トランスメディア提供アイコン01 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 15 〜 色づく朝の曇空 by 空倶楽部 〜

 
空倶楽部は、かず某さんchacha○さんが中心となって、
「9」の付く日に「空の写真」を掲載して心を癒す活動です。

今回は27回目の参加です。

詳しくは、かず某さんchacha◯さんのBlogに遊びに行って下さい。

**********************************
(↓写真はクリックすると大きくなります。)
 
ウシュアイアを去る3月23日(日)、『ビーグル水道にそそぐ光芒』は長い間
注いでいたが、
ビーグル水道の対岸チリ側の空に目を移すと、今度は曇り空が明るくなってきた。
パステル画のような色彩にため息が出る。
<色づく朝の曇空>
a0158226_2317437.jpg

               撮 影 日 時:2014年2月23日7時18分
               場   所 : アルゼンチン ウシュアイア
               撮影データ :NIKON D800 レンズ:24-120mm f/4.0 (撮影120mm)
                     ISO 3200 中央重点測光 絞り優先;f/11 EV -0.3 1/100sec


     ********************************************

朝食後、雨もやみ出発までしばらく時間があったので、
ホテル横の牧草地に登り散策する。
<牧草地>
a0158226_0473933.jpg

<Heath:ヒースの花>
a0158226_052393.jpg

<Diddle Deeの実>
a0158226_0525277.jpg

<Stick-tight:ヒッツキムシ>
a0158226_053792.jpg


牧草地の野草を撮っていると。小川で動くものを見つけた。
抜き足差し足、動いたのは何とウズラのような鳥でした。
後で調べたところ、シギ(Snipe)の幼鳥でした。
<シギの幼鳥>
a0158226_0532368.jpg

<朽ちた柵>
a0158226_0534221.jpg


ホテルに帰ると、ここでも玄関前に鳥が数羽散歩していた。
この鳥の名前も調べるとタゲリという鳥でした。
この鳥は、キジバトのようにあちこちで沢山見ることができました。
<Southern Lapwing:タゲリ>
a0158226_102167.jpg

 
                                          つづく
 
 
 

by Mr_Futchan | 2014-03-29 01:00 | 空倶楽部 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/19618189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 笑子 at 2014-03-29 10:45 x
こんにちは~

1枚目☆素敵な空の色ですね~
空は魔術師だな~って思います

そして、可愛い花たち♪
安らぎますね~~
自然がいっぱい!空気もキレイ!

Commented by かず某 at 2014-03-29 10:49 x
おはようございます〜〜!
一枚目、、、うっとり、ほれぼれ、、うらやましい〜〜と、、
色々な感情が出て来ました。
こういう空をほんと生で見てみたいです!!!
何とも言えない青さがいいですね〜〜。自然ってほんと素敵です。
Commented by bara at 2014-03-29 11:17 x
こんにちは~

何と言っても一枚目が最高です^^ 綺麗~。自然ってほんと芸術家ですね~。

こういうのを見ると、ふっちゃんずっこいわぁ~ってPCに向かってつぶやくbaraです。。(笑

色んな鳥にも出会えて大自然~~♪
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-29 18:55
★笑子さま

光芒の後はこのパステル画、もう目が離せませんでした。
空気が澄んでいるので、
考えられない場所と時間に綺麗なシーンが現れるます。
ここには花粉症は無いでしょう!

リオデジャネイロでエミレーツの地上乗務員が面白い質問をしてきた。
日本人だと言うと、
日本の旅行者は何故マスクをするの?
そう言えば、私も含め多くの方が咽の保護のためマスクをしていた。
お国柄というか日本人の特徴の一つかも?
メガネにカメラにマスク! 
僕は全てそろってる日本の平均的旅行者でした。 笑)
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-29 19:55
★かず某さま

ありがとうございます。
空気が澄んでいるので、国内の撮影する時に比べて
同じ感度で同じような明るさでもシャッター速度(絞り優先)が
早かったような気がします。
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-29 20:00
★baraさま

そう芸術家ですね〜。
僕ずっこいですか〜?
何にも悪いことしてへんで〜。
ちょっと皆さんより早く部屋から追ん出て、
動き回ってただけでしゅ〜。

そう! 今回の旅行では、沢山の鳥に出会いました。
これからも出てきますよ〜。
Commented by simon777_ at 2014-03-29 21:03 x
こんばんは☆

全体に光量が少ない印象を受ける写真、南極に近い地の果てを意識したりします。
日照時間自体もも少ない印象、そこに咲く花たちも可憐で健気です。
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-29 21:24
★サイモンさま

日照時間は短い上に風が強く、土地も痩せているのでしょうね。
2月は北半球で言えば8月に相当、秋に近い季節です。
観光客も減り淋しい季節がやってくるのでしょう。
Commented by chacha○ at 2014-03-29 22:06 x
綺麗は青い空!
空気が澄んで綺麗なんですね~
シギの幼鳥、可愛いね!
Commented by nonkume at 2014-03-30 00:10 x
こんばんわ。
朝を迎えるにふさわしい、すがすがしい空ですね。
ISO3200で、撮られているのですね。
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-30 10:52
★chacha○さま

そうなんです。日本じゃ考えられない色が現れんですよ。
仕上げで色の強調(ビビッド)はしてますが、
フィルムでいえばベルビアみたいなものですね。
シギの幼鳥は運がよかったした言いようがないですね。
1mも離れてないんですよ。
Commented by Mr_Futchan at 2014-03-30 11:04
★nonkumeさま

この日は昼から移動日でした。
空倶楽部ネタが一杯の日が始りました。

ISO3200は滅多に撮りませんが、
これを超える暗いときは、マニュアル設定で後からソフトで
調整します。
ノイズとの兼合いです。
Commented by べー・おおさか at 2014-03-30 22:37 x
こんばんは。
 
<色づく朝の曇空>・・・・ふんわりと漂うような、淡く柔らかな色合い。 いいですね!!

来月訪れる倉敷美観地区にある”大原美術館”が所蔵するモネの「睡蓮」を思い出しています。
モネは「浮世絵の大胆な構図や色彩を愛し、自宅の庭に日本式庭園をつくる親日家」だけど、
1902年、洋画家の児島氏(パトロンは大原氏)が、モネから「日本の絵描きのために」と「睡蓮」を
譲り受けて、2000年6月には、大原美術館にジヴェルニーにある「モネの庭の睡蓮」が株分け
されているよね。生涯、モネの関心は、外光によってさまざまに表情を変える自然にあったようで、
彼の同じモティーフを時間毎に描き分け、光と色の変化を追った連作を数多く制作しているけど、
後半生で熱心に取り組んだのが、「睡蓮」の連作で、 ジヴェルニーの自宅庭園に”睡蓮の池”を
つくり、制作していたようやね。
Commented by lunaya at 2014-03-30 22:46 x
Futchan さま

今回のシリーズもずっと拝見させて頂いて
いるのですが、「わぁ…!」って感じることばかりで、
ついついコメント欄に記入する勇気を失っていました…。(苦笑)

こちらの気候はカラっとしたドライな感じなのでしょうか、
それとも意外としっとりしているのでしょうか?
美しい風景の数々に目を奪われますが、そこを流れる
空気感(きっと心地よいのでしょうね!)のようなものが
とっても気になりました。
商業的なけばけばしさが一切ない、シンプルで
ナチュラルな自然、やはりこれが一番ステキですね☆
Commented by mr_futchan at 2014-03-31 07:07
★べー・おおさかさま

土曜日はありがとうございました。
飲めはしいけど楽しい美酒旅行でした。
あの酒粕はものすごくお酒を含んでいる
ので、直ぐに団子になるのでビックリ。
私のは、全てK医院の看護婦さん達に
分けて貰うようにお願いしました。
あれだけ上品にとったけど、
あの量はとても一軒ではさばけないよ〜!

不詳私メも、あのモネの池に行った
ことがあります。
パリから半日コースの日本人ガイド添乗
バスツァーに参加していきました。
睡蓮には早かったですが、チューリップ、
リンゴ、桜の花が満開でした。

頑張って同窓会の構想を立てて下さい。
Commented by mr_futchan at 2014-03-31 07:29
★Lunayaさま

ありがとうございます。
私たちは大変恵まれていて、
雨に降られたのはウシュアイアの朝二日と
最終日の朝でした。
風が強く乾燥した空気で、
昼夜の寒暖の差が大きいところでした。

ケバケバしさの無い、手付かずの自然が
たくさんの残っている所です。
その分、トイレ事情はよくないです。

兎に角、空気が澄んでいるので、夕焼け、
朝焼けが綺麗です。
こんな風に空は染るんだ〜と思うことが
何度あったことかと・・・
全部見てないので
偉そうなこと言えませんが、
上手く撮れていてくれと願ってます。

<< 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 1... 蒼き氷河と絶景のパタゴニア 1... >>