トランスメディア提供アイコン01 ゆく秋を惜しんで 2

箕面の滝につづく散策路、通称滝道
駅からしばらく歩き三階建ての建物「橋本亭」を過ぎると
グッと山がせまってくる。
人少ない朝、落葉に語りかけ滝道をのぼる。

<橋本亭>
a0158226_18283114.jpg


  幾とせや 足運びけり もみじ道
  (いくとせやあしはこびけりもみじみち)

< Elegy for Autumnal Tints >  (↓写真をクリックすると大きくなります)

a0158226_1829204.jpg

by Mr_Futchan | 2012-12-07 17:07 | 自然・四季 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/16935313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by simon777_ at 2012-12-08 06:17 x
おはようございます☆

阪急箕面駅から歩くコースは幼稚園に上がる前のお正月に両親に連れられて通って以来、記憶が無いので(苦笑)歩いてみた・・・・
あ゛っ(激爆)その時に猿にチョコレートを取られて恐ろしい思いをしたのを思い出しました(爆)
・・・で脳裏に鮮烈に焼き付いているのだと思います。ZZ年前の事ですが私の一番古い記憶のひとつです(笑)

今も猿は出るのか?!♪・・・楽しみにしようと思います♪

ラストのデザイン、上品な構成と色使いが素適です♪
Commented by 港北のウメ at 2012-12-08 07:42 x
橋本亭の建物。いいですね。昭和を通り越して大正テイスト
でしょうか?
子供の頃は滝道の左右にこのような建物があったように思
う。大正ではないが・・・・・。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-08 19:25
★サイモンさま
貴男もヤクザ猿にやられた経験をお持ちでしたか。
小学校4年のとき食べ物を持っていないのに猿5,6匹に囲まれたことがあります。
今は、滝道に出没すると猿追いパトローラーがいて追い出します。
加えて、裏山で餌付し人から遠ざけていますが、ドライブ・ウェイに
群れて出てきます。これにエサを与えると1万円の罰金となっています。
兎に角、滝道を離れる時は決して食べ物を持たないことですね。
わたしはせいぜいお茶だけです。
お越しになる機会があれば、
決して、食べ物を持って滝道を離れない様にして下さい。
Commented by 笑子 at 2012-12-08 19:58 x
こんばんは~☆
<橋本亭>って素敵な建物ですね~歴史を感じます
群馬の四万温泉にも、こんな感じの素敵な建物がありますよ♪


>幾とせや 足運びけり もみじ道

俳句では、切れを生み出す「かな」「や」「けり」などの
「切れ字」を一つの俳句に2つは余り入れないというのがあります
句の途中の二か所に切れが入るのを 「三段切れ」の俳句といいます
(でも「三段切れ」は決して禁じ手ではありません)
俳句はただでさえ短いもの、それをさらに三つの部分に
切り刻んでしまうとブツブツと断裂してしま
読みづらくなってしまうということらしいです

なのですが、これを 
幾歳も足を運びし紅葉道
としたほうがいいのかな・・・と少しだけ思いました
(参考までにです、俳句初心者が出過ぎた真似をしてすみません)

幾歳も通ふ馴染みの紅葉道
こう見ても毎年違ふ紅葉かな
この年も亡き人と見る冬紅葉
ゆく秋を惜しんで独り紅葉道    笑子

など、考えてみましたが、いかがでしょうか
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-08 20:32
★港北のウメさま
お店の案内によると橋本亭は明治43年に建てられた建物です。
同窓会をやった音○山荘は大正時代のものです。
ここは今では結婚式場まであり、同窓会会場には使えませんね。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-08 20:41
★ 笑子さま
まことにきめ細かなご指導ありがとうございます。
直していただいた俳句、笑子さんが詠まれた俳句をお手本に
時々頭をしぼってみます。
それにしても、
パッと四つも浮かび来るのは日頃の鍛錬の賜物ですね。

ありがとうございました。
Commented by lunaya at 2012-12-08 22:55 x
Futchan さま

しばらくご無沙汰してしまってましたので、
今頃になってなんですが…、東北の旅の
お写真、素晴らしかったです☆☆☆

そして箕面も!
わたしは人生ほぼ大阪府民なのですが、
こちらには1回くらいしか行った事がなくて
お写真を拝見するだけで旅情を感じます。
いつか行ってみたいです~。
(箕面霊園には何度も行っております… 笑)
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-08 23:58
★lunayaさま
こんばんは
遡って東北まで旅していただきありがとうございます。
箕面山の紅葉、いつか機会がありましたら
俳句の師匠さんと一緒にご案内したいものです。
句会又は作詩会となると私にとっては撮影どころではないですが、
一層思い出深いひと時になるのではないでしょうか。
(私は猪名川霊園に最近通っております。)
Commented by bara at 2012-12-09 10:50 x
こんにちは

この橋本亭は滝の次に懐かしい建物です。

ここにまだ健在というだけで嬉しいですね。

ず~~っと残っていてもらいたい!
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-09 16:08
★baraさま
橋本亭は昔は旅館だったようですが、
その頃のことは覚えてません。
色々と催しものが出来そうなんですが、
写真展としてはチョット手狭です。
baraさん記憶力いいですね。
Commented by Harvest--Moon at 2012-12-10 09:04
おはようございます!
このあたりは、長い間歩いたことがありません。
趣があって、いいところですよね~
紅葉とともに、また来年、たどってみたいと
思わせていただきました。
Commented by Mr_Futchan at 2012-12-10 22:48
★ Harvest--Moon@ayaさま
そうですか、いつもは滝上駐車場ですか。
すると、あのトイレの頭上のカットも
下り坂の最期に目に飛び込んできますね。
ゆっくりと紅葉を楽しむには、ご存知でしょうが
午前9時までには滝にたどり着く様にしていただければと思います。
その辺は、朝の空気を愛でておられるayaさんにとっては
早起きは大丈夫でしょう。
箕面駅前の市営駐車場(200円/1時間)も9時前にこられれば
OKかと思います。

<< 御堂筋セレブ・カー・ディスプレ... ゆく秋を惜しんで >>