トランスメディア提供アイコン01 世界自然遺産「プルトヴィッツェ湖群国立公園 」

プルトヴィッツェ湖群国立公園 の湖畔ハイキングは
歩行距離約2kmを2時間ぐらい時間をかけてゆっくりと歩んだ。
アップダウンは60m程度で散歩気分でいける。

カメラ派の3人は最後尾で抜きつ抜かれつで、
必死で皆さんに迷惑をかけないように追いかけて撮っていた。

滝と湖が次々と現れ、目移りしてしかたがなかった。
もう一度、水量の多い6月か7月に訪れてみたいものだ。
<蒼い水に映える岩壁>
a0158226_22401586.jpg

<食事中>
a0158226_22405083.jpg

<滝・倒木/組写真>
a0158226_22143137.jpg

言葉では語り尽くせないので、スライド・ショーでご覧下さい。
・下の[スライドショー]をクリックするとスライドショーがはじまります。
・写真は34枚あります。(3枚前回分含む)
・スライドショーのスピードは上側にあるバーで調整して下さい。
              [遅い][普通][速い]
・終わるときは上側の一番右にある[×]をクリックしてください。

 スライドショー

by Mr_Futchan | 2011-11-05 07:00 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/13943004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 港北のウメ at 2011-11-05 14:45 x
スライドショー見せてもらいました。
他のツアー客に遅れることなくよくこんなイイ写真が撮れましたね。
スゴーイ。
Commented by 笑子 at 2011-11-05 14:50 x
こんにちは♪
見ごたえのあるスライドショーでした
ツアーで写真を撮るのは難しいと
同じクラブの先輩がよく言ってますが
カメラ好きの人が他にも居て、ラッキーでしたね☆
水の色の美しさが際立っていますね!
Commented by bara at 2011-11-05 18:01 x
こんばんは~

綺麗なお写真のスライドショー。ツアーでこんなに沢山写せたって感心します。
腕の凄さですね。それと行動の速さも?^^
綺麗~ってぼぉ~って見とれていたら写す暇もないですよね。

滝の素晴しさとお水の色・・・綺麗ですね~。
凄く透明なんですね。日本の透明さと違いますね。

ほんと拍手だ♪
Commented by Mr_Futchan at 2011-11-05 18:31
★港北のウメさん
首から一眼レフぶら下げて、一人参加ですから
第一印象からしてカメラ小僧となります。

無線のガイド機の普及で今本隊がどの辺りか、
説明も後から確認できます。
このガイド機は大変助かりました。
Commented by Mr_Futchan at 2011-11-05 18:47
★ 笑子さん
スライドショー見ていただいてありがとうございます。
ツァーで写真を撮るのはニュージーランドに続いて2回目です。
団体旅行の質と参加メンバーの数にもよりますが、
大分慣れてきました。
費用と被写体に向かえる時間との兼ね合いでしょうね。
一回は撮影ツアーに参加したいとは思っています。
Commented by Mr_Futchan at 2011-11-05 18:56
★ baraさん
スライドショー見ていただいてありがとうございます。

>ツアーでこんなに沢山写せたって感心します。
没写真も山の様にありますよ。
メモリー8GB×4枚、4GB×1枚で
計算すると2500枚は撮ってると思います。

この透明度とブルーが世界自然遺産に選ばれた理由の一つでしょうね。
思います
Commented by awa at 2011-11-06 10:55 x
スライドショーで、素敵な風景堪能させていただきました。

水量の多い季節にぜひもう一度。また楽しませてください、ませませ。
Commented by Mr_Futchan at 2011-11-06 15:09
★awaさん
スライドショーをご覧いただきありがとうございます。
>水量の多い季節に・・・
まあ他の国に浮気するやろな〜。
それにしても何てきれいなところでしょうね。
他にも没にするのに忍びないものや、
撮り置き写真も一杯あります。
これらの交通整理も頭がいります。
Commented at 2011-11-06 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mr_Futchan at 2011-11-07 00:04
★ 茂田さん
初めまして
大変うれしく思います。
コンパクトデジカメで撮った写真ですがどうかお使い下さい。
希望としましては、撮影者の名前は入れていただきたく思います。

<< 孫1号君の近況 秋のバラ園 >>