トランスメディア提供アイコン01 緑に包まれたショパンの生家

5月25日(金)「黒いマドンナ」を鑑賞した後、
バスは更に北上してワルシャワ近郊の村ジェラゾヴァ・ヴォラに
ポーランドを代表する三賢人の一人ショパンの生家を訪れた。
<ジェラゾヴァ・ヴォラの麦畑>
a0158226_020288.jpg

<生家正面>
a0158226_0294587.jpg

静かな田園の中、ショパンの生家は小さいが、
敷地は緑地公園の様相で1万m2もあるという。
家の中はモダンなディスプレイもあり、
ポーランド人の感性が溢れていた。
<ショパンと奥さんの肖像>
a0158226_0202383.jpg

<グラヴィーア?>
a0158226_0204269.jpg

<在りし日のショパン達> 丁度この窓の外で反対側から撮影されている
 (今気がつきました。)
a0158226_022594.jpg

<庭園にたたずむショパン像>
a0158226_0223215.jpg

*********************************
<おまけ> オマケと言うにはもったいないが・・・
 撮影会を終えたウエディング・ドレス姿のモデルさん、
 正直、私はこのモデルさんに悩殺された。
a0158226_024587.jpg

by Mr_Futchan | 2012-06-16 00:39 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/15572734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 港北のウメ at 2012-06-16 08:37 x
悩殺?
あまりに正直な!

でも煩悩です。煩悩!
Commented by まこちゃん at 2012-06-16 10:52 x
おはようございます
楽しい旅ですね~
<生家正面> こんな家に住みたい ^^
<在りし日のショパンたち> タイムスリップしてしまいました♪

<おまけ> おまけが嬉しい
 素敵な人に出会えた感動が 伝わってきます ^^

前日のブログ <白い天使><黒いマドンナ>素晴らしいです
ありがとうございます
Commented by 笑子 at 2012-06-16 14:06 x
小さいけれど、端正な佇まい。。。
素敵すぎます!
<在りし日のショパン達>・・・重ね合わせた風景がいいですねぇ
撮ったときは気がつかれてなかったってこと???傑作!!

ナイスバディーな花嫁さん・・・・
すごいな~!!豊満な胸元

私、ブログにも書いたけど、その辺おおらかですから
Futchan さん!!正常です!それでこそ男です☆
Commented by bara at 2012-06-16 17:25 x
ショパンの生家・・素敵ですね~。

ショパンが奏でるクラヴィーア(ピアノ)の旋律が聞こえてきそうですね。今ではどんな音なんだろう・・・

在りし日のショパン達、素晴らしい一枚になりましたね^^
後で気づくことって多いかも^^;;

色んな楽曲も習ったのに・・今ではすっかり忘却の彼方です(笑

最後のモデルさん、男性はノックアウトでしょうね。
まっ!ふっちゃんさんもまだまだ現役ってことで(笑
Commented by Mr_Futchan at 2012-06-16 18:33
★港北のウメさん
煩悩は捨てきれません。
こんな人嫁さんにしたら、
毎日一生懸命働く?
ふぬけになる?

いずれにしろ手のひらの上で転がされて目が回る。
Commented by Mr_Futchan at 2012-06-16 18:43
★まこちゃんさん
<在りし日のショパンたち>のディスプレイには
感心させられました。
そう!タイムスリップさせる工夫があります。

場内はBGMにショパンのピアノ曲が流れてました。
もう少しゆっくりしていたかったのですがね。

音楽好きの方にはお勧めの観光スポットです。

Commented by Mr_Futchan at 2012-06-16 18:56
★ 笑子さん
<在りし日のショパン達>のディスプレイは
どうぞここでお撮り下さいというようにセットされていました。
ひょっとしたらガイドさんが説明してたかも知れませんが、
多分そう言うことは聞き逃してないとは思います。
撮った写真と、自分で撮った外からの写真を眺めていて
このタイムスリップの仕掛け・工夫に気がつきました。

>すごいな~!!豊満な胸元・・・・・
崇高なご理解ありがとうございます。
男として認めていただき光栄です!(敬礼)
もう少し寄れる望遠レンズが欲しかった!
今24~120mmのナノクリ注文してるのですが
いつまで経っても品薄で送ってこない。
Commented by Mr_Futchan at 2012-06-16 19:05
★baraさん
妻が逝く前にかなりの量の楽譜を処分しましたが、
残していった中にショパンのピアノ曲の楽譜集がありました。
彼女は気がむしゃくしゃしたときはよくピアノを弾いていました。
ショパンの曲であったかどうかは、
教養がない私には???
(まあコブクロの楽譜もありましたが)

皆さんに<在りし日のショパンたち>の写真をお褒めいただき
嬉しく思います。
また、男性と認めていただいたことも。
Commented at 2012-07-18 13:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-07-18 13:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mr_Futchan at 2012-07-18 20:42
★鍵コメさん
このグラマーなモデルさんに悩殺されない男は
男として???
いつも妻には笑われてましたよ。
でもお互い様で、彼女も素晴らしいと褒めちぎってた人もいました。
褒めちぎった人は、生え抜き、2段階昇進で社長になりました。

>今夜は現地で買ったCD聴きながら~~~~~なんて
そうショパンのCD良く売れてましたね?
10年前にご主人と行かれたとの事ですが、
うっとりと想い出にひたられましたでしょうか?

コメントありがとうございました。
ドロミテ街道はもう少しお待ち下さい。

<< ポーランドの首都ワルシャワ 天使の笑顔と「黒いマドンナ」 >>