トランスメディア提供アイコン01 ミズリーナ湖畔にて

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレードからの帰り、
予定より1時間遅れてミズリーナ湖畔で昼食を摂る。

食後半時間あまりのんびりと湖畔を散策した。
湖畔では、親子のカモが日向ぼっこしていたり、
野の花も咲き誇っていました。
<ルピナス咲く湖畔>
a0158226_0214814.jpg

<湖畔風景1> 奥はハイキングしたトレ・チーメ・ディ・ラヴァレードのある山々
a0158226_0221556.jpg

<Geranium sylvaticum> ゲラニウム・シルヴァティクム
a0158226_0225857.jpg

<カモの親子>
a0158226_0245157.jpg

<湖畔風景2>  ドライ・ツィンネン
a0158226_0233284.jpg

<Horminum pyrenaicum> ホルミヌム・ビレナイクム
a0158226_0235973.jpg

コルティナ・ダンベッツォに戻ったのは3時を少しまわっていた。
この頃には日差しはもどっており、
このままホテルに引きこもる訳にはいかない・・・7月5日まだつづきます
<日差しは強く> 車窓より
a0158226_16343798.jpg

**************************
余 談
ポーランドのショパンの生家の窓に掲げられていた曲が分かりました。
お盆の間に
元音楽教師・指揮者を志した人・ポーランドに音楽留学した人、
3人の方から回答があり、皆同じお答えでしたので間違いなし !
(楽譜/メロディー変換機能がない私には不可能です)
曲の名は「別れの曲」(You Tubeにリンク)です。
<ショパンの旋律> 再掲載
a0158226_10473682.jpg

by Mr_Futchan | 2012-08-21 06:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/16003838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まこちゃん at 2012-08-21 06:33 x
おはようございます
毎回素晴らしい♪画像 ありがとうございます
湖畔の風景 そこに咲く小さなお花 鳥

雄大な景色も サイコーーーー!

別れの曲の窓 窓から曲が流れてきます

シュン君 水泳教室に通っていて 海を全く怖がりませんでした ^^
あのニコニコ顔で 楽しんでました
将来は北島康介か なんちゃって ^^
Commented by 笑子 at 2012-08-21 16:27 x
こんな景色の中を食事後のお散歩・・・・
今の私からしたら、本当に夢のような世界です~
湖畔の風景って・・・私はとても心が和みます
水面の移ろいを、ただのんびり眺めるのが好き
湖畔に椅子を並べて、コーヒータイム・・・
そんなささやかなことさえ、なかなか出来ない今の私の人生って・・・
と思うとネガティブになるから、思わないぞー!!
Commented by Mr_Futchan at 2012-08-21 17:01
★ まこちゃんさん

将来は北島康介!楽しみですね。
子供の才能を見極め、適した才能を伸ばす環境を整えてあげるって
大事な事ですね、それを押し付けてもいけないだろうし。

ショパンといえば「別れの曲」。
これも好きこそものの上手なれ! 
イントロじゃなくて、途中からでもすぐ分かるというところが
皆さん凄い。
指揮者を志した人なんて、趣味で指揮者を志したのであって、
本職?は土木屋ですよ。
やはり、好きで興味を持つという事は、能力を限りなく開花させる。
Commented by Mr_Futchan at 2012-08-21 17:20
★笑子さん

>ネガティブになるから、思わないぞー
こんな湖畔を一人で歩くのも寂しいものですよ。
寂しいからこそ、花や鳥達に心が和まされる。

>湖畔に椅子を並べて、コーヒータイム・・・
ハイキング・デスクもそれとなくおいてあり、
家族連れが絶景を楽しみながら食事をしていました。
世界有数のセレブ避暑地です。
こんなところにコンドミニアムを借りて、
気ままに回りたいものですが、一人ではね。詮無い事です。
私もネガティブになるから、これ以上考えない。
Commented by bara at 2012-08-21 21:25 x
こんばんは

湖は海と違って心穏やかになれますね。

綺麗~。

のんびりとしたくなりますね^^

鴨の親子も可愛い~。

湖畔のお花・・ルピナスではないかな?

ショパンといえば、別れの曲・・この間も納得!!^^

でも、弾いたことがあるのにわからない・・(汗

途中からなんて凄い。
Commented by Mr_Futchan at 2012-08-21 22:19
★ baraさん

ルピナスですね。ミスタイプです、ご指摘ありがとうございます。

ここは、もっと晴れてて風がないとミラーとなって
トル・チメ山塊が映ってものすごく綺麗だそうです。
残念ながら見れませんでしたが、恵まれ過ぎはイケマセン。
何回も来たいところです。
Commented by Harvest--Moon at 2012-08-22 08:59
おはようございます!
またまた自然の素晴らしさも感じる、素敵なお写真、
行った気分させていただきました~
ショパンの楽譜、たしかに別れの曲っぽいですね!
Commented by Mr_Futchan at 2012-08-22 21:36
★ Harvest--Moonさん
コメントありがとうございます。
自然紀行なんですが、次の滞在地で幸運に恵まれ
私としてははじめての写真を撮る事ができました。

貴女も! 専攻がそうでしたね。失礼しました。
楽譜がすぐメロディーにつながる人って尊敬します。
小学校時代は、カスタネット、トライアングル、小太鼓が
私の役回りでした。
娘は、絶対音階だけは身につけた様です。
Commented at 2012-08-24 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mr_Futchan at 2012-08-24 22:01
★鍵コメさん
山も高原も湖畔も花が活き活きしていましたね。
私の写真で楽しんでいただければこの上ない喜びです。

<< ファローリア山へ トレ・チーメ・ディ・ラヴァレー... >>