トランスメディア提供アイコン01 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 19 〜 明け行くパイネ 〜  

 
ペオエ湖を見下ろす展望地にたたずみ朝を待つ。
ホテルとの高低差は200m余りでしょうか、まだ灯りが必要な時間帯で
そろそろツアーの人達がおき出したたろう。
(↓どの写真もクリックすると大きくなります。)
<パイネの山塊とペオエ湖> 左からパイネ・グランデ、トーレス・デル・パイネ
a0158226_23484465.jpg

<トーレス・デル・パイネ>
 氷河によって削り取られた花崗岩の峰々が浮かび上がってくる
a0158226_23544257.jpg


日が登る前のこの空の色は何と表現していいのやら、
ほんのりと甘い色、大好きな色になりました。
一人「すごいな〜」を連発しながらシャッターを押してました。
<ほんのり染まる空>
a0158226_002226.jpg

<染まるパイネ・グランデ> 
a0158226_023046.jpg

<南の空>
a0158226_043124.jpg


時間も7時半をまわったので下山の途につく。
下りは登りと違い一般的には迷いやすいというのですが、
今度は明るいので難なく下山することができた。
下山途中、あまりゆっくりは出来なかったが、数枚高山植物を撮った。
道理で山頂は寒かったはずです、霜が降りていました。
<下山道にて>
a0158226_0231089.jpg

<霜が降りた野草>
a0158226_0242744.jpg

<Lady's Slipper> 的を得た名前だ
a0158226_0285570.jpg


そして、唖然としたのが、焼けただれた木々の姿。
山火事の跡だった。
真っ暗な登りでは気がつかなかったのは幸いしたかも、何しろ気持ち悪い。
2012年末にハイカーの不注意から2ヶ月間燃え続けたそうである。
8時過ぎ無事ホテルに帰ってきました。 ホッ !
<焼けただれた木々>
a0158226_033339.jpg

< '→' 案内板> 見落とした案内板です
a0158226_0384135.jpg

<日を受けるパイネ・グランデ>
a0158226_0422897.jpg

 
 
 
                                             つづく

by Mr_Futchan | 2014-04-06 00:42 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/19647873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by simon777_ at 2014-04-06 17:12 x
こんにちは☆

雄大な雪を戴いた山嶺、外国にやって来た気分にさせてくれる山の姿です。さぞや満足された事でしょうね。
Commented by chacha○ at 2014-04-06 20:50 x
素敵ですね~
明け始めの山々、美しい!
朝日に染まる山も美しい。
Commented by 笑子 at 2014-04-06 20:51 x
こんばんは~~

<染まるパイネ・グランデ>
素晴らしい~~!!
<Lady's Slipper>
これは、面白いお花ですね~~~!

今日は孫とお花見できました~♪
さっきまでフォトブックの編集に2時間費やしました~
ばぁ~ば稼業も大変です。。。(笑)

Commented by かず某 at 2014-04-06 22:31 x
こんばんは〜〜
それにしても、、、、ほんと凄いですね!!!!!!
山々の姿に感動してしまいました。
美しいものを美しく表現するのって難しいのですが、うまいなぁ〜〜〜
Commented by mr_futchan at 2014-04-07 07:26
★サイモンさま

ほとんど寝ずに暗いうちから飛びだして
きた甲斐があり満足しています。
自分の未熟ゆえ、
得た写真には少し不満足です。
Commented by mr_futchan at 2014-04-07 08:26
★chacha◯さま

予想以上に美しい情景に
大満足でした。
この景色を見たくてこのツァーに、
それもこの景色の真ん中に位置するホテル
に泊まるこのツァーに参加しました。
それでこの満天の星の天気ですから、
寝不足なんて言ってられないです。
Commented by mr_futchan at 2014-04-07 08:36
★笑子さま

染る峰々に本当に時間の経つのも
忘れてしまいました。
お花はもう少しゆっくりと、
腹ばいになって撮らなくては
と思いましたが、
気力を使い果たしていました。
と言うより、単にお腹がすいていたのです。
Commented by mr_futchan at 2014-04-07 08:46
★かず某さま

感動しました。
その感動が伝わり嬉しく思います。
しかしながら、
綺麗過ぎる景色はまぶたに残る景色より
以上の写真は撮れませんね。
イメージカラーを繊細に仕上げなければと
思います。
今ほ高感動域のノイズ処理に気を使って
ますが、色相や光の捉え方を勉強して
いきたいと思います。
Commented by bara at 2014-04-07 11:28 x
こんにちは

刻々と変わる峰々。。写真では部分的ですが、それでも感動が伝わってきますよ~。
実際の色のびみょうな移り変わりを見たら夢中でシャッターをきるよね~。

綺麗~~~!
朝陽に染まったのが好きです。

シロツメクサ。。も霜に・・。日本ではありえないですね。
Lady's Slipper・・可愛い~~。
Commented by mr_futchan at 2014-04-07 12:23
★baraさま

微妙な色の変化は写真ではホント上手く
表現できないのが残念ですね。
仕上げたらみんな同じようになったりして
どれが本当か分からなくなる。
それでも感動が伝われば嬉しいですね。

Lady's Slipper可愛い花でしょう!
他所でも見ることができるかなと
思いましたが、これが最初で最後でした。
Commented by べー・おおさか at 2014-04-07 22:37 x
こんばんは。

<染まるパイネ・グランデ>・・・・・いいですね!!
 
江戸時代後期から絵の題材として知られ、葛飾北斎の富嶽三十六景『凱風快晴』を筆頭に、
数々の画家による作品が残される”赤富士図”が、早朝に”青い富士山”が朝日で”朱色”に
染まって起きる現象を描いていることが、良く理解できるよね。
Commented by mr_futchan at 2014-04-08 07:01
★べー・おおさかさま

巨匠北斎を例えに出されると
我が写真は霞んでしまいますが、
構図の勉強には最高の教科書です。
貴兄も触れられていた刷り氏執念の
グラデーションもしかりです。
そして印象派の絵画は光の効果と言うか
捉え方がとても好きで、
写真に置き換えたいと願っています。

写真をする人で一期一会という言葉を使う
人が多くいますが、与えられたチャンスを
捉えることができるように、
技術と発見力を磨きたいと思っています。
Commented by Harvest--Moon at 2014-04-08 09:21
おはようございます!
朝早く登られたのですね~
そして見えた光景は、こんなにも素晴らしいなんて!
山々の形も残った雪も、美しい色の空に溶け込んでいて、
見入ってしまいました。
日本だけで満足してたら、人生を損してる気になって実感しましたが、
なかなか行けず、口惜しい・・・涙
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-08 21:18
★ Harvest--Moon@ayaさま

そうです、素晴らしい景色があると思ったら
せっかくこんな遠いところに来たのです。ジッとしてられませんでした。

多分、自分一人しかいない。(事実そうでしたが)
国内では考えられないことです。
思い存分自分の世界に浸ることができる。
それが、海外で頑張る理由でしょうね。
絵はがき写真でもイイと居直っているところもありますがね。 笑)
Commented by かず某 at 2014-04-08 21:40 x
こんばんは〜〜
どの山々も素晴らしいです。
そして、お写真の色がこれまたすごく素敵。
そそりまくりです!!(笑
Commented by Mr_Futchan at 2014-04-08 21:58
★かず某さま

遠い空路、この山々を撮るためにやってきました。
真夜中ももろともせず頑張りしました〜。
天気にも恵まれよかったです。
まだまだ他にも沢山撮っているので、絞るのに苦労しました。

<< 『花と空』 そして新緑の季節へ... 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 1... >>