トランスメディア提供アイコン01 小椋 佳 コンサート『歌談の会』in フェスティバルホール

 
8月21日 新しくなった大阪フェスティバルホールに
小椋 佳 のコンサート『歌談の会』を聴きに行った。
会社がひけてから会場に駆けつけたのが開演20分前でした。
< Festival Hall アプローチ >
a0158226_9201140.jpg


  しおさいの詩 >>>>>>>>>>>>> YouTube
  この汽車は >>>>>>>>>>>>>> YouTube 
  少しは私に愛を下さい >>>>>>> YouTube
  白い一日 >>>>>>>>>>>>>>>> YouTube
  海辺の恋 >>>>>>>>>>>>>>>> YouTube
  さらば青春  >>>>>>>>>>>>>> Dailymotion

雨も降らず、雪も降らないにもかかわらず
足下の危ないところ、私のコンサートにお越しいただきありがとうございます。
と始まった話は、
ご多分に漏れずホトホト自分の加齢現象を嘆いた話しであった。
全部の話はとても書ききれないが、
氏の話術に引き寄せられ、時間の経つのも忘れた。

ゲストミュージシャンは、このコンサートの初めから終わりまでピアノの伴奏を担当した
伊東恵里さんと、もう一人津軽三味線の奏者であり民謡歌手 高橋孝氏であった。
各々「美しい暮らし」,「遠ざかる風景」を歌った後、
お二人と伴奏者の全員が参加して、
西暦1000年前後のシルクロードの町ホータンを舞台にした恋の物語が繰り広げられた。

そして後半は、
  シクラメンのかおり >>>>>>>>>> Dailymotion
  めまい >>>>>>>>>>>>>>>>>>> YouTube
  僕たちの旅 >>>>>>>>>>>>>>>> YouTube
  夢芝居 >>>>>>>>>>>>>>>>>>> Dailymotion
  愛燦燦 >>>>>>>>>>>>>>>>>>> YouTube

小椋 佳 氏は69才、かねてからいつ隠居するか考えていたそうですが、
周りの友人や同僚を見渡せばソロソロその時期と悟り、
「古希」にあたる来年9月、NHKホールで執り行う「生前葬コンサート」を区切りに
身を引くとのことです。
そのコンサートは4日間行い、一曲のダブりも無しに25曲/日で全100曲を歌いきる
ということでした。

「チケット代は取りません、香典をいただきます。」とのこと。

氏は言う、「私はもうすぐ70ですよ。私のからだの事も考えて下さい。」
そして歌った「悪しき習慣」アンコール曲は
  山 河 >>>>>>>>>>>>>>>>>>> YouTube

18時30分に開演したコンサートは、途中休憩時間なしの21時前に終る。

氏の歌は、歳を重ねるにつれ、聴きかえすごとに、胸にしみ入ってくる。
静かに帰路についた。

< Festival Hall ホール・エンタランス >
a0158226_9202040.jpg

by Mr_Futchan | 2013-08-23 09:21 | その他 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/18411396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこちゃん at 2013-08-23 12:50 x
小椋 佳 さんの優しい歌声 イイですね
大好きです

たしか 前回も コンサートに行かれましたよね
思い出しました
余韻に浸っているんでしょうね
私も おすそわけ頂きました ^^
Commented by 笑子 at 2013-08-23 13:34 x
小椋 佳 さんも、もう69才なのですか
私が若い頃化粧品のCM曲だったかな
「揺れるまなざし」ほか懐かし楽曲がありますね
シクラメンのかほりは名曲ですね
優しい歌声によく聞き入っていました。。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-23 18:09
★ まこちゃんさま

僕の行くコンサートは懐メロ系ですね。
伊勢正三「君と歩いた青春」、ブラザーズ・フォー
リラクゼーション系は
中村由利子(ピアノ)、宮本笑里(ヴァイオリン)等に足をを運んでいます。

コンサートに行くごとにCDを購入して余韻にふけっております。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-23 18:18
★笑子さま

これまで小椋佳のCDは持ってなかったんですよ。
レコードを聴かなくなり、プレーヤーも動かなくなりました。
人間社会と似て、ステレオも世代交代です。

僕に行くコンサートは懐メロ系なので、
お客さんもそれなりに歳をした方ばかりでとても行儀がよく
クラシックコンサートと変わらぬ静かなものでした。
その分、しずかな余韻を体に振るわせたまま帰路につきました。
Commented by ジュレ at 2013-08-24 08:34 x
おはようございます。

訪問が遅くなり、
申しわけありません。

小椋 佳さんの
コンサートですか、
コンサートには、
久しく出かけて
おりませんが、
たまには
その余韻にふけるのも
よいものですね。

とても良い時間を
過ごされましたね。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-24 22:09
★ ジュレさま

私がコンサートに出かけるようになったのは
子供達が親元を離れてからです。
それだけノスタルジーにふける時間が増えたからでしょうか?

次は,10月です。
チケットとるのも一苦労です。

<< スイス・アルプス 珠玉の村々を... スイス・アルプス 珠玉の村々を... >>