トランスメディア提供アイコン01 カルストに広がる自然公園へ

9月24日(土)
オッパティアを出て海を離れたり海辺に出たり、
霧が出たり晴れたりと車窓も目まぐるしく変わる。
<霧・海岸の町・海辺の墓標>
a0158226_2236512.jpg

そしてバスはカルストによって造り出した絶景広がるクルカ国立公園に到着。
眼下に広がる滝、川、池。
ここで昼食をとり、園内のトレイルに沿って、滝や池の間をハイキングする。
<幾重にも重なる滝>
a0158226_22445550.jpg

<こんにちは!>
a0158226_22374042.jpg

<シクラメンの原種の群落>
a0158226_2238230.jpg

<清水に泳ぐヒメマス>
a0158226_22382223.jpg

再びバスに乗り、
アドリア海に面する海岸の真ん中にあたる中世の町シベニクに入る。
迷路のような細い路地が縦横に走り面白い。
今日はさらにアドリア海沿岸を南下、トロギールに宿をとる。
(この途中あのキス・シーンに出会う。)
<路地・聖ヤコブ大聖堂・路地の中庭>
a0158226_22394260.jpg

<トロギールにて>君は何想う?
a0158226_22401417.jpg

by Mr_Futchan | 2011-10-13 22:41 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://futchan.exblog.jp/tb/13804561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by trial05 at 2011-10-13 23:09
オヒサでした~。
過去記事から拝見いたしました。
バスツアーってのが いいですね~♪
被写体が 全く違う・・・(当たり前か)^^:
↓ 夜の街も 素敵でしたが、↑ の母子の笑顔が とってもイイなぁ~♪
1枚目の霧の街景は 旅情をそそるショットでした!
思う存分楽しまれたようで、リフレッシュされたでしょ?!
Commented by bara at 2011-10-14 15:04 x
こんにちは~

車窓からこんなに綺麗な風景の写真素晴しいですね~。

幾重もの滝、母子の写真、いいですね~^^

シクラメンの原種?へぇ~♪
此処数年から出始めた小さなガーデンシクラメンのようですね。

夕暮れ。人物が入ると色々考えて写真を楽しめますね。
人物を入れるのって難しいなぁ~・・・・;;
Commented by 港北のウメ at 2011-10-14 16:38 x
パリあたりの洗練された風景に比べると、
鄙びていて、懐かしくもあり、そこに異国を感じたりもして、
なかなかいい風景ですね。
Commented by 笑子 at 2011-10-14 20:46 x
こんばんは☆
魅力いっぱいの写真が、目白押しで
どこからコメントしていいか迷いますが・・・
3枚目・4枚目の風景は魅力的ですね~!!
最後の写真・・・
焼けた空の美しさ・・・・もの思う女性の姿が印象的です☆
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-15 10:56
★ trialさん
いやいや、 trialさんも鋭い作品が多いですね。
我が輩のコンデジも先の北海道でご昇天あそばし、
すぐ札幌で買換えました。
買い換え条件は、
・水中撮影もできるオプションboxがあること。
・感度が高いこと。
・レンズが明るいこと。
ということで、Olympus XZ-1を選びました。
故障してるものでも下取りOKということも即決の理由です。
またそのうち、北海道シリーズで写真はお見せします。

余りに撮りすぎて整理が大変です。
デジカメの写真整理の仕事もあるくらいですから、
写真の整理(会社の書類整理も同じですが)
はカメラマンの永遠の課題です。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-15 12:17
★bara さん
最近、景色に人物を入れることに面白みを覚えてきました。
人物を入れた方がその土地の感じや、
シーンの味わい方、とらえ方。表現が変わってきて
広がります。

シクラメンの原種、ホント下向いて、
真ん中に針が突き出たようなシベが確認できました。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-15 12:22
★ 港北のウメさん
クロアチア、スロベニアは昔からヨーロッパのリゾート地として
訪れるひとが多いようです。
日本や韓国、中国からの観光は近年急に増えたようです。
歴史遺産、自然遺産がちりばめられておりいますが、
洗練されてないところがこれまた魅力です。
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-15 12:47
★ 笑子さん
撮った枚数が多くておうじょうしてます。
スライド・ショーとのコラボでもしないとネ。
考えます。

夕日映える浜辺の乙女の写真は、ホテルについて部屋に荷物をおき、
すぐ海岸に走りました。
ホテルから海岸まで300mはあったでしょうか。
オープン・ビーチとなっており、
夕日を見ながらお茶、お酒を飲めるように屋台?もありました。
そこを抜けて、何とか日の入りには間に合いました。
Commented by awa at 2011-10-15 21:52 x
滝が素敵ですねぇ~。
一段一段の高低差があまりないように見えますが、実際はどれぐらいでしょうか?
Commented by Mr_Futchan at 2011-10-15 22:23
★awaさん
そうですね一段一段の高低差は私の記憶では10m前後でしょうか。
季節的に水量が少なめなので迫力はあまりありませんでした。
滝の写真は一杯撮りました。
全行程で2000枚以上撮ってるので整理が大変です。
まあ、8日の旅で2ヶ月ほど楽しめます。

<< アドリア海の夜、そして、あけぼ... 高級リゾート地オッパティア >>