トランスメディア提供アイコン01 バタム島の情景 その4


バタム諸島南端に位置するガラン島には、
1976年から1995年までベトナム難民キャンプがあった。
滞在した難民は25万人に上るという。
ここに滞在後、アメリカ、ヨーロッパ等難民受け入れ先(日本にも)へ飛び立って行った。
Wikipediaによれば、難民の多くは中国系であったとのことである。
<ミュージアム>
a0158226_2244538.jpg

<世界へ飛立った難民達> 日本の地図が何とも
a0158226_22453211.jpg

<在りし日の難民村>
a0158226_22453878.jpg

<脱出の手段> ボート・ピープルと呼ぶゆえん
a0158226_22454589.jpg


ここには野生の猿が観光客の食べ物目当てに集まってくる。
我が箕面のサルより紳士的ではあるが・・・
その内スレテくるのかな?
<親子のさる> けづくろいする姿は世界共通?
a0158226_22464231.jpg

<もっとクレヨ〜>
a0158226_22471367.jpg


カトリック教会や仏教寺院も建てられていた。
仏教寺院は観音寺(OUANAMTU)という名がついていた。
丁度、シンガポールから観光で来ていた娘さんが、
祈りのポーズをとっていた。(友達に撮って貰ってた)
僕も厚かましく目礼で撮影を許してもらった。
<教会への小径>
a0158226_22493530.jpg

<観音寺>
a0158226_22495172.jpg

<何を祈ってるんだろう?>
a0158226_22503054.jpg

<祈る娘>
a0158226_22503348.jpg


************   お ま け   ************************************

毎回訪れているシンガポール チャンギ国際空港ターミナル3内にあるバタフライ・ガーデン。
いつも一人でSQ616を待つ私を和ませてくれます。
ここにいると、待ち時間2時間は瞬く間に過ぎていきます。
<バタフライ・ガーデンにて> 撮影:7/26
a0158226_18431430.jpg

by Mr_Futchan | 2013-08-02 00:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/18227998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 笑子 at 2013-08-03 14:42 x
こんにちは

<脱出の手段> ボート・ピープルと呼ぶゆえん・・・
難民の暮らし、厳しいものなのでしょうね

野生のお猿さん
お猿さんと目が合うとちょっと怖いですね。。。。
最後のお嬢さんはモデルOKだったのですね☆彡
可愛らしいお嬢さんです

昨日組写真の返却があって、またまた予選通過でした~(~_~;)
でも、お友達のしほこさんが入選して
我が事のように喜んでます
予選通過作品は、いすみ鉄道の写真でした
フォトコン9月号のフォトハイ句!優秀賞の写真も
いすみ鉄道オフ会の時の写真でした
いい思い出を残せて良かったです(-^〇^-)
Commented by ジュレ at 2013-08-03 15:34 x
こんにちは。

訪問が
遅くなり
申し訳ありません。
コメント頂きまして
ありがとうございます。

ガラン島から
難民達が世界へ飛立ったのですね。
脱出の手段、ボート・ピープル
という言葉は何とも
胸がしめつけられる思いです。
祈る娘さん、
何を祈っているのでしょう・・。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-03 20:13
★ 笑子さま

お猿さんと目を合わすと
面をきったと怒られますよん。笑)

>可愛らしいお嬢さんです
とても健康的なお嬢さんでした。
お頼みして、もう少し色んなところで撮りたかったのですが、
個人で来た訳ではないのでネ。

フォトコンの方は、マイペースで出してますが、
要返却にしてないので発売当日でないと分かりません。
プチオフ会の写真で入賞できたのは、
嬉しい限りです。
色々と機会を逃さず飛回る事ですね。
新しい感動があり、視野が広がる。

さあ、明日、明後日と岡山におります。
Commented by bara at 2013-08-03 20:22 x
こんばんは

お猿さん、箕面の日本猿と違って怖さが違う??

娘さんは何を祈っているのでしょうね。写されているという意識からか笑顔ですね^^

箕面大滝が31日に竜乱舞というプロジェクトがあるそうですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130802-00000001-san-l27

私はいけませんが、ふっちゃんは行くかな?
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-03 20:23
★ジュレさま

こちらこそ、写真展が立て続けにあり、しかも同窓会の準備で
皆様のところにゆっくりとお伺いする時間が取れず
恐縮しております。

始めは、橋を伝って行くと観音様があると聞いて出かけたのですが、
難民村のことはここの入口で知りました。
ボート・ピープルは
かつては会社の港に入る船にも、救われてきたものです。
民間の港ですからその対応は大変だったようです。
多くの方は、姫路にある難民キャンプに運ばれたようです。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-03 20:35
★ baraさま

箕面の猿とは、全く恐さの程度が違ったと思います。
車から出る事なく写真を撮っているので
本性は分かりませんが、カメラを向けると逃げるお猿さんもいたので、
まだまだスレてないと思います。

娘さんの友達は iPad で撮ってました。
その横で一眼で撮るので、モデル気分じゃなかったですかね。

ホント何を祈ってたんでしょうね。
ラマダンの時期でしたので(8月6日に終わる)、
彼女はイスラム信者ではないと思います。

情報ありがとうございます。
毎年、夏休みの時期に箕面の滝はライトアップされます。
今年は最後の日に盛り上げるんですね。
駐車場が混むから、多分この日は行かないと思います。
ごめんね。
行くなら前日に行ってきま〜す。

明日、明後日は岡山におります。
時間の合間に後楽園に行って来ようかと思っています。

<< スイス・アルプス 珠玉の村々を... バタム島の情景 その3 >>