トランスメディア提供アイコン01 コウノトリ住む村々と杉原記念館

5月27日(日)は、走れ走れの走行距離450kmのバスの日でした。
眠りに落ちた同行の人達を尻目に、窓ガラスの反射と戦いながら車窓を撮り続ける。
ポーランド国内もさることながら、
バルト三国にかけても起伏の少ない田園風景が続きます。
<肥沃な大地がつづく>
a0158226_23352415.jpg

<のどかな農村>
a0158226_23355493.jpg

そんな中、よく観察しているとあちこちにコウノトリの姿が!
<コウノトリを探せ1>
a0158226_23361354.jpg

<コウノトリを探せ2>
a0158226_23363433.jpg

<コウノトリの巣> この巣の主は在宅
a0158226_23365899.jpg

そしてリトアニア第二の都市カウナスにたどり着いた。

ここに来て外せないのが旧リトアニア日本領事館「杉原記念館」である。

記念館では、「葦のようにしなやかに 木のように堅くなるな」と題した
ユダヤ人達の受けた迫害と杉原千畝の功績、その後の氏の名誉回復までの経緯等を
まとめたビデオを見た。
ビデオを見ていて最近涙腺が弱くなった事を実感した。
その事をバスでご年配の臨席I氏に話すと、
「そんなことは恥ずかしいことではないですヨ」と。
I氏もハンカチを出していたようだ。

この記念館には、日本文化研究センターも開設されており、
日本のシンドラーと称される杉原千畝氏の功績は、
今も両国を結ぶ絆として生きています。
日本人として誇りに思う偉業に触れた。
<旧日本大使館「杉原千畝記念館」>
a0158226_23374251.jpg

<館内の様子>
a0158226_23381187.jpg


* ****************************
<おまけ> 杉原千畝記念館の前の公園にてバスからの撮影
前の席のご婦人から、
「おにいさん、素晴らしい白い足よ!撮らなきゃ!」
「向こうも撮られたいのヨ!」
「早く撮りなさいよ!」
お姉さまに催促されるとは・・・
a0158226_440318.jpg

by Mr_Futchan | 2012-07-12 23:38 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/15751330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 港北のウメ at 2012-07-13 07:36 x
バルト三国。美男美女の産地ですね。今後も期待しております。
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-13 07:43
★港北のウメさん
おはよう!
美男はともかく、美女が多い。
期待しておいて下さい。
Commented by bara at 2012-07-13 10:58 x
お帰りなさい~。

コウノトリ、全部見っけ~♪

普通にほんと普通にいるのですね。

そういう時の涙は我慢してはいけないんですって。感情の現れです。

前のご婦人に言われなかったら写さなかったのかな?(笑
・・・・・・
美しいものは写したくなるんですよね^^
Commented by 笑子 at 2012-07-13 14:01 x
コウノトリさん☆見つかりました!
我が家にも飛んできてくれないかしら・・・
なんとも長閑な風景ですね
安らぎます

人間、涙を流すことも、とっても大事な事だって何かで読んだことがあります
笑うことと同じくらい脳にいいらしい・・・・
涙を流すことでストレスを発散しているというお話でした☆

最後の美女
こんなスタイルだったら、もちろんミニスカートにショートパンツはいて
「どう??」って見せびらかしたいと思いますよ♪
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-13 19:53
★ baraさん
ただいまあ〜!
腰の方はどないですか?
ある意味「日にち薬」のところもあるからね。

コウノトリ小さく写ってましたでしょ。
高速で飛ばすバスからですので、
シャター速度を早く(1/1000secより早く)していますし、
ズーム領域も標準から広角に留めてます。

>前のご婦人に言われなかったら写さなかったのかな?
痛いところ突かれたな〜!
このシーンの手前で既に撮ってて、
私は目的地に到着したので降りる準備をしようとしてました。
前の席のお姉さんはズッと女性達を見てたんでしょうね。
だって、公園に裸足で綺麗な女性がいるんですから
目立っていました。
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-13 20:57
★ 笑子さん
笑子さんちにもコウノトリさんが
早く飛んでいきますように!

長閑な田園風景にまぶたも重くなりがちでしたが、
コウノトリを探し始めると目が覚めました。(子供みたいだよね)

年をとるとともに涙腺が弱くなるといいますが、
ある意味自分を飾らなくなったということも一因かと思っています。
飾らなくなったことでストレスも軽減されますから。

>「どう??」って見せびらかしたい
今回のイタリア旅行でもそんなことがありましたし、
女性の写真ばかり2時間も撮り続ける機会に恵まれました。
それはお楽しみとしておきます。
Commented by まこちゃん at 2012-07-14 17:38 x
おまけが特に 好きです

コウノトリ ぜ~んぶ見つけました~♪
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-14 19:37
★まこちゃんさん
おまけがいいですか。
これからおまけにも力が入ります。
2枚目は、コウノトリ、ユリカモメ、からすが混在いてるから
分かりにくかったでしょう。
Commented at 2012-07-19 20:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-19 20:48
★鍵コメさん
>コウノトリとの出会い、幸運にめぐりましたね。
いやいや、バスでずっと寝ずにいたら自然とご対面です。
綺麗な女性ばかり待ってた訳ではないですヨ。

10年前でしたらビデオは出来ていなかったと思います。
杉原千畝氏の名誉回復は2000年の10月10日だそうです。

<< カウナスでの出来事 青の印象 --- with 8... >>