トランスメディア提供アイコン01 京都嵯峨野・花灯路

12月13日 古都京都・嵯峨野嵐山の花灯路を初めて見に行く。
紅葉の季節が終わる年末、今年は12/8〜17に行われる。
嵯峨野では平成17年から行われている。
春には京都東山花灯路が来年の3/8〜17の予定です。
花灯路で思い出すのは、京都在住の小説家澤田ふじ子の「祇園社神灯事件簿 」。
神灯をつけてまわる職を持つ浪人が遭遇する事件を綴った小説である。

最初の年に妻が西陣の老舗女将さまに誘われて来ている。
下見のつもりで写真を撮ってきてくれた。
脇を締めて頑張ってくれたがブレブレでした。三脚必携ですね。
(↓写真をクリックすると大きくなります。)
<渡月橋>
a0158226_838165.jpg

<保津川下り船着き場付近>
a0158226_21203227.jpg

<青く光る木々>
a0158226_21204713.jpg

今回は暗くなってから着いたので、
渡月橋から、宝厳院(ほうごんいん)、嵐電「嵐山駅」に寄り
竹林小径に向かった。
ここで有り難かったのは、
嵐山駅舎内のトイレが無料解放されていたことである。
<宝厳院前>
a0158226_21204610.jpg

<宝厳院前の小径にある仏像>
a0158226_21212490.jpg

<嵐電駅前の竹灯籠>
a0158226_21214186.jpg

竹林の小径に着いた時には、
もう片側だけの点灯となり、一方通行も解除されていました。
せく気持ちを押さえ、三脚を立てては先に進みましたが、
途中で万事休す真っ暗になりました。
<花灯籠>
a0158226_21215445.jpg

<竹林小径>
a0158226_212275.jpg


    初冬にともしび伝う竹林
   (ハツフユニトモシビツタウタケバヤシ)

by Mr_Futchan | 2012-12-16 08:38 | その他 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/16986152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 桜里 at 2012-12-16 19:16 x
さすが、京都ですねぇ、お洒落なブルーのRED?かな

竹林小径・・・良く見かけますがどう切り取るか・・・カメラマンのセンスですね!奥行きを感じさせる素敵なカットですね(^-^)
Commented by 笑子 at 2012-12-16 20:50 x
こんばんは~
幻想的なイベントですね
とっても素敵です!!
2枚目と最後が特に好きです☆

冬の夜の撮影は寒いけど
昼間と違った灯りに照らされた風景は魅力的ですね☆
Commented by bara at 2012-12-16 22:10 x
わぁ~~綺麗~~春と違ったライトアップの色なんですね。
ブルーが基調でとっても綺麗です。
冬の冷たい空気感が色を美しくしているのでしょうね。

花灯籠・・竹林・・幻想的ですね~

今日、帰宅時間が遅くなり御堂筋のライトアップを見ることができました。
色が何色かあって綺麗ですね~。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-17 00:15
★桜里さま
渡月橋は露出のバランスが難しかったですね。
露出補正-0.7〜-1.3としました。
向かいの橋の袂のライトがきつかったです。

>奥行きを感じさせる素敵なカット・・・
ありがとうございます。なにしろ何時消灯するか焦ってました。
一番奥行きと起伏があるものをアップしました。
そしてアナウンスがあったものの突然真っ暗です。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-17 00:25
★笑子さま
>2枚目と最後・・・
選んだ本人もお気に入りの写真です。

冬の三都(京都、神戸、大阪)を彩る光りの三部作のトップは
嵯峨野になりました。
三都とも昼はシッカリと昼寝して出かけました。
今夜は地元御堂筋、午後5時から午後10時まで徘徊しました。
三日とも比較的暖かい日を選びました。
協力してくれた娘達には感謝です。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-17 00:32
★baraさま
>春と違ったライトアップ
私は春は行ったことありません。
今年は頑張ろうかな。

今夜御堂筋?
僕は午後5時〜10時まで、御堂筋で何も飲まず食わずで
ただヒタスラ写真撮ってましたよ。
でも、チャンとやることはやってますよ。
選挙に行って、孫の散歩して、お歳暮も手持ちでお伺いして、
昼寝して、御堂筋へ。
前から言ってますが、日曜・祝日は駐禁解除されるところが
いっぱいあるので、今日出かけました。
そこが地元の強みです。
Commented by まこちゃん at 2012-12-17 06:17 x
おはようございます
1枚目で ハッとし
2枚目で ぐっときました
枯れ木と舟が たまりませんね
最後 幽玄な竹林小径 カッコイイです
ありがとうございます!
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-17 08:51
★まこちゃんさま
こちらこそありがとうございます。
二枚目のところは、竹林に比べるとグッと訪れる人が少なくなります。
ここへたどる路脇には、超々高級料亭が軒を並べています。

最期の竹林では、時間との戦いでした。
引き返そうかどうか後ろを見たとき、ハッとして撮りました。
前ばかり見ててはいけませんね。
Commented by ゆっきー at 2012-12-17 17:25 x
二枚目 素敵ですね  こんな場所があったのですね
今度は日程が合えばいいですね
竹林 半分の明かりになってしまうなんて・・・  ここは 人が多いので中々こんなに撮れないですよね~  人が消えてる~

倉敷 同じ場所がありましたね。  同じとは思えないけど。
ウエディングの二人も あんな風に撮れば良いのですね
後姿しか 思いつかなかった。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-17 18:59
★ゆっきーさま
ここは嵯峨野へ行く前から狙ってたところです。
ここは亀岡から下ってくる保津川下りの船着き場です。

>人が消えてる~
半分の明かりになって、カウント・ダウン状態で
ホンマに人がいない! 笑)

倉敷面白かったね。
女性カメラマンがかっこ良かった。プロやな〜と思った。
ウエディング写真の撮影、特に披露宴は楽しい。
撮影して断られることないものね。
Commented by lunaya at 2012-12-17 23:31 x
Futchan さま

素晴らしいお写真に引き込まれました。
人が全く写っていませんが、人出は
いかがでしたか?

嵐山、実はもう何年も訪れていません…。
そろそろ再デビューしてもいいお年頃
ですね、来年は是非行ってみましょう。
せっかくなので京懐石も頂きたいし、
これは新年早々へそくり開始せねば!(笑)
Commented by Harvest--Moon at 2012-12-18 07:13
おはようございます!
日頃の嵐山とは全然違った姿になりますね~
幻想的というか、光のイタズラで、
こんな風になるのは、楽しいです!
竹林小径の素晴らしさも、再認識させていただきました~
Commented by tamanegi-tamanegi at 2012-12-18 11:37
おはようございます~
しまった、嵐山行けばよかったなー
実は14日に京都で時間が出来たのですが・・・

最後の竹の緑色がとても上品で。
素敵な色ですね☆
前回の倉敷の柳の緑も明るく、でも落ち着いてて品のある色で・・・
今日は緑色にとても心動きました~!
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-18 20:53
★ lunaya さま
ありがとうございます。10秒前後シャッター速度ですので
人は消えてしまいました。まあ、巧く消えた写真をアップしてますが。
最期の竹林小径は消灯寸前でしたので本当に人が少なかったです。
行ったのが木曜日の午後7時〜9時でしたので、飲食店で順番待ちの
人が多かったですが、花灯路のところはもう人が少なくなっていました。
私は、情緒ないですが、
名神のサービスエリアで食事を済ませてから行きました。

私が嵐山へデビューしたのは、
大学へ入った春休みで、デートするなら京都とあこがれもあり
友達と下見に来ました。
連戦連敗でしたが、学生時代に年1回は訪れています。
最期の人は妻ですが・・・笑)

掘りごたつで湯豆腐デートはありますが、
京懐石はとんと縁がございません。
この年になると、その心得も必要ですね。
私も積立てしよう!
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-18 21:03
★ Harvest--Moonさま
私も初めてなので、日頃とは違った姿に感激しておりました。
竹林小径で片寄せ合うカップルはとても絵になりますが
暗過ぎて撮れませんでした。

竹林小径は、昨年宝厳院で紅葉狩りしてから通りました。
どちらも初めてのところだったので楽しかったです。
ただ、お相手はオッサンでしたがね。笑)

ayaさんのことだから、何度も撮影に訪れているところでしょうが、
いいところですね。
モデル撮影をしたい気持ちになりました。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-18 21:13
★ tamanegi-tamanegiさま
貴男も神出鬼没ですね。
花灯路は昨日終わっておりますので、残念でした。

>最後の竹の緑色がとても上品で
ありがとうございます。
昔、外航船の入港する基地のプラントの色をどうするかと
色彩のプロとお話しさせていただいたことがあったんですが、
遠い砂漠のような産油国から来る外航船の船員は、
我々より更に緑に心が癒されるそうです。
海原にはない大陸の森林の色がいいそうです。

色の効果も面白いものですね。

<< 夢と希望の光り神戸ルミナリエ 1 倉敷街歩き 2 >>