トランスメディア提供アイコン01 天空の湖 ウユニ塩湖へ(24) ラパスのお土産街サガルナガ通りと" Bouldering Cave "

 
ラパスに戻りお土産街に繰り出す。

お土産店が集まるサガルガナ通り周辺は観光客も数も多く
お昼時間は安心して街撮りができる。
石畳みの坂道が右に左に繋がっていて
そこに南米の色彩豊かな小物入れ、どんぐり帽子、セーター等が
所狭しと並んでいる。
<サガルナガ通り(東向き)>
 先にはサン・フランシスコ寺院の聖堂が、
 そして我々が泊まっているホテル・プレジデンテの青いビルが見える
 ホテルの一番上の窓の位置覚えておいて下さいね。フフフ
a0158226_19541265.jpg

<サガルナガ通り(西向き)>
a0158226_19544249.jpg

<お土産街サガルナガ通り色々> いくら時間があっても面白い
(↓写真はクリックすると大きくなり、右下の+をクリックするとさらに大きくなります)
a0158226_19551212.jpg


お買い物も一段落してサガルナガ通りをホテルに向かって
下って行く。
ここでも、女性軍は盛んにお店をヒヤカシて行く。
次第に、女性軍とは離れ私はお先にホテルに帰った。
<お土産屋さんは続く>
a0158226_19571523.jpg

<サガルナガ通りをブラブラと>
a0158226_19573450.jpg


ホテルについて、昨夜閉まっていた最上階の展望室に行った。
犬も歩けば棒に当たると申しますが、
私の幸運には我ながら驚いた。

どうも、添乗さんに展望室だと聞いていたのだが勝手が違う???
無人の室の窓からロープが降りている。
ガラス掃除でもしてるんだろうか?
とウロウロしていると、勇ましい格好の女性が上がってきた。

何と ”Bouldering Cave ”の訓練基地でした。
これから、このビルを下るらしい。
降りる女性に声を掛けたら撮影快諾。ラッキー!
この人オーストラリアのシドニーから来たお嬢さんでした。
<緊張した二人の女性が入室>
a0158226_2054171.jpg

<これは恐い!>
 こういうの女性の方が好きなんだよな〜
 あの窓からですよ!
a0158226_2061099.jpg

さて、それから夕食までは私もお疲れでしたので、
例によってお昼寝タイムでした。

*********************************************

レストランに出かける前、古いラパスの面影残す一角に案内された。
電線が全然なく景観が保存されている。
こう少しこんなエリアが広がれば、
この街はもっと上品な街になる。
<私の好きなアーチ>
a0158226_20471397.jpg

<エンバ通り>
a0158226_20472866.jpg


これまであまり食事の写真が無かったと思いますが、
大体が同じ様な内容の食事でしたので割愛してきました。

そして、ボリビア最後の夜
ディナーは美味しいオイシイ和食でした。
それも、こちらに移住された日本人が
故郷をなつかしみ丹誠込めて育てた野菜が食材として使われていました。
デザートがまたお餅の入った善哉で(餅米、小豆もボリビア育ち)
食欲が落ちていた私も完食しました。
< ディナー > by レストラン・ニュートーキョー
a0158226_2072860.jpg

by Mr_Futchan | 2013-04-16 15:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/17626453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by simon777_ at 2013-04-16 19:08 x
こんばんは☆

お店と言うのがその国のお国気分を味わうことが出来る所、写真にすると良くわかります。
観光立国をしている国らしいです。
日本料理、世界中無いところは無いのを実感します。その国の食文化と融合して外見だけはソックリな物も沢山有りますが(苦笑)如何でしたか?
Commented by bara at 2013-04-17 11:14 x
あの高い位置から・・凄い!私は無理です^^;;

お土産屋さん、楽しい~。工芸品がいっぱいですね~♪
やはり織物が素敵。タペストリーや敷物として使えそうですね。

最後の和食、これは本物ですね。お善哉には感激ものだったと(笑

昨夜は近所の友達とカラオケに・・。5時間超えの歌って踊って~♪騒いできました。楽しかったわ~(笑 まだまだいけそうだったけど・・(爆
帰宅は1時30分。長男の車で皆さんご帰館しました~。(笑
不良母♪

勿論寝不足。でも散歩には行きましたよ。
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-17 20:17
★サイモンさま

お土産店街は観光街ですから安心して写真が撮れるところが
いいですね。
パリのラーメン屋さんの店員にアジア人が多いと記憶してるが
ここは本格的な日本家庭料理でしたね。
お米がいわゆる外米ではなく
モッチリしたお米でしたので、
皆さんヒートアップ。
お漬け物もあっさりとした浅漬けでしたよ。
Commented by まこちゃん at 2013-04-17 20:23 x
どれも 楽しい思い出♪
ワクワクします
高い窓で訓練中の女性 凄いですね
私は 高所恐怖症なので (~_~;)
撮るのも 大変でしたでしょうね(カメラ持つと 高いところも ちょっと大丈夫になりますね)

最後の日本食 嬉しいですね♪
善哉が 嬉しすぎます ^^
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-17 20:29
★不良母? baraさま

工芸品、セーター、帽子どれもとても安価でしたよ。

お善哉が出てくるとは思わなかったな〜。
日本では何でもないほうれん草、白菜、小豆、みそetc.
望郷の熱い思いが伝わってきました。

カラオケは転勤してから良く行く様になった。
でも、最近息が続かなくなったので
変なところで息継ぎする。
これが小学校ならN先生に怒られるやろな。
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-17 20:42
★まこちゃんさま

この訓練、顔を上向きにして壁をキックして下るのは
沢登りなどで経験ありますが
この下を向いてこの高さからは恐いです。
撮る方の私は、
腰まである壁のある窓からでしたので恐怖感はありませんでした。
仕事柄、高所の足場を伝ってのパトロールを頻繁にしてます。
ただ、安全帯、ヘルメット、安全靴は必携です。

このお善哉には参りましたね。
当然、めちゃくちゃ美味しかった。
Commented by 笑子 at 2013-04-18 16:35 x
訓練の写真!!!
おぉ~~コワイ~~
凄いですね~~~!!勇敢だわ~!
無理!!絶対気絶しちゃいます
写真も撮れません。。。

久しぶりの和食・・・きっとほっとできたでしょう・・・
嬉しいディナーでしたね★
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-18 21:16
★ 笑子さま

高所恐怖症の 笑子さんには撮影も無理ですか。
一回恐くなると足がすくんでだめなんですね。
恐いときは下をみるなとよく言いますが、
これは真下を向いて降りるのですから。
バンジージャンプも下を向いて飛び降りるね。

高所工事足場を歩いている私でも無理です。

和食は落着く。南米であまり食事は期待しない方がいいと
言ってる方もいますが、
さて次の日のメニューは何だと思います?
お楽しみに! これも完食でした。
Commented by ゆっきー at 2013-04-18 23:20 x
お土産 カラフルですね
生地もきれいな色で 思わず買ってしまいそう~

凄いところが撮れましたね
写真撮るときも 結構身を乗り出したのではないですか

お料理の写真 大きくしていただいて嬉しいです 笑
天麩羅や煮物  海外で食べるには本格的な感じですね
私は 日本食が無い場所では 中華に助けられました♪
Commented at 2013-04-21 22:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-21 23:07
★鍵コメさま

この写真は観光先での写真としてはチョッと想像つかないでしょ。
鍵さんも高所だめですか。普通これは無理ですね。
顔は下向きですから、下見るなと言っても無理ですね。

こんな僻地のツァーに参加する人は旅慣れた人が多いのですが
皆さん善哉は初めてということでした。
Commented by Mr_Futchan at 2013-04-23 15:49
★ゆっきーさま

遅レスすみませんです。
経験豊富なバックハッカーさんですから
色々と面白いお話し聞かせて下さいね。

<< 天空の湖 ウユニ塩湖へ(25)... 天空の湖 ウユニ塩湖へ(23)... >>