トランスメディア提供アイコン01 ウェット・トロピックス・ツァー キュランダ

オーストラリア最終日は
世界自然遺産ウェット・トロピックス(湿潤熱帯地域)にあるキュランダを訪れた。

往路はキュランダ・シーニック・レールウェイを利用。
この観光鉄道は、もともとは金鉱への物資輸送のために敷設されたもの。
<ケアンズ駅に列車入構>
a0158226_2043642.jpg

9:15ケアンズ駅発。列車は砂糖キビ畑の村をぬって山間部に入る。
「世界の車窓から」でも有名な大きなヘアピンカーブ辺りから
渓谷にへばりついて進む。
<ホースシューベンド>大きくヘアピンしているが先頭車両は遠い
a0158226_20565161.jpg

15本のトンネルをくぐり、
キュランダ駅手前でハロンフォールズ展望駅に15分ほど停車する。
<ストーニークリークにかかる橋>
a0158226_205955.jpg

<ハロンフォールズ展望駅>
a0158226_2102044.jpg

<アブナイよ!>
a0158226_2111416.jpg

<バロンフォールズ>
a0158226_2115684.jpg


バロンフォールズ展望駅を出ると10分でクランダ駅に到着した。
正に熱帯雨林の中の駅という感じの駅でした。
<クランダ駅にて>
a0158226_2123240.jpg


「世界の車窓から」
このコースは「世界の車窓から」の栄えある第一回放送とは逆コースです。
http://www.youtube.com/watch?v=FW_jVKCjqc8

by Mr_Futchan | 2012-02-04 21:32 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/14595744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 港北のウメ at 2012-02-05 14:49 x
世界の車窓を彷彿とさせる画像ですね。
もっとも「世窓」は動画ですが・・・・。
車両に乗ってしまうと動画の方がはるかに
チャンス的に有利だと思います。
でも、静止画はインパクトに優れるし、
難しいところですね。
Commented by bara at 2012-02-05 15:42 x
ほんと「世界の車窓から」を見ているような・・。
この番組が好きでよく見るんですよ。

駅の列車の隣の列車、ボディの絵が気になるなぁ~。
ストーニークリークにかかる橋って高いんですか?
峡谷を見下ろす写真、綺麗ですね~。
肉眼では怖いですがレンズを通すと案外平気なんです^^;;
Commented by 笑子 at 2012-02-05 18:01 x
何ともカッコイイ鉄道!!イカツイですねぇ~!!いいなぁ武骨で☆
駅の様子も凄いですねぇ~

正しく!!世界の車窓から・・・☆
私もこの番組大好きです!!長寿番組ですよね♪
ウルル辺りとは全くの別世界ですね~
Commented by Mr_Futchan at 2012-02-05 21:53
★港北のウメさん
ヘリも列車も動画の方がチャンスを逃がしませんし、
ダイビングも動画の方が臨場感がでますがね。
どうも静止画でないと気が済みません。
Commented by Mr_Futchan at 2012-02-05 22:00
★baraさん
>隣の列車、ボディの絵が気になるなぁ~
この列車は観光列車じゃないんで反対方向に出ていきました。
赤、青、緑、柿とそれはもうすごく派手な色でした。

「世界の車窓から」はわざわざ見ませんが、
ながら見が多いですね。
週間「世界の車窓から」DVD付きはいいとこだけ購入しました。
残念ながらキュランダのは買ってません。
Commented by Mr_Futchan at 2012-02-05 22:06
★笑子さん
海外の列車は機関車で引っ張るのが主流で、
我が国の様に、長距離列車の機関機能を
客車にまでは分散させないようです。
ですから、先頭の機関車はかっこいい。
観光列車の駅ですから、とっても落ち着いた駅に
化粧直しされていました。
そう!ウルル辺りとは全くの別世界です。
Commented by trial05 at 2012-02-06 00:26
こんばんは~。
なんとなく・・・見覚えがある風景・・・と思ってたら
「世界の車窓から」・・・でしたか!
この番組は好きでよく見ておりました。
列車のカーブの風景が好きだったんです♪
乗りたいなぁ~~ (笑)
Commented by Mr_Futchan at 2012-02-06 01:28
★Trialさん
「世界の車窓から」は皆さん好きですね。
視聴率は高そうだけど、測定してる時間が無い!
かもね。
この列車ご覧の様に窓が開くので写真が撮り易い。
窓から顔だしても、身を乗り出しても怒られない!
自己責任の社会です。
トンネルで身を乗り出したら、確実に大けがするヨ!

話しは変わりますが、
帰省では気をつけて帰省して下さいね。
ご安全に!

<< キュランダ 熱帯雨林の一日 書の歩みと写真の二人展 >>