トランスメディア提供アイコン01 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 22 〜 ホテル Pehoe 〜

 
今回のパイネ国立公園で泊まったホテルPehoeは、
ペオエ湖に浮かぶ小島に建てられている。
<ペオエ湖に浮かぶホテルPehoe>
a0158226_0211944.jpg


参加したツァーの目玉の1つはこのホテルに泊まること。
目玉になる理由はやはりこのロケーションにある。
居ながらにして、陽に当たり様々に変化するパイネ・グランデやトーレス・デル・パイネ、
映り込む峰々を見ることが出来る。しかも眼前で !
<談話室から望むトーレス・デル・パイネ>
a0158226_0213952.jpg

<午後のホテルPehoe>
a0158226_022092.jpg


24日 昼寝から覚め、我々の泊まった棟の裏の小高い展望地で夕陽を望む。
残念ながら昨夕のように空は綺麗には染まらなかったが、
光の魔術を堪能した。
<気だるい午後> 昼寝から覚めました
a0158226_0245787.jpg

<日暮れどきの展望地> 
a0158226_0233960.jpg

<沈むゆく夕陽>
a0158226_0264759.jpg

<夕陽を浴びるトーレス・デル・パイネ>
a0158226_0274885.jpg

<緑が 雲が 照らされて>
 左の高い山が暗いうちから登った展望地
a0158226_0281424.jpg

<きらめく湖面>
a0158226_0284413.jpg

 
                                          つづく

 ********************************************

 
【余録】
 
4月12日 谷村新司の新番組「地球劇場」(19:00〜21:00)に見入った。

実はこの番組のことは、
フェスティバルホールであった「The Singer サクラサク」で知った。
17時開演のこのコンサート、終わったのは19時半。たっぷり26曲休みなしで歌ってくれた。
 (曲目は下記)

「地球劇場」初回のお客様は、永遠の若大将 加山雄三。
彼の曲の生い立ちや裏話をはじめ、歌を交えた談話はとても充実したものだった。
番組の後半、加山はMY SONG(心の歌)は自分の歌でなく「My Way」を選んだ。
年を重ねた彼の「My Way」は感情を込められていて聞き入った。
それに対する谷村の歌ったANSWER SONG(返歌)は「旅人よ」。
これもゆっくりとして丁寧に歌い込まれ素晴らしいデキでした。

若大将加山雄三が最後に語った深い言葉。
「幸せは幸せに思う心がなければ幸せとは思わない。」・・・
お二人の談話、歌、語りを聞いていて
団塊の世代や我々の生き方、物事の捉え方の「お手本」というか「あこがれ」というか
そんなことを強く感じた2時間でした。

ちなみにこの番組の再放送は、同じBS日テレ5月4日5月4 日の12時〜14時です。 


 【谷村新司The Singer サクラサク 曲目】
   1曲目「三都物語」 2曲目「いい日旅立ち」 3曲目「風の暦」 4曲目「都忘れ」
   5曲目「悲願花」 6曲目「祇園祭」 7曲目「蜩」 8曲目「秋止符」
   9曲目「December Song」 10曲目「心の駅」 11曲目「サライ」 12曲目「レストランの片隅で」
   13曲目「最後の I LOVE YOU」 14曲目「忘れていいの」 15曲目「Wonderful Day」 16曲目「約束の木のしたで」
   17曲目「夢路」 18曲目「風の子守唄」 19曲目「小さな肩に雨が降る」 20曲目「この空の下」
   21曲目「櫻守」 22曲目「階 -きざはし-」 23曲目「群青」 24曲目「流星」
   25曲目「昴」 アンコール26曲目「サクラサク」


 You Tube → 代表作詩:谷村新司 作曲:加山雄三 『サライ』
 

by Mr_Futchan | 2014-04-14 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/19672988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ジュレ at 2014-04-14 06:34 x
おはようございます。

トーレス・デル・パイネは、
荒々しい独特なかたちをした岩山なのですね。
ホテルから居ながらにして景色を楽しめるとは、
なんとも贅沢です。
昼寝から覚めた後、
この景色に目が冴えたのではないでしょうか。
Commented by ゆっきー at 2014-04-14 09:23 x
このホテル素敵ですね~
何日かゆっくり滞在したいホテルです
食事も美味しそう↓  もう少し大雑把なお料理を想像していました
それにしても お天気が良いですね
風も穏やかそうで 空がキレイ~
Commented by 笑子 at 2014-04-14 11:14 x
ホテルが素晴らしい~!!
本当に泊まる価値が大いにあるホテルなのですね!!

私は、宿泊施設は泊まれればいい状態なので
すっごく憧れます!!
Commented by Harvest--Moon at 2014-04-14 19:30
こんばんは!
素晴らしい景色に圧倒されました。
絵葉書のような素晴らしさ、
こんな自然があるのですね。
そしてそこをのぞめるホテルがあるなんて、
夢の世界のようです!
Commented by chacha○ at 2014-04-14 20:33 x
湖に浮かぶホテル、いい!
この景色を眺めながらの宿泊、いいな~

どうして年下ってわかるんだろ~?
大きくなるにつれて、足の色が黒からオレンジになるんです。
このオスがやって来たとき、足が黒く
その時、メスの足はオレンジ色だったので。
Commented by lunaya at 2014-04-14 21:14 x
Futchan さま

カラリとしていて、氷河の氷だけでなく空も大地も、
そしてFutchanさんのココロの中も、透明度がとっても
高そうです。 濁りがないってことは、こんなに
綺麗なんですね!

> Blueの写真だけ集めて写真展やりたいぐらいです。

大賛成です!! 是非やってくださ~い!
Commented by かず某 at 2014-04-14 23:03 x
こんばんは〜〜
ほんとうに綺麗〜〜!!!!!!!
どのお写真も写真集の中の一枚のようなクリアー感。
カメラと腕がマッチするとこういう素敵な図が取れるんだなと思いました。
素晴らしいです!!
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-14 23:41
★ ジュレさま

トーレス・デル・パイネをはじめとするここの岩峰の形は
花崗岩が強風により削られた形なのだそうです。

このホテルは景色はこれ以上申し分ありません。
ただ、シャワーのお湯が水の様でした。ホテルの大きさに対して
ボイラーが貧弱なんでしょう。
島の上に建てたんだからLPGの配管も細かったです。
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-14 23:47
★ ゆっきーさま

僕も食べ物アップしましたよん。 笑)
人気のホテルなんで予約は難しいらしいです。
このツアーの1ヶ月前のグループはここに泊まれなくて
あのグレイ湖のホテルに泊まったようです。
設備はあちらの方が良かったですがね。
景色はPEHOEの方が断然いいと僕は思います。
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-14 23:52
★笑子 さま

超人気のホテル、もう少しゆっくり居たかった。
まあ、早起きもしたし、昼寝もしたし、思い存分時間はつかいましたが。

僕も泊まるだけでいいのは出張なんですが、
ベットがフニャフニャなのは敬遠します。次回から利用しないです。
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-14 23:57
★Harvest--Moon@ayaさま

色の出方はやはり空気が澄んでいることと南極に近いことも
あるでしょうね。
あまり下調べ、特に他の方が撮られた写真は見ないできたので
何から何まで初めての景色でしたので興奮しました。
ホテルだけは、ツアーの誘い文句にありましたので
湖に浮かんでいることは分かっていましたが、
周りの景色までは把握していませんでした。
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-15 00:02
★ chacha○さま

このホテルのある場所スゴいでしょ〜。
夜中から抜け出して出て行ったのが理解出来るでしょ!
それは無理かな。

へ〜、足の色で見分けるのですか。
暗いレンズでは無理ですね。笑)
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-15 00:08
★lunayaさま

>透明度がとっても高そうです・・・
パタゴニアは澄んでいますが、オバー還暦のおっちゃんの心は???
まあ。童心に帰っているのは確かですが。 笑)

Blueの写真だけ、その気になっちゃう。
でも、相当ひとの心に響くものでないとダメでしょうね。
問題はそれだけの玉があるかです。
それが最大の問題です。
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-15 00:11
★かず某さま

ああ〜、穴があったら入りたい。

掲載した写真の数に対してどれだけ多くの没写真があることか。
目がものすごく疲れています。
ソフトで仕上げるのにも相当精力使っていますよん。

<< 桜アルバム 2014 (その1... 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 2... >>