トランスメディア提供アイコン01 スイス・アルプス 珠玉の村々をまわって 7 〜 サウスフェーにて 雲晴れる朝 〜

 
7月4日
朝の空気を吸いに牧草地に出かける。
カンカラ、カンカラ、
鈴の音が聞こえる方を見ると灯りがともっている。
朝早くから乳搾りは始っているのだ。(↓写真はクリックすると大きくなります)
<牧場の朝>
a0158226_883311.jpg

三脚を背負いながら道を進んでいくと雲が晴れてきて、
眼前にミシャベル山群が広がる。
<早朝の散歩道>
a0158226_884676.jpg

牧場の真ん中に三脚を立て、朝陽のさす時を待つ。
この素晴らしい朝に一人至福の時間を楽しむ。
<モルゲンロート> 左テッシュホルン(4,491m)、右ドーム(4,545m)
a0158226_89193.jpg

<フェー氷河が初めて顔を見せる> 平らな頂きはアルプフーベル(4,206m)
a0158226_892363.jpg


そろそろ朝食の時間、ホテルへはゆっくりと回り道して帰った。
<一番気に入ったスイス・ハウス>
a0158226_8204595.jpg

<朝日に輝くミシャベル山群>
a0158226_894586.jpg

<牛乳の集配>
a0158226_810126.jpg

                                                          つづく

by Mr_Futchan | 2013-08-17 08:12 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/18375008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by simon777_ at 2013-08-17 10:40 x
こんにちは☆

2枚目、ステキな時に立ち会えましたね。
この1枚でスイスにやって来た甲斐が有ろうと言うものですね。
3枚目は氷河そのものを激写した迫力の1品
スナップとしては5枚目も好きです。
Commented by 笑子 at 2013-08-17 13:39 x
なんと言っても!!3枚目☆彡
素晴らしいです~~~
こんな素晴らしい景色を目の前にして
カメラマンとして至福の時ですね・・・・(#^.^#)

スイスのお家って可愛らしい♪
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-17 18:15
★サイモンさま

スイス2日目の朝にしては上々の滑り出しで、
この小さな村にスイスが凝縮している様な感じでした。
昔は氷河に近い極貧の村だった様で、
今は夏よりも冬のレジャー村として栄えています。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-17 18:26
★笑子さま

三枚目
これまで私が見た中で最も赤くなったモルゲンロートです。
日本でなら一杯のカメラマンに囲まれて、
三脚を立てるにも気を使い一度立てたら動けないでしょうが
牧草地にたった一人、信じられなかったです。

ホテルでは、眺めのいい部屋の人はパジャマ姿で写真撮ったり、
空け行く山をスケッチなさってた方もいたようですヨ。

前日が雨だったのと、長旅の疲れが出たのでしょうね。
何しろ私は下から2番目の若輩者、朝から動き回ってたのは
私ぐらいでした。
Commented by ゆっきー at 2013-08-18 18:03 x
 わ~あ~
三枚目 こんなのを見たら感動ですね
街も綺麗ですね
旅友が スイスは怖いぐらい綺麗な街だと言っていましたが 本当にポストカードのようですね
ホテルの部屋も素敵です
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-18 22:56
★ゆっきーさま

今年は9月から虫明けの朝陽に挑戦します。
楽しかったね〜。

スイスは州によって税金が違うため、
税金の安い州は、恐ろしいくらいの大金持ちが
税金逃れの為に住んでるそうです。
ですから、怖いぐらい綺麗な街を形成している。
かつては傭兵までして稼いでいた極貧の国が
観光とブランド力で富を手にしている。
それでいて勤勉だし、チャラチャラしたところがない。
物価が安ければ長く居たいですね。
Commented by bara at 2013-08-19 10:45 x
こんにちは

三枚目のモルゲンロート、至福の時間わかります。
こういう時は一人で黙って邪魔されたくないですね。

案内状届きました~。幹事兼カメラマンさん、ご苦労様です^^
返事はちょいまちで・・・。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-20 09:18
★baraさま

一人、子供の頃の様な高ぶる気持ちに浸ってました。
ツァーでは年少でもありましたので、
これまた自分の気持ちに正直に動き回っておりました。

同窓会は早速ゴンボ先生から出席の返事が来ています。

<< Michaelmascay の... スイス・アルプス 珠玉の村々を... >>