これは
次回掲載されるのかな・

以前に訪問したアラスカ・カナディアンロッキー(コロラド大氷河)・ノルウェー(フィヨルド) の氷河の色とは違って全体に蒼色が鮮明に感じます。

地球の裏まではるばる訪問して良かったですね!

追伸 先日の美酒はとっくに空になりましたので ベーやんにお願いしまして追加注文いたしました。近江米も美味しくお願いするつもりです。秋の祭典もナビゲーターよろしくお願いします 
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-07 22:58
★べー・おおさかさま

ホンマやね北斎やったらどうかね。
浮世絵は対象を徹底的に削ぎ落とすからね。
その時何を残して何を強調するかを追求するから勉強になるやろネ。

氷河は近過ぎると相手が大き過ぎてダメやったね。
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-07 23:08
★kkelleさま

近江米の件ですが、30kgを送ってもらって送料節約しようと思ったけど
味が悪くなるので生産者としては余りお勧めではないらしい。
オタクと分け分けではどうですか?

そうなんですよ。僕はコロンビア大雪原とスイスの氷河は白い中に
砂が乗ってて蒼くはならないですね。
そこがパタゴニアの氷河が旅行者を魅了するところだそうだ。
恥ずかしながら、蒼く見える氷河がそんなに貴重とは此処にくるまで
知りませんでした。
Commented by chacha○ at 2014-05-07 23:21 x
氷河トレッキング、いいな~
青い氷河、美しい!
氷河、本当に巨大だな~
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-07 23:50
★chacha○さま

蒼い氷河はめずらしいの出そうだ。
陽が射せば益々蒼くなる。
巨大なものを巨大さを分かるように撮るのは難しいですね。
Commented by ゆっきー at 2014-05-08 10:19 x
出たー!!
氷河だ~~
わぁ~ 素晴らしいですね
行って見てみたいけど Futchanさんの綺麗な写真で 行った気になれます
自然は凄いですね
続きが楽しみです♪
Commented by bara at 2014-05-08 15:29 x
こんにちは~

碧い氷河・・なんて美しい色なんでしょう~。
宝石だね~。

凄いところを登る?歩く?んですね。続きが楽しみ♪

6日に新緑の箕面滝道を歩いたら、もう黒い毛虫がいっぱいでした。
下や上から落ちたり・・最悪。私の悲鳴がふっちゃんちにも聞こえなかった?
龍安寺の白い車が毛虫で真っ黒け~><
もし行かれるのならご注意を。

勿論耐えられなくて途中で引き返しました・・(苦笑
二度とこの時期には行きません!
Commented by simon777_ at 2014-05-08 18:48 x
こんばんは☆

雄大かつ豪快な氷河の景色!!
天候の悪い条件ながらよくぞ場の雰囲気、色相が再現されています。
蒼く見える原理原則を明快にお話しされるのは流石エンジニア♪
私も勉強をしなくてはいけません。
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-08 20:58
★ ゆっきーさま

プーケットからもコメントありがとう。
ここの氷河の素晴らしさを見ることができたのは
同行させていただいたご存知スーさんの推薦のおかげです。
「蒼い氷河はここでしか見れない!」と強調してました。
蒼い氷河は旅行会社の単なるキャッチコピーではありませんでした。
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-08 21:08
★ baraさま

ホント単なる旅行会社のキャッチコピーと思ってましたが
何に何の晴れると中に入って出てくる蒼い光量が強くなるので
余計に蒼く見えるのです。
あんまり期待されると困るんですが・・・

毛虫ってそんなにダメかな〜。
まあ小さい時はよく触れて痒くなったり真っ赤に腫れたり
したもんですがね。  
毎日ここを歩いてるカズちゃんはどうなんだろうね?
歩く場所を変更してたりして。
Commented by Mr_Futchan at 2014-05-08 21:12
★サイモンさま

>天候の悪い条件ながら・・・
昼食を終えてカメラを出したときには雨はすっかり上がって
晴れてきましたから、そんなに苦労しておりませんよ。

>蒼く見える原理原則・・・
穴があったら入りたいよー。言葉足らずです。
これで分かる人こそ、流石エンジニア♪〜です。 笑)

<< 5月5日±1日の空 by 空倶楽部 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 2... >>